2018年9月11日 (火)

ポール・マッカートニー『エジプト・ステーション』

ライヴの宣伝ばっかりになってしまった昨今でも

素通りするわけにはいかないでしょう。

ポール・マッカートニーのニューアルバム

『エジプト・ステーション』がリリースされました。

タイトルからして摩訶不思議な

70代半ばにしてまだまだリスナーをワクワクさせることが

大好きなポール先生。

レコード会社も懐かしのキャピタルに戻って

発売前からの煽りと宣伝が半端なかった気がします。

ネット、SNSをフルに活用して謎解きのような宣伝は

現代的でファンを楽しませてくれましたよ。

そして発売・・・前評判通りの素晴らしい内容でしたねぇ。

とっても嬉しいのは

ポールが「アルバム」作品というものにこだわった点。

駅を出発して音楽の旅をするかのようなコンセプト。

もちろんシングル的なキャッチーな曲もありますが

それよりもアルバムのトータル性を意識しているところ。

これって結局ビートルズが得意としていた事だし

それを思い出してくれたことで

アルバム全体に統一感があって

凄く心地よく聴き続けることができました。

シャッフルなんかせずにしっかり曲順通りに聴きたくなる作品です。

プロデューサーがほぼ一人というのも影響するんでしょうね。

(『Fuh You』とボーナストラックは違うけど)

サウンドのざらつき感が

とても現代的でロックしていてカッコイイ。

そしておそらく基本は一人で色々な楽器を演奏していても

部分的にしっかりと引き締めないといけない楽器を

スペシャリスト達に任せているのではないかと思われます。

それが程よく効いてる感じがします。

一人多重録音的なモノの魅力もありますが

今回に関してはアレンジの引き締まり感が凄くいい。

ヘッドフォンで聴くと

いろんな音が入っているのがよくわかって楽しいですよ。

逆回転の音やエレキシタール・・・嬉しいですね。

それだけでおお!!ってなる(笑)。

さて年齢的な事を考えると

ポール先生の声は長年の酷使のせいか

ライヴなどでも辛くなってきているのは否めません。

それは正直ファンとしては淋しさはあります。

声、音程が曲作りの時に与える影響は大きいです。

楽曲としてのイメージを作り出すのは声だし

音域が広い方がメロディは面白いモノが作れると思います。

そう考えると

メロディ的のバリエーションは減ってしまってるように

僕は感じてしまうのですが

それを補うには充分なコードの流れやリズムの変化

そして音楽的なアイデアなど

音楽を本当にトータル性で聴かせてくれる人だなっと

思わずにはいられません。

そしてその熱が

今も若々しく燃え上がってることに感動を覚えてしまいます。

この現役感、いつまでも続けて欲しいし

おそらくご本人も引退なんて微塵も考えてないことでしょう。

音楽を聴けばわかります。

1年半ぶりの日本公演も決まって

またポールに会えるのを楽しみにして

自分も頑張りたいと思います!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

2018年、ボクのレコード収集生活。

最近

レコードをよく聴いているって話をしたと思うんですけどね

相変わらずその生活が継続されています。

そこにCD収集も復活してしまい

大変な情報量になっております。

こうやって音楽を探してそれを味わう毎日なんて

ここ数年なかった訳ですから

お金が大変とかいろいろ言いながらも

それを非常に楽しんでいる自分がいます。

年末年始はライヴの間隔も開いているので

じっくり買いためた音楽を聴いています。

昨今のレコード人気の再燃により

僕もCDでは持っているアルバムなどを

レコードで探して買いなおしたりしています。

そのふくよかな音に耳を傾けると

音楽の奥行きを感じることが出来ます。

アンプやスピーカーなどにも気を遣うと

デジタルによって押さえ込まれた音とは違う

サウンドを堪能することが出来ます。

先日も書いたようにアナログが良くて

CDやダウンロードが悪いと言ってる訳ではないのです。

ただ音楽が好きなら

この違いを知っておく必要はあります。

そしてその音楽に対する扱い方によって

選べばいいのだと思います。

CDも変わらず買っているのはそのためです。

僕にとって音楽は生活の中心の一つでありますから

大好きなアーティストのアルバムは

レコードで持っていたのです。

そしてA面、B面を聴くためにレコードをひっくり返して

針を落とし

時にしっかりと音楽を聴き

時に珈琲を飲みながら

また時に様々な作業をしながら

音に埋もれた生活を楽しみたいのです。

レコードはすぐに買いに行って見つけられるモノでもないので

時間があれば中古屋さんなどへ

探しに行く楽しみもあります。

ということでここ最近みつけて嬉しかったレコード紹介。

★Bonzo Dog Doo Dah Band 『GORILLA』(1967年)

18010301_2

知る人ぞ知る英国のカルトバンド

このあたりのマニアックなバンドは

ビートルズやモンティパイソン関連を紐解くと

必ず名前が挙がってきて

一度は聴いてみたいと思うもの。

そこからハマるか否かはその人次第ですが

僕は学生時代にしっかりとハマった側の人間です。

カルトであるが故に市場に出た枚数が少ないために

見つけたら即買いってヤツです。

ありがとう、執念で大阪でみつけましたよ。

なんとstereoではなく、monoですよ



★The YardBirds 『For Your Love』(1965年)

18010302

英国三大ギタリストといえば

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ

この三人が在籍したバンドとして有名なヤードバーズのアメリカ編集盤。

エリッククラプトンが脱退するキッカケとなったと言われる

『For Your Love』が収録されており

曲によってはギターをジェフ・ベックが担当。

個人的にはブルース・ピアニストのモーズ・アリスン作の

『I'm not Talking』がツボで

スピード感と鋭さにやられてしまいました。

CDやレコードというのは

聴きたくて聴きたくて探し出すと

廃盤や生産中止になってしまって

聴けなかったりすることが多いのですが

運良くすぐにみつかった方のモノ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

『パイプス・オブ・ピース』が好き。

さて、『タッグ・オブ・ウォー』が

全英全米1位になった次の作品が『パイプス・オブ・ピース』。

Pipes

『タッグ~』に比べて地味な印象のアルバム。

でも決して曲は悪くないです。

いやむしろいい(笑)。

タイトル曲『パイプス・オブ・ピース』は

「映画のような曲を書きたかった」らしい。

PVがまた素敵で

第一次世界大戦の”クリスマス休戦”をモチーフに作られています。

まさにMTVの時代らしい作品。

マイケル・ジャクソンとの『セイ・セイ・セイ』も

ドラマ仕立てでしたね。

やっぱり全体を通してそんな印象のアルバムなんですね。

代表作のその2曲以外にも好きな曲がいっぱい。

多重録音的な『もう一人の僕』や

緊張感のある『キープ・アンダー・ザ・カヴァー』

『ソー・バッド』はベースのオブリガードがカッコ良くて

『アヴェレージ・パーソン』のコード展開は

僕の大好きなパターン。

そして最後の『スルー・アワ・ラヴ』は曲が良いだけでなく

オープニングにちょっとした仕掛けが・・・。

イントロのヴァイオリンが弾いている高音は

モールス信号で『P-E-A-C-E』と鳴らしてるんですっって。

こういう遊び心がくすぐるんですよねぇ。

今回のリマスター盤にはボーナスディスクが付いていて

『セイ・セイ・セイ』(2015リミックス)というのは収録されています。

このバージョン、歌い出しがいきなりマイケルから始まって

度肝を抜かれますよ。

今回用に未使用ヴォーカルを編集したらしいです。

リマスターとしては

今まで聴いていたものと

細かく聴き比べた訳ではないのでわからないのですが

『タッグ・オブ・ウォー』がミックスであったため

特にヴォーカルの印象などが変わっていますが

『パイプス・オブ・ピース』はリマスターなので

大きな印象の変化はないような気がしました。

それでもクリアになって音圧も上がっているので

非常に聴きやすい。

やっぱり当分愛聴盤になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

まずは『タッグ・オブ・ウォー』から。

ビートルズ関連のおかげで

本当にマネーがプールされません。

とは言ってもついつい買ってしまうのは

惚れた弱みでしょうか・・・(苦笑)。

ポールの80年代の名盤2作品

『タッグ・オブウォー』と『パイプス・オブ・ピース』が再発。

昔、めちゃくちゃ聴いたアルバムで

本当に大好きでした。

ジョージ・マーティンがプロデューサーだから

楽曲選びにもいろいろ言ったんじゃないでしょうか?

いい曲満載(『パイプス~』の方はちょっと勿体ない曲もある気がしますが)

ウイングス時代とは違って大人のサウンドって感じ。

でもその大人のサウンドが

ちょっと物足りない気が

今更ながらにするようになったのは僕だけかな?

荒削りなロックが恋しい感じもします。

でも良いアルバムに間違いはない。

今回もスーパーデラックスエディションがあって

秘蔵の写真や映像がまとまったとっても豪華な使用になっている訳。

正直言うともうちょっとレアな映像は欲しいかな・・・。

Tugofwar_2 

『タッグ・オブ・ウォー』の方は

なんと2015年リミックスになっており

オリジナル・ミックスのCDと音の違いを確認できるようになっています。

いつもはリマスターなのに

なぜ今回だけリミックスになっているか説明がなく

正直「?」ですが

さすがに輪郭もハッキリ

音圧も程良くあり全部の音がさらに良い。

作品のテーマ的にも

ストリングスのクリアな感じで壮大なサウンドがやっぱり合ってます。

このアルバムはジョンがちょうど亡くなった頃に

レコーディングされていた作品なので

いろんな感情の揺れ動きがあったのではないかと想像されます。

ボーナス・オーディオにジョンが亡くなった日にレコーディングしていた

『レインクラウズ』も収録されています。

でもポール自身も言ってるように

悲しみや怒りのアルバムが出来たりはせず

そういうことがアルバム作りの衝動的要因になるのではなく

ただ特別な作品を作ろうという気持ちが芽生えたというのは

ポジティヴなポールらしい考え方というか

そこに僕なんかは憧れを感じるのですね。

もちろんスティーヴィー・ワンダーやカール・パーキンス

リンゴ・スター・・・なんか大スター達が参加して

話題にもなった大ヒットアルバムだけど

そんなのは僕にとっては本当はどうでも良くて

『タッグ・オブ・ウォー』から『テイク・イットアウェイ』の流れ

ジョンとの心の対話から生まれた『ヒア・トゥデイ』

そしてアルバム後半の

『ボールルームダンシング』

『ザ・パウンド・イズ・シンキング』

『ワンダーラスト』

『ドレス・ミー・アップ・アズ・ア・ラバー』

『エボニー・アンド・アイボリー』

これだけいい曲があるんだから

文句なんて言えません。

それだけでいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

『マンボ・マニア』と『ひとりぼっちのシンフォニー』。

音楽生活で大切な事は

何も音楽を奏でる事ばかりではありません。

時には自分の中に新しい音楽を取り入れていくことも大切。

最近はなかなか忙しくて

音楽をゆっくり聴く時間がとれませんが

曲を作る時に

アイデアを他の音楽から求める事は凄く重要です。

こまめにCDを探してちょこちょこ買っていますよ。

今日は2枚ほど紹介しましょう。

14012002 ド~ン!!

いいジャケットでしょ(笑)。

マンボの神様ペレス・プラード楽団の

『マンボ・マニア』というCDです。

ペレス・プラードのベスト盤は

比較的簡単に手に入りますが

こういうオリジナルアルバムは

なかなか見つからず、やっとネットでみつけました。

最近ライヴでやってる”ア~~、ウッ!!”って掛け声もバッチリ入ってます。

おなじみの”マンボNO.5”などは入っていませんが

それがまたレア感があってよろしい(笑)。

ねちっこい・・・アレンジは細やか・・・見逃してはいけません。。

そしてこのジャケット・・・まさしくジャケ買いってやつです。

最近はラテン・リズムに興味があるし

レコーディングでも必要になってくるので

聴き込んでノリを体に入れたいと思います。

ベストじゃないCD,探したいな。

14012001_2そしてもう一枚は

ダイアナ・ロスが在籍した

シュープリームスのアルバム

『ひとりぼっちのシンフォニー』(1966年)です。

これも今は入手困難なもののようで

ネットで購入しました。

これには想い出があって

15年ぐらい前にたまたまこのアルバムを聴いた事がありました。

この中に収録されている『ラヴァーズ・コンチェルト』が大好きで

先日モータウンのCDを調べている時に記憶が蘇り探したって訳です。

このアルバムは『イエスタデイ』や『アンチェインド・メロディー』など

名曲をストリングスアレンジでカヴァーしているアルバムです。

『ラヴァーズ・コンチェルト』はバッハのメヌエットに歌詞をつけて

歌ったものでダイアナ・ロスの声がとてもカワイイのです。

ここで注目すべきは解説にも書いてあるのですが

このアルバムの選曲がブラックミュージックよりは

白人マーケットを意識した選曲で構成されている点。

とても軽いノリでダイアナ・ロスの歌がとても爽やか。

ゴキゲンです。

こういう一枚から

またどんどん深く掘り下げていく楽しみが増えますね。

僕もこんな音楽を作ろう。

皆さんは何を聴いて過ごしましてますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

ポールの新作『NEW』 と来日。

ポール・マッカートニーの新作『NEW』。

こんなに胸を躍らせながらCDを何回も聴き直すなんて

いつ以来でしょうか?

まるで中学一年の音楽に目覚めたあの朝のように。

71歳となった大師匠は

いまだに音楽の素晴らしさや奥深さを僕に教えてくれます。

全然音楽が老けない。

いや、それどころか熱を帯びていきます。

昨年、ジャズアルバムを発表して

「ついに落ち着いてしまうのか・・・」と

少なからず淋しさを感じていたのですが

この攻めのニューアルバムを聴いて本当に嬉しく感じました。

とにかく聴けば聴くほど魅力的なアルバムです。

このアルバムはポールらしいメロディを

細やかなサウンドで包み込んでいます。

一人多重録音的な素朴なサウンドも悪くないですが

息のあったバンドメンバーの演奏や

ヘッドフォンをするとより聴こえてくる

ハープシコードやピアノ、アコースティックギター、ハンドクラップという

60年代から変わっていない生的なサウンドメイキングから

意図的なノイズや前衛的なサウンドエフェクト電子楽器まで及ぶ音の数々。

非常に良いバランスで混ざり合っています。

とにかく全曲楽しく聴いています。

一曲ずつ書きたいところですがそれは解説者にお任せして・・・

今の特にお気に入りは

『セイヴ・アス』、『アリゲイター』、『NEW』、

『アイ・キャン・ベット』、『ホザンナ』、『ロード』。

11月には約10年ぶりの来日公演があります。

周囲の人たちもチケット争奪戦大変だったようですが

僕も12日の京セラドームと21日の東京ドームは行く事になりました。

そして12日はなんとサウンドチェック券をゲット

リハーサルも観ることになりましたよ!!

これは嬉しいなぁ。

ポールのソロとしての来日も4回目。

過去のコンサートも観てきましたが

自分自身が音楽の世界に身を置き

少しずつではありますが

自分の夢を現実に出来るようになった今だからこそ

原点であり今も目標であり続けるポールを観に行けるのは

本当に嬉しい事であります。

この熱をしっかりと

自分の音楽に還元できるようにしたいと思います。

う~ん、楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

『ペット・サウンズ』ビーチボーイズ

激しい雨です・・・気を付けてくださいね。

こんな夜には音楽です。

『ペット・サウンズ』ビーチボーイズ。

『ペット・サウンズ』は僕にとって宿題でした。

130916洋楽ファンにとっては

20世紀を代表する名盤として名高いこの一枚。

あの陽気な”サーフィンUSA”のバンドとは思えない

崇高なサウンド・・・

リリースした1966年には伝わらなかったブライアンの思いは

いつしか時代を超えて

愛されるアルバムになっていきました。

ただ、僕にとって宿題だったのは

このアルバムの本当の良さに気付くのに

時間が掛かってしまったことでした。

僕が手にした初めての『ペット・サウンズ』のCDは

1990年におそらく初CD化されたものではないかと思われます。

このCDの解説にはポール・マッカートニーのインタビューが載っていて

どれほど彼が『ペット・サウンズ』が好きかが語られています。

しかしながらそこに訳詞はなく

どんな内容を歌っているかもわかりませんでした。

そして何よりもマスタリングされていない”曇ったような音”が

ブライアン・ウィルソンの魔法のサウンドをも

曇らせてしまっていました。

ずっと手離すことはなかったけれど

その良さを理解できずに時間は経っていったのです。

先日・・・チャンスが訪れました。

もう一度『ペット・サウンズ』に足を踏み入れるチャンス。

今回はまずちゃんと歌詞が読みたかった。

モノ・バージョンとステレオ・バージョンを聴き分けたかった。

そしてリマスターがしっかりとされているものが欲しかった。

という事で2012年デジタル・リマスター版を購入しました。

まず聴いてすぐに音の曇りが取れていることに感動。

非常に繊細に曲がアレンジされている事がわかります。

ストリングスの弦の擦れるざらついた感じがたまらない。

ブラスの低音のビビるようなサウンドがカッコイイ。

以前では聴き取れなかった音がしっかり分離して聴こえます。

ステレオ・バージョンになると

もっと明確に各楽器やコーラスを聴くことが出来ます。

もうこうなってくると

以前の苦手な感覚は消え

何回も何回も聴き続けてしまう。

このアルバム・・・”素敵じゃないか”←一曲目のタイトルね(笑)。

今回の再挑戦で特にお気に入りの曲は

『I'm Waiting For The Day』のティンパニーとストリングスの音。

前半とエンディングは別録りで編集で繋げたらしい。

そしてインストナンバーの『Let's Go Away For Awhile』。

とにかくブラスの音がゾクっとします。

本当に時間は掛かったけど

諦めずに聴き続けて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

『ロックショウ』。

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めた頃

僕はクタクタでいつの間にか寝てしまっていました。

そのまま朝5時まで・・・。

早朝シャワーが済んで

まだしっかり見ていなかったブルーレイを再生。

そして朝からテンションMAXです!!

Rockshowポールマッカートニー&ウイングス

1976年の絶頂期のライヴ『ロックショウ』。

初ブルーレイ&DVD化です。

リッケンバッカーを弾きながら歌うポールは本当にカッコイイ!!

オープニングメドレー

『ヴィーナス&マース/ロックショー/ジェット』で

「ライヴの始まり方はこうするんだよ。」って教えられてるようです(笑)。

『心のラヴソング』で

「馬鹿げたラヴソングを歌ってどこが悪い?」と

自信満々に歌っている姿に感動します。

このライヴでポールはベース、キーボード、アコギと

楽器を持ち替えてライヴを展開していきます。

そう、これは僕の原点なのです。

憧れから音楽を始めたのは紛れもない事実。

なんか充電完了って感じです(笑)。

さぁ今日も頑張ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

ウィリー・コロン 『EL MALO』。

注文したCDが到着しました。

130408いろいろ調べて3枚。

購入前になんとなくわかってきたのは

60~70年代の作品に僕が反応しているらしいという事。

これはロックでもそうなんですけど

この年代の音が凄く好みなんですよねぇ。

その頃の重要人物を探している間にお目当てのCDも絞れてきました。

まず、Willie Colon(ウィリー・コロン)の『EL MALO』というアルバム。

1967年のデビューアルバムらしく熱い演奏が展開されています。

この時ウィリー・コロンはなんと17歳!!なんという早熟な!!

サルサ音楽の起源などはまだ勉強中で語れるまでには至ってないですが

どうもこの当時は「サルサ」というジャンルではなく

リズム&ブルースやソウルとキューバ、カリブ音楽が合わさった

「ブーガルー」というサウンドらしいです。

たしかに歌詞は英語だし

陽気さもあるけど、ちょっとカッコつけた感じ(?)が都会風で

ハモンドオルガンなども弾いていて

モンド・ミュージックやジャズ的要素を個人的には強く感じます。

これはこれで非常にスマート。

長く聴いていけそうな予感。

70年代に入りそんなアメリカ音楽よりだったそのブーガルーから

よりキューバ音楽への影響が色濃く出たのがサルサだという事・・・。

なかなか深い歴史的背景もあるようで

今後もっと探ってみたいと思います。

まだ片足突っ込んだだけですので・・・。

いや、まだ片足も入ってないな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

CD3枚購入。

年末年始に聴こうと思いCDを3枚買いました。

ライヴが成功すると自分へのご褒美に買ったりするのです(笑)。

今回は「コレッ!!」みたいに狙ってではなく

なんとなく前から興味あった、みたいな感じで選びました。

どれも2,000円もしない・・・安くなったなぁ。

まず最初はジャズピアノのメロディメイカー、

ホレス・シルヴァーの『27番目の男』というアルバム。

ファンキーでご機嫌な楽曲が得意なシルヴァー先生の72年の作品で

当時の時代の流れ、フュージョンと

ジャズの間をラテンチックに頑張ってます・・・みたいな感じ(笑)。

僕はフュージョンは好きではないけれど

シルヴァー先生のラテンのセンスが好きで勉強させてもらってます。

次に買ったのは持ってそうで持ってなかった

10ccの『オリジナル・サウンドトラック』。

名曲『アイム・ノット・ラヴ』を収録しており

架空の映画の”オリジナル・サウンドトラック”というコンセプトが

とっても英国的でイイです。

『人生は野菜スープ』も好き。

知らない人はタイトルだけでどんな曲か聴きたくなるでしょ(笑)。

あと一枚は久々、エルヴィス・コステロの84年作品。

『グッバイ・クルエル・ワールド』

今、解説を読んでビックリ・・・本人は”最悪のアルバム”と言ってるようです(笑)。

逆に聴きたくなりますよね。

あぁ、まずこの頃の私生活がまず最悪だったようです(笑)。

あんまりイイ想い出がないんだな。

そういえばいつものコステロのパンチの効いたナンバーがないかな。

明らかに元気がない感じ(笑)。

サウンドが80年代な感じも影響しているようです。

このCD、実はライヴ前にBGMで流れていて

その時はイイ感じだったから買ったのに・・・・

やっぱり聴く場所って大切です(笑)。

でもすぐには判断がつきにくいから、じっくり聴いてみます。

第一印象ではそんな感じ。

以上、年末の試聴会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧