« レコードの日。 | トップページ | どこを切っても見所満載でした。 »

2017年11月 8日 (水)

『Good Time Music』とはどんなイベントか。

木曜日は京都ミューズホールで

『Good Time Music vol.7』を開催致します。

ここで今一度この企画の原点をご説明します。

『Good Time Music』は

安田仁と京都ミューズホールが協力して始めたイベントです。

バンドにとっては憧れのステージであるミューズホールも

ストリートなどを基本でやっている若手のミュージシャンにとっては

色んな意味で立つチャンスもありませんし

弾き語りにとっては扱いにくいステージであると言えます。

例えば

音響的なこと

照明などの指示

対バンでの他のアーティストとの関わり方

広いステージで自分をどう表現するか

いろいろな事を考えながらステージを作りあげていかねばなりません。

もちろんボクもそういう試行錯誤をしながら

ずっとやってきた一人であります。

何度も悔しい思いをしながら

今も続けている訳ですね。

そしてこうして培ってきたノウハウで

少しでも若いミュージシャンの役に立てたらと

考えて始めたのが『Good Time Music』という企画なのです。

回を重ねるごとに

コンセプトは変化していくこともありますが

根本にあるのはそこです。

ただの対バンライヴだと思ってもらうと

全然意味が変わってきます。

今回久しぶりに最初のコンセプト通り

ミューズのステージに挑戦する人達もいますので

非常にボクも楽しみです。

そしてもうひとつGTMについての事を。

ボクのステージの時間にコラボを増やしているのは

皆さんお気づきだと思いますが

それが意図的にということは

ボクのお客様なら当然わかって下さっていると思います。

GTMだからこそやっていることなんですよ。

そこでしか見れないライヴを提示することも

ミュージシャンとしては大切なお仕事です。

今回ももちろんそういうステージになるように工夫しますので

是非楽しみにしてくださいね。

今一度原点にゲットバックして

『Good Time Music』をお客様と一緒に楽しみたいと思います。

よろしくお願いします!!

11月9日(木)
『Good Time Music ♯7』
場所:京都MUSE HALL
開場:18:00 開演:18:30
前売:2000当日:2500(1D別)
安田仁/川原悠太朗/増田起也/大須賀ユウヤ/Breast Butterfly
MC伊藤直輝

|

« レコードの日。 | トップページ | どこを切っても見所満載でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Good Time Music』とはどんなイベントか。:

« レコードの日。 | トップページ | どこを切っても見所満載でした。 »