« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

ボクの「平成」を振り返る。

時代は平成から令和へ。

平成という30年間は

ボクにとって音楽と共にあった日々でした。

まぁおそらくそれはこれからも変わらないんだろうけど。

初めてのデモテープ『MYSERIOUSU HANDS』が形となったのが

平成元年(1989年)のことでした。

それは安田仁の夢の出発点でありました。

それから30年

紆余曲折がありながら

多少なりとも成長したのではないかなって思っています。

「成長」というものを何で推し量るかは人によって違うと思いますが

ボクの胸の中にある音楽に対する特別な思いが

ライヴや楽曲で表現出来るようになったのは

大きな成長なんじゃないかなって感じています。

そしてそんなボクを応援して下さる方々に出会えたことが

大きな財産になりました。

「もっと頑張ろう」って思えるようになりました。

この循環が出来上がったことは非常に大きいです。

狭い部屋の片隅で

「こんな歌作ってどんな意味があるんだろう」って

思っていた時期がありました。

もちろん音楽が好きでした。

でも伝わらないジレンマもありました。

そんな夜を越えて

自分の音楽を褒めてもらえた時の喜び

誰かに自分のメロディや言葉が

認めてもらえた時の胸の高鳴り

それがそれまでの苦労や心の壁を突き破ったのを覚えています。

それからずっと音楽を嫌いになることはありませんでした。

いろんな難しい問題もあったりして

辞めようかなって思った時もあるけど

やっぱり辞められませんでした。

バンドで仲間を作ったのも進む勇気をもらえました。

毎回ライヴで緊張して「自分にはむかない仕事」だと思ったりもしました。

でもこのままではいけないって

今では30年かけて自然体でステージに上がれるようになりました。

ライヴのやり方にしても

アイデンティティを見つけることが出来ました。

安田仁らしいライヴというものが今はあります。

とにかく語ってしまえば

平成という時代をかけて音楽に打ち込んできました。

この30年・・・きっと他の人と比べたら

結果の見えにくい小さな歩みだったかもしれないけれど

一つ一つ噛みしめながら歩いてきたので

どんなことも非常に楽しかった。

何より30年かけて書いてきたたくさんの曲が

今なおリクエストされたり

歌われたりすることに最上級の喜びを感じます。

これからはこれを武器にどこまで進んでいけるかが勝負だと思っています。

令和になっても頑張っていきますので

応援してくださるファンの皆さん

引き続き安田仁をよろしくお願い致します。

ありがとう平成

あと30分ほどで元号が変わろうとしています。

201824

| | コメント (0)

平成歌い納めライヴ。

平成最後のライヴは宇治Waoyaさんでのライヴでした。

急遽決定にも関わらず

お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。

とても楽しい夜になりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

Kt19042710

A19042703

M19042703

Y19042701

Kt19042725

Kt19042708

A19042710

それにしてもみんなパワフル!!!

ボク自身もたくさん歌いましたけどね(笑)

コーラスに

ダンスに

おしゃべりに

本当に毎回Waoyaさんでのライヴは

普通のライヴとは違う面白さがあります。

いつもいつもブログで書いていますけど

今回のライヴも凄かった(笑)。

Kt19042706  

M19042706

Kt19042720

Y19042702

Kt19042712

M19042712

M19042705

A19042708

楽しもうっていう思いも

ストレス発散しようって気持ちも

メチャクチャ伝わってきましたよ。

みんなそれぞれ様々な思いを持って

ライヴに来てくれていますが

それが音楽を楽しもうとしてくれている理由になるなら

何だってOKです。

これからもみんなで楽しみましょう!!

もちろん楽しい曲だけじゃなくて

しっかりと聴かせる曲も歌いますよ。

次回のWaoyaさんは6月1日です。

よろしくお願いします!!

(セットリスト)

(オープニングアクト)

01.癒しのボッサ

02.Good Morning Girl

(第一部)

03.風のロード

04.空から舞い降りたメロディ

05.恋するCLOCK

06.Strong

07.ハミングバード

08.Oh My Friend

09.太陽の女神

10.Your Smile

11.Just a Little Love

12.LET IT BE

13.少年の歌

14.Congratulations

(第二部)

15.カナリア

16.HAPPY WEEKS

17.麗しのキャロライナ

18.約束

19.三日月の舟

20.SARA

21.君にBirthday Song

22.愛のモスキート

23.A Hard Day's Night

24.LEMON & STRAWBERRY

25.Lady Madonna

26.猫の手も借りたい

(アンコール)

27.奇跡

28.ハイウェイゴーゴー


| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

この30年間夢見て貫いたこと。

平成最後のライヴは宇治のWaoyaさんです。

この30年間で書いたいろんな曲をやりますね。

みんなと楽しむために書いた曲だよ~!!

190427_1

『安田仁 投げ銭ライヴ』

場所:宇治Waoya

開場:18:30  開演:19:30

チャージ:投げ銭+飲食代



| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

主張し始めた新曲たち。

ライヴとレコーディングで忙しいというのは

ミュージシャン冥利に尽きるというか

本当に嬉しいモノです。

Kt19042227

A19042216

G19042212

Y19042205

自分の許容範囲はとっくに超えてるはずなのに

こうして頑張れるのは

やはり応援して下さる方がいるからだと

心から思います。

本当にありがとうございます。

平成最後と銘打った

『Match Box Live vol.138』が終わって

セットリストを見返してみると

今製作中のアルバムに収録予定の曲が6曲

その中にはもうライヴに欠かせないナンバーもあり

いつもと変わらないマンスリーワンマンのようでありながら

ちゃんと新しい曲達が活躍してくれています。

これはとても嬉しいことです。

G19042216

G19042217

G19042235  

Kt19042204

Y19042207 

新曲『ハミングバード』や『春の陽』も

だいぶ演奏が固まってきた感じです。

ずっと見続けてくれてるみんななら

歌が成長していったのを気づいてくれてますよね?

古い曲ばかり求められているのではなく

現在進行形でライヴを作ることができています。

A19042208

Kt19042229

G19042218

そういえば古い曲というか

久しぶりにお天気メドレーをしました。

『Match Box Live』が軌道に乗り始めたころに

12弦ギターを使って

雨から晴れ、そして虹が出るというストーリーを

歌を繋いで展開していく構成で演奏していく事を思いつきました。

このアイデアは今でもボクのお気に入りです。

そこから『Rainbow』のペンライトが偶然にも生まれたのは

素晴らしいハプニングでした。

N19042201

こうして新しい曲も古い曲も楽しめるライヴ

それが『Match box Live』であります。

A19042212

Kt19042205

G19042229

G19042214

Kt19042220

Kt19042218

G19042221

Kt19042208

Y19042209

その日を楽しもうと心から思って下さるファンのみんなと

その日にしか出来ないライヴを一緒に作って

素敵な想い出にします。

そのためにボクは許容範囲を超えようが

エネルギー全開でライヴをするのです。

これからもよろしくお願いします。

来月は5月27日(月)最終月曜に戻ります。

新元号、令和最初の『Match Box Live』ですよ!!

(セットリスト)

01.Good Morning Girl

02.風のロード

03.スパイラル

04.太陽の女神

05.ハミングバード

06.Oh My Friend

07.LEMON & STRAWBERRY

08.春の陽

09.君のいない部屋~Miss You

10.Rainy Day

11.アンブレラ

12.Here Comes The Sun

13.Rainbow

14.いわゆる恋というモノは

15.三日月の舟

16.SARA

17.ON MY HOLIDAYS

18.奇跡

19.Lady Madonna

20.君にBirthday Song

21.Oh! Darling

22.二人はRUN AWAY

23.ハイウェイゴーゴー

24.猫の手も借りたい

(アンコール)

25.愛のモスキート




| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

謎が次々と解けていく。

ご存じのように

ボクをどっぷりと音楽生活に引き戻しているのが

レコーディングの日々。

合間にライヴもあるわけで

ずっとやってるわけにはいかないのですけれど

結構作業で引き籠もり生活をしています。

音調整に悪戦苦闘してると

前回のブログで書いたのですが

ついにミックス作業の落としどころを見つけたというか

ちょっとしたキッカケから

どんどん謎が解けていくような感覚を

今経験しております。

何事も感覚派だったボクが

このミックス作業を通して初めてと言って良いほど

理論的に音の調整が出来はじめているということを

皆様にご報告したいと思います。

今まで色々な方から教えてもらっていても

頭の中が「?」だった言葉が

やっと、「ああ、そういう意味だったのか!!」と理解できました。

これは本当に自分の中では凄いことです。

それがどこまでファンの人に伝わってるのかわかりませんが

よっぽど嬉しいんだな・・・と思っておいてください(笑)。

”ある周波数にダンゴ状態となった音たちを見つけ出し

引き算をしていくことによってスッキリさせていく。

ただ引きすぎると音がスカスカになるので

よく確認しながらバランスをとっていく。”

こんな感じですね。

これがある程度まで一人で出来るようになれば

曲作りはもっともっと面白いものになります。

自分の頭の中で鳴ってる音にギリギリまで近づけることが出来ます。

非常に楽しい。

出来ることならずっと集中させていて欲しいのですが(笑)。

やり過ぎると目がくぼんでしまうのでやめます。

疲れが顔に出るのですよね(笑)。

とにかくアルバム製作が加速していることをお伝えしておきます。


| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

生音で勝負!!

4月20日(土)

宇治へ行ってきました。

大阪屋マーケットチャレンジショップというイベントで

歌うスペースがあるので

生音ライヴをして欲しいと言う事でした。

Waoyaさんからのお話で

最初は「生音」でやるということを知らなかったので

軽い気持ちでOKしましたが

まさかの『Match Box Live』2日前で少し焦りましたよ(笑)。

場所もどういうところで歌うのかわからなかったので

いろいろなシミュレーションをして

どういう状況でも出来るように用意はしていきましたよ。

ラインを繋ぐ必要が無いので

普段ライヴで使わないGibson L-30を持って行きました。

1930年代のギターでした。

T19042005

Kt19042006

M19042004

Y19042002 

Kt19042005

T19042008

行ってみると屋内ではありますが

道に面していて外側にもアピール出来そうでした。

ノケイズウィオンさんという珈琲屋さんの場所を

使わせていただいた感じでした。

なかなかいい環境のようでしたので

天気も良かったので非常にやりやすいライヴでした。

Kt19042002

Kt19042013

応援もたくさん来ていただけたし

子供は踊るし

犬はじーっとみつめてくるし

観光の外国人の方も見てくれたし

選挙カーが前を通って候補者と目は合うし(笑)

とても面白いライヴでありましたよ。

マイクがないというのは不思議な感覚でした。

要は何処をむいて歌っても自由なんですもんね。

Kt19042003 

Kt19042004

19042002_1  

M19042002

Y19042001

色々試してみましたよ(笑)。

声が少し飛びそうで危険でしたが

(「飛ぶ」というのは声が出なくなってしまうことね)

約1時間しっかりと歌いきることが出来ましたよ。

観て下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

とても貴重な経験でしたよ。

(セットリスト)

01.風のロード

02.Good Morning Girl

03.A Hard Day's Night

04.三日月の舟

05.SARA

06.ハミングバード

07.Oh My Friend

08.癒しのボッサ

09.君にBIrthday Song

10.Can't Buy Me Love

11.太陽の女神

(アンコール)

12.Your Smile

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

そして再び幕は開く。

誰にでもなくてはならないモノってあるでしょ?

すぐに答えられるかどうか別として。

『Match Box Live』はボクの故郷のようなもの。

生活になくてはならないものです。

それ以前にも音楽活動はしていたし

それなりに楽しいライヴはいっぱいあるけど

やっぱり『Match Box Live』だけは特別というか

なんか全然違う感覚なんですよね。

たとえいろんな場所のライヴが増えようが

ボクの音楽生活の基盤を作ってくれたのはこの場所。

ソロになってからの喜怒哀楽の全てが詰まったこの場所へ

今月も戻って来られた喜びを込めて歌いたいと思います。

さぁ、また今日もショーが始まりますよ。

たくさんのご来場お待ちしております(^^)

Kt19022532

4月22日(月)

『Match Box Live vol.138』

場所:都雅都雅

開場:18:30 開演:19:00過ぎ

前売:2,000円 当日:2,500円 (2オーダー別)






| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

録音からのライヴラッシュ。

レコーディングで3日ほど色々試して

それなりの成果がありました。

とても嬉しいです(^^)

ホントは

曲名とかどんな作業したか細かく言いたいんだけど

アルバムがしっかり決まるまでは我慢します。

さてレコーディングはとりあえずストップさせて

ライヴが続いていきますよ。

よろしくお願いします!!頑張りますよ!!

4月20日(土)

『大阪屋マーケットチャレンジショップ生音ライヴ』

場所:宇治ノケイズウォン

(宇治市宇治妙楽43番地大阪屋1F)

開始:15:00~15:50

チャージ:投げ銭制

19042001 

19042002

4月22日(月)

『Match Box Live vol.138』

場所:都雅都雅

開始:18:30 開演:19:00過ぎ

前売:2,000円 当日:2,500円 (2オーダー別)

Img_e6678

4月27日(土)

『Waoya投げ銭ライヴ』

場所:宇治Waoya

開始:18:30 開演:19:30

投げ銭+飲食代

190427

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

焦るな自分。

レコーディングの話の続きです。

今日は朝からずっと作業をしていました。

ミックスの作業です。

19041601

一曲作るのにドラム、ベース、ギター、キーボード、歌、コーラスなど

いろいろな音を重ねていく訳ですが

それが一通り済んだら、音の調整をしていくわけです。

各楽器の音を綺麗に整えてバランス良く音量を合わせていきます。

簡単に書いていますが

結局これが本当に大変です。

自分が頭で描いたイメージを実際の音としてまとめていきます。

問題なのは答えが一つじゃないということで

昨日良いと思ったモノが、今日になるとイマイチだなと感じることもあります。

出来たと思ったモノをCDに焼いて違うプレイヤーで聴くと

全然調整が上手くいってなかったりするのです。

プランがまとまりきっていない時などにありがちな状況ですが

もともとエンジニアさんのお仕事を

プロではないボクがやってしまっていることで

答えを簡単に導き出せないジレンマがあるのです。

しかしそれを勉強して解決していくことによって

生みの苦しみを超える

知識を得ることへの大きな喜びを感じることになります。

例えば3年前に説明を受けてもわからなかったことが

今は感じ取ることが出来るようになったりします。

本当に時間のかかることなんだけど

やっぱりやり遂げる使命がボクにはあるのだと感じています。

いくつになってもこんな感じのボクだけれど

「音楽とは何か」を通して「安田仁とは何か」をずっと探しているのだと思います。

自分が感じた良いと思うモノを

一人でもわかってくれる人がいてもらえるように

自分の作品に責任を持つために頑張るのです。

今までもずっとそんな感じでしたけど

ボクはずっとこうなんでしょうね(笑)。

面倒くさくてすみませんm(_ _)m

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

製作現場の状況。

アルバム製作は続いています。

レコーディングはとりあえず一段落。

今の時点でラインナップされている楽曲を聴きながら

追加レコーディングする新曲を作ったり

すでに作った曲を選んでレコーディングの準備を進めたり

とにかくいろいろ試しているのであります。

19041101

まず・・・と言っても話は3年ぐらい前に戻るのですが

その時に作って自分でいいなって思う曲をレコーディングして

シングルにしました。

その時にはもちろんアルバムはこうしようとか

構想なんて全くありませんでした。

シングルは2作品作りました。

『君にBirthday Song』と『太陽の女神』です。

その後新曲を書きためているうちに

一つ気づいたことがあったのです。

好き勝手に書いているようで

自分が何かに導かれて曲を書いている感じがあったのです。

何か大きなテーマが頭に浮かんでました。

そしてそれは表向きには言わないまでも

そのコンセプトが今もずっと今回のアルバム製作の中心にあります。

今年に入ってレコーディングが活発になり

書きためた曲がしっかりとした形となってきた今

このコンセプトをもう少し掘り下げて

アルバム全体をしっかりと作りあげようと思っています。

ただ作った曲を並べるのではなく

一枚の作品としてトータル性を持たせるのが大好きなので

もう少し頑張ります。

そしてそのコンセプトに沿った新曲も書いています。

3年前よりも明確に何を伝えたいのかわかってきました。

頑張ります。

たくさんの支えの中でボクに出来ることは

良いと思ってもらえる音楽を創ることです。

レコーディングは本当に大変だけど

それ以上に楽しいものになっています。

また進行状況をお伝えしますね。

ちなみにレコーディングは10曲目まで進んでいます。






| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

みんなで作りあげていくモノ。

ありがたいなぁって思うのは

各ライヴハウスでさせてもらっている

企画モノをずっと続けさせてもらっている環境に

いつも感謝の気持ちでいます。

携わってくださる皆さん、本当にありがとうございます。

KYOTO MUSEでの『Good Time Music』も11回目となりました。

元々のコンセプトから

少しずつ変わってきている部分もありますが

毎回バラエティに富んだメンバーが

最後には必ず一緒にセッションをしてライヴをまとめるこの形は

単なる対バンとは違う楽しさや仲間意識を生みます。

その楽しさが少しでも伝われば嬉しいんですけどね。

Kt19040909

Y19040902

A19040902

さてMCがいて転換時にインタビューがあるのもこのイベントの特徴。

伊藤君の腕の見せ所です。

こうして一日を繋ぐことによって

誰のファンであっても楽しんでもらえたらなぁと思っています。

A19040901

Y19040901

Kt19040913

久々の白田君や、新レギュラーの増田起也

KYOTO MUSE初出演の永井さん

みんなそれぞれの個性で

そして”この日だから”という

特別感を持ってステージに上がっていましたよ。

そういう思いがイベントをより楽しいモノにしてくれます。

ボクは春らしいセットリストで歌いました。

Kt19040901

A19040907

Kt19040903

Kt19040902

Y19040903

A19040906

『LEMON & STRAWBERRY』ではお客様と一緒に踊ったり(笑)

楽しかったです。

Kt19040912

Kt19040907

そして最後は『サボテンの花』を歌いました。

変なエンディングでしたけれど

それも当日セッションの面白さですね。

Kt19040904

Kt19040908

ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

これからもこのイベントをよろしくお願い致します。

次回の『Good Time Music』は7月17日(水)に決まっています。

メンバーもほぼ決定しているので近々発表しますが

また面白いコラボ見れるかもしれませんよ。

お楽しみに。

Kt19040914

Kt19040905

(セットリスト)

01.新たなる旅路

02.太陽の女神

03.ハミングバード

04.LEMON & STRAWBERRY

05.奇跡

06.猫の手も借りたい

(セッション)

07.サボテンの花(チューリップのカヴァー)


| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

ダンスがエスカレートしている!!

4月6日(土)

『美女と野獣?!』も気がつけば3回目

半年に一回なので一周年であります。

A19040604 

YuMiYuと出会ってまだ2年も経っていませんが

こうして一緒にイベントが出来るというのは

何か気の合う感じがあったのでしょうね。

嬉しい限りです。

19040601

またこの企画を立ち上げたのはボクで

青木氏のお店Indigoで何か面白いことをと思って始めたので

そういう意味で言うと企画が続いて本当に良かったと思っています。

Kt19040614

Kt19040618

Y19040607

Sy19040605

A19040601

Y19040604

Kt19040621

Sy19040601

Sy19040604  

ただダンスは回を追うごとに難易度がエスカレートしているので

正直ボクの力では役不足だなぁと感じています。

ダンスが出来るYuMiYuとの企画なんで踊ることも大切だけど

自分の置き場所をしっかりと考えないと

毎回非常にキツいものになってしまいそうで怖いです(笑)。

A19040608

Kt19040606

Kt19040609 

まぁ、そこまで言わせるのは

今回のグレーテストショーマンのせいだということですね(笑)。

SNSで動画が上がっていますが

YuMiYuのキレッキレに比べて

ボクはモッサリしております。

しかしながら写真で見るといい感じなんだわ(笑)。

どうぞお楽しみください。

Sy19040609

Sy19040610

Kt19040602

Kt19040603

Sy19040611

Kt19040601

(ソロコーナーセットリスト)

01.風のロード

02.Dreamy

03.三日月の舟

04.君にBirthday Song

05.奇跡

06.猫の手も借りたい

(コラボコーナーセットリスト)

01.This is me (グレーテストショーマンより)

02.さくら(森山直太朗カヴァー)

03.タイムカプセル (YuMiYuオリジナル)

04.LEMON & STRAWBERRY

05.Congratulations

(アンコール)

06.恋(星野源カヴァー)

Y19040603

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

Good Time Musicですよ。

いかん

最近どうもライヴ宣伝が遅れてしまってます。

6日のライヴの事は後日にゆっくりと・・・

それよりも明日は『Good Time Music vol.11』ですよ。

前回レギュラー卒業の悠太朗に代わり

増田起也くんがレギュラーに加わってくれます。

そして久々登場の白田くんにも会えます。

彼に会うのはショッカーのカッコで

『千の風になって』を唄わせて以来です。

明日はそんなことさせませんのでご安心を(笑)。

伊藤君も歌うし楽しみですねぇ。

みんな久しぶりなんで近況とか聴きたいと思います。

初登場の永井さんもタブコ軽音でのお知り合いだし

和気あいあいと出来そうですね。

さぁみんなで楽しみましょうね!!

4月9日(火)

『Good Time Music vol.11』

場所:KYOTO MUSE

開場:18:00 開演:18:30

前売:¥2,000 当日:¥2,500 (1ドリンク別)

出演:安田仁/増田起也/白田将悟

/永井利和/MC:伊藤直輝







| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »