« イオンタウン名西インストアライヴ!! | トップページ | 単なる飲み会。 »

2017年10月20日 (金)

ブリューゲル「バベル」展。

10月12日(木)

ライヴの合間を縫って国立国際美術館へ行って参りました。

ブリューゲル『バベルの塔』展が開催されていました。

夏に行った兵庫県立美術館での『ベルギー奇想の系譜』の

ある意味続編的な意味合いの展覧会でした。

14世紀末~15世紀初の画家ヒエロニムス・ボスが描いた

写実的であると同時に独創的な作品が与えた影響として

現代美術にまでを展示した『ベルギー奇想の系譜』に対して

今回はボスに影響を受けたブリューゲルに焦点を置きました。

24年ぶりに日本で公開となった

『バベルの塔』を中心に

『大きな魚は小さな魚を食う』や『聖アントニウスの誘惑』など

そしてボスの初来日の作品

『放浪者(行商人)』、『聖クリストフォロス』と

かなり見所が多かったです。

17101201

『バベルの塔』は旧約聖書の創世記に記された”伝説の塔”。

その写実的に描かれた空想の絵画は

巨大なバベルの塔と共に

細緻にそこで働く人々の姿が映し出されています。

この絵を近くで見るために30分並びました。

17101203

17101202

メインキャラクター”タラオ”です。

なお、バベル展は15日で終わりましたよ。






|

« イオンタウン名西インストアライヴ!! | トップページ | 単なる飲み会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/65937372

この記事へのトラックバック一覧です: ブリューゲル「バベル」展。:

« イオンタウン名西インストアライヴ!! | トップページ | 単なる飲み会。 »