« その瞬間を大切にするということ。 | トップページ | あの歌声にやられた!! »

2018年11月16日 (金)

今年もポールに会えました。

2013年から頻繁に

日本へ来てくれるようになったポールマッカートニー

ファンからしたら何回来てくれても嬉しいものです

って多分2017年のブログにも書いた気がします(笑)。

今回も大阪公演はなし。

ということで両国国技館とナゴヤドームの2公演行ってきましたよ。

Img_5888

Img_5867

11

Img_5891

特に両国国技館はポールにとって

日本で初の7500人規模のコンサート

「コレは行かねば!!」(笑)ということになりまして・・・。
一体どんなステージの組み方になるんだろうと思っていましたが

ボクは見事(?)に枡席。

Img_5873_2

Img_5874_2

座布団の上でポールのライヴを観るこという

レアな経験をすることになったのでした(笑)。
今回のツアー『フレッシュンアップ・ツアー』で

過去との大きな違いはと言うと

生のブラス隊が入っているのためにとても迫力が増していました。

ウイングスの全盛期にもブラス隊がいたので

その頃を思い起こさせてくれましたよ。

そのウイングスのナンバー『レッティング・ゴー』や

『ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ』

そして新曲『カム・オン・トゥ・ミー』で

とても効果的なアレンジがされていました。

『レディ・マドンナ』でのサックスソロなんかもありましたね。

Img_5881

36年ぶりに全米ナンバーワンになった

ニューアルバム『エジプト・ステーション』からの曲が

もっと多くても良かったなぁと個人的には思ったり

ビートルズ初期の『ラブ・ミー・ドゥ』や『フロム・ミー・トゥ・ユー』

『イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー』は

シンプルだけど観客と一体になれて良かったし

毎回聴いてるのに今回の『ブラックバード』は特に

めちゃくちゃ胸に響きました。

両国では「ドスコイドスコイ」「ゴッツァンデス」を

名古屋では「デラサイコー!」「新曲ダガヤ」を

とてもお茶目に日本語を使うポール

ファンはこの可愛さにメロメロになるんだろうな。

Img_6134

最終日となるナゴヤドームでは

アンコールの時に客席に

日の丸と「JAPAN LOVES PAUL」の文字が浮かぶ

ポールへのサプライズ演出があって非常に感動している様子でした。

最後にメッセージで本当に日本が好きだという言葉を残して

「マタアイマショウ!!」と高らかに宣言。

絶対また来てくれますよ。

Img_e6139

Img_6141

Img_6146_2

Img_6148

最近は良く来るなぁってネタのように言ってましたけど

ライヴが終わると「絶対また来て!!」って思ってしまう。

ポールが本当に音楽が大好きで

ライヴをやめないのを知っている僕らファンは

一回でも多く彼のライヴが観れることを願っています。

ポールありがとう。

本当にまた来て下さいね。

ボクもあなたのように音楽を続けていきます。

そして必ず会いに行きますから。

Img_5892_2





















|

« その瞬間を大切にするということ。 | トップページ | あの歌声にやられた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もポールに会えました。:

« その瞬間を大切にするということ。 | トップページ | あの歌声にやられた!! »