« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

今月は後輩と一緒。

さて今月より『Match Box Live』は

コラボシリーズへ突入していきます。

様々なゲストを招いて

一人では出来ない世界を作りあげていきたいと思いますよ。

今回のゲストは川原悠太朗くんです。

Kt16082004

年齢の離れた後輩は

現在も定期的に京都ミューズの『GoodTime Music』で

共演したり

自分のワンマンにゲストで呼んでくれたり

いろいろな想い出がありますが

最も印象に残っているのはやっぱり

昨年11月の九州ツアーでしょう。

彼が誘ってくれなければ

九州へライヴしに行くことも

あの様々な出来事も

なかなかなかったんじゃないでしょうか。

G16111001

Milk161112

そんな貴重な経験をさせてくれた彼に

僕からのお返しとして『Match Box Live』で

一緒に楽しむことにしましたよ。

ツアーでのエピソードなんかも話しますね。

お楽しみに!!

2月27日(月)

『Match Box Live vol.113』

場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00すぎ

チケット:2,000円 (1フード1ドリンク別)

ゲスト:川原悠太朗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

改めまして、初めまして。

2月21日モダンタイムスの

『Wonderful Toight』と名付けられたイベント

ご来場いただいた皆さんありがとうございました。

素晴らしいハートを持ったメンバーでのスリーマン

タップリと歌うことが出来ましたよ。

A17022106

Y17022106

Kt17022140

ライヴ中も言ったのですが

イベントではなくブッキングとして

モダンタイムスさんのステージに立ったのは初めてでした。

妙にそれが嬉しくてですね・・・。

色んな経緯を経て呼んでいただいたので

お店への思いが溢れるような気持ちのライヴになりました。

A17022102

Kt17022105

Kt17022113

Y17022101

「オーディションのつもりでやりまぁす!」は

半分本心でしたよ(笑)。

文章では伝えにくいんですが

この微妙なニュアンスというか感謝の気持ちは

いろんなライヴハウスに呼んでもらっている人なら

全てを言わなくてもわかってくれるかもしれません。

Kt17022115

Kt17022109

Y17022102

Kt17022124

そして昨日のライヴで

モダンタイムスさんが

若いアーティストたちに愛されている理由を

僕なりに感じて凄く納得できました。

・・・何のことかよくわからないですよね(笑)。

でもわかって欲しいのは

とにかく嬉しかったということ。

そして楽しいライヴだったということです。

さてセットリストは

いつもよりたくさん出来たので

バランス良く2曲ずつ

ノリ重視、バラード、ラテン、コール&レスポンス・・・

みたいに自分の持ち味を

じっくりと出していった感じでした。

喜んでもらえていたら嬉しいです。

Kt17022114

最後にはセッションもして

この日にしか出来ないお楽しみで

しっかり遊ぶことも出来たし

とても良い一日でした。

ありがとうございます。

Kt17022129

Kt17022132

Kt17022139

Kt17022136

・・・ということで

早くも次回のモダンタイムス出演が決定。

4月18日(火)です。

また是非楽しい夜をみんなで過ごしましょうね。

17022101

(セットリスト)

01.風のロード

02.Dreamy

03.三日月の舟

04.SARA

05.太陽の女神

06.愛のモスキート

07.奇跡

08.猫の手も借りたい

09.Congratulations

(アンコール)

10.Stand By Me (with takacho&伊東和哉)










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

fm GIG出演してきましたよ。

Kt17022108_2

ネットラジオfm GIG『Mitsuのホットライン』出演してきました。

3月11日『四角関係』の宣伝のためですが

自然体で楽しめましたよ。

コメント下さった皆さんありがとうございました。

聴いて下さった皆さんもありがとうございました。

Kt17022106_2

A17022101_2

一緒に『All My Loving』をセッションしてきましたけど

この雰囲気を見てもらえれば

3月11日は楽しいイベントになるに決まってる・・・ね。

ご予約お待ちしております。

Kt17022104_2

そして今日はモダンタイムスでのライヴです。

一緒に楽しみましょう!!

トリなので21時頃登場です。

曲もいつもよりたくさん出来ると思います。

よろしくお願いします!!




2月21日(火)
『Wonderful Tonight』
場所:モダンタイムス
開場:19:00
開演:19:30
チャージ:2,000円
(1ドリンク別)
安田仁/伊東和哉/takacho
※21時登場予定

3月11日(土)
『四角関係』
場所:宇治ロッキンハーツ
開場:18:30
開演:19:00
チャージ:2,000円+飲食代
安田仁/Mitsu/伊藤直輝/白田将悟
※要予約


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

ネットラジオとライヴあります。

今日明日とギター抱えて街に出ますよ。

今日はネットラジオなんで

スマホ、PCで見たり聴いたり出来ます。

明日はブッキングで初めてモダンタイムスに出演します。

よかったら遊びに来て下さいね~

ちょっとだけ長いめに出来そうです!!

よろしくお願いします。

2月20日(月)
fm GIG 『MitsuのHOT LINE』
時間22:00~22:50
※ゲスト出演

fm GiG

AmemaTV

2月21日(火)
『Wonderful Tonight』
場所:モダンタイムス
開場:19:00
開演:19:30
チャージ:2,000円
(1ドリンク別)
安田仁/伊東和哉/takacho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

僕は故にBLUE、いつでもBLUES

先日書いたように

最近はブルースをよく聴いていて

それに伴いギターもよく弾いています。

ボクがギターを始めた頃は

教則本を読んでも楽譜もタブ譜も

よくわからなかったので

なんとなく指の動きをスケールで追っていた感じなのですが

今は動画などがネットで見れるので便利ですね。

最近の若い子の演奏が上手いのは

そういう理由もあるからでしょうかね?

調べたら何でもわかるもんなぁ。

凄い世の中だ。

先日ブログにブルースを聴いているって書いたら

色んなから方面から

「本当に?」みたいな言われ方をしました。

今奏でてる音楽からブルースが感じられないからでしょうか。

でもそれはボクがプリミティヴなブルースを

自分の表現方法として使っていないだけで

ロックの基本はブルースだし

そうやって自分の好きな音楽のルーツを探れば

すぐにブルースを聴くことになるわけで。

第一ボクが色んな音楽を聴いてることは

リスナーの方ならわかってくださってるはず。

実は遠い昔

大学生の時にカントリーブルース

ブラインド・レモンジェファーソンやブラインド・ブレイクを

よく聴いていました。

17021801

そこからもちろんロバート・ジョンソンへいって

「これがクロスロードの原曲か」なんて聴き入っていました。

ボクは所謂ギターキッズではなかったので

そこからドップリとブルースにはまることはなかったけど

ブラックミュージックの根本として

ブルースを意識することは

音楽をやっていたら必ず通る道であります。

17021804

今回のブルース熱は久しぶりに

聴くだけでなくギターを弾くという行為が伴っているので

なかなか楽しいし

今の曲作りになんらかの影響が出たら

面白いだろうなと思っています。

でも意識してブルースを書くことはないと思いますけどね。

どんなアウトプットで出てくるかは「神のみぞ知る」。

ただスライドギターは昔から好きだったので

17021803

エルモア・ジェイムスや

17021806

17021802

ハウンド・ドッグ・テイラー・・・
あとブッカ・ホワイトなど

比較的荒々しいのを聴いていますよ。

他にもいろいろあるんですけどね。

とにかく「興味のある時が情報を詰め込む時」だと

思っていますので

しっかりと身体に染み込ませて

ドM的にレコーディングを楽しみたいと思います(笑)。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

来週お会いしましょう。

来週は月、火と皆さんにお会いできますよ。

月曜日は特にネットラジオ出演ですので

是非ご覧下さい。

fm GIGさん、最近AmebaTVなどで映像も見れますよ。

そして次の日は

ブッキングでのモダンタイムス初登場となりますよ。

少しだけ曲数増やせそうなので

一緒に楽しみましょう。

そして3月は今年も『四角関係』やります!!

要予約ですのでご連絡下さい。

よろしくお願いします。

楽しみなライヴが続きますね。

2月20日(月)
fm GIG 『MitsuのHOT LINE』
時間22:00~22:50
※ゲスト出演
fm GiG ( http://www.fm-gig.net/ )
AmemaTV ( https://freshlive.tv/gigtvmix/68213 )

2月21日(火)
『Wonderful Tonight』
場所:モダンタイムス
開場:19:00
開演:19:30
チャージ:2,000円
(1ドリンク別)
安田仁/伊東和哉/takacho

2月27日(月)
『Match Box Live vol.113』
場所:都雅都雅
開場:18:30
開演:19:00ごろ
前売:2,000円
当日:2,500円
(1フード1
ドリンク別)
ゲスト:川原悠太朗
☆想い出の九州ツアー裏トーク!!

3月10日(金)
場所::祇園Keystone
開場:21:00
開演:21:30
チャージ:4,000円
(24時までFree Drink)
安田仁/ヤバオカムーブメンツ

3月11日(土)
『四角関係』
場所:宇治ロッキンハーツ
開場:18:30
開演:19:00
チャージ:2,000円+飲食代
安田仁/Mitsu/伊藤直輝/白田将悟
※要予約

3月18日(土)
『Waoya投げ銭ライヴ』
場所:宇治Waoya
開場:18:30
開演:20:00
※投げ銭制

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

レコーディングにおける負のスパイラル。

17021501

久しぶりのレコーディング日記です。

ボクのレコーディングは『多重録音』と言って

一人で各楽器を演奏していく方法。

この作業は

時間の制約なく納得いくまで没頭できる反面

煮詰まってしまうと

一人であるが故に前に進まなくなるというジレンマに陥ります。

ご存じの方も多いでしょうが

ボクの作品の大半がこうして作られてきました。

ここ数年はライヴも増えてしまい

集中を要するこのレコーディングに時間が割けなくなっています。

今日は久しぶりに音楽室で一日を過ごしたのですが

相変わらずの自分の才能のなさを嘆いております。

17021502現在着手している曲は

ブラスアレンジを施した楽曲で

『Step』というタイトルです。

とりあえず全ての楽器を弾いてしまい

コーラスなど重ねて

歌っていたのですが

イマイチ編曲が納得しない感じ。

こういう楽曲になると

ついついゴージャスにしてしまう悪いクセがまた出てきてしまいます。

レコーディングをしながら

ついでにメロディと歌詞の流れも変更したり。

この苦労が明日に繋がるのだと信じて地道に歩んでおります。

初めてソングライティングを始めて

多重録音をするようになってから

もう数十年という月日が流れていますが

曲作りに関しては今も楽しく進められていても

レコーディングに関しては
進歩していく機材のおかげで

様々なことが出来るようになる一方

その技術を取得するのに非常に時間が掛かってしまいます。

究極のアマチュアリズムとでもいいましょうか

やっぱり自分のフィルターを通さずにはいられない性格。

悪いことは言いません。

これから音楽でレコーディングなどされる方がいらっしゃったら

ボクみたいな人間にならないように(笑)。

もっと楽しく出来る道はあるはずですので・・・。

この負のスパイラルから抜け出すには

様々な方法がありますが大切なのは諦めないこと。

もうこれしかありませんね。

こういうのも慣れっこですしね。








| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

インプットとアウトプット。

レコーディングと曲作りを並行してやっています。

アウトプットするためには

たくさんのインプットも必要となります。

ということで

最近にしては珍しく音楽をたくさん聴いています。

それにしても

弾き語りをするようになってから

本当にエレキギターが下手になったなぁと嘆いています。

いろんなエレキギターがあるので

BUNNY CLUB時代に弾いていた曲なんかも

練習がてら弾いたり

ジミヘンやツェッペリンを聴いたり

ブルース聴いたり・・・

そう、特にブルースを聴いています。

僕の音楽からは

想像着かないって思われるかもしれないけど

実は大学生の時かなり聴きましたよ。

とくにカントリーブルーズが好きで

古くさいプチプチいってるような音源が大好きでした。

久しぶりに聴くといいですね。
これ、絶対曲作りに影響するな・・・。

そうしながらギター弾いていると

そのギターで曲を書きたくなったりするんです。

新しい曲はどんどん出来てますので

楽しみにしておいてください。

どのタイミングでライヴ披露するかわかりませんよ。

こういう事を考えている時が一番自分らしい時。

頑張ろう・・・。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

イベントを作るということ。

17020701

2月7日(火)

『Good Time Music vol.5』無事終了しました。

ご来場いただいた皆さん

本当にありがとうございました。

”GTM”と略されたこのイベントは

2年目に突入するわけですが

いろんなアレンジを加えながらもレギュラーメンバーを中心に

楽しいライヴにしようと

それぞれのチャレンジ精神で望んでいます。

Kt17020713

新人枠&発掘枠という形で

たくさんのアーティストやアーティストの卵のみなさんと

関われることも新鮮に思っています。

みんなそれぞれのスタンスで頑張ってるので

何を言えるわけでもないですが

ちょっとだけ前からやっていた僕らを見ることで

色んな意味で選択肢が増える足しになればいいかな

なんて思っています。

Kt17020701

京都ミューズホールという場所で

ライヴをするというのもなかなか大変なもので

豪華な照明や高さのあるステージなど

その気になれば楽しい演出の出来る箱なわけで

それをどう駆使して面白いことが出来るのか

経験しないと想像力というのはわかないモノです。

そしてライヴハウスでお客さんを増やすってことが

どういうことなのか

楽しんでもらうということが

どういうことなのか

そういうことを音楽を通して考えてみることも

凄く大切なんだということを思い出させてくれます。

みんなでいろいろアイデアを出していきながら

これからも進んで行きましょう。

Kt17020723

Y17020705

Y17020708

先輩面していてまだまだボクも貪欲なもんですから

まだまだ伸びしろがあると思っていますよ。

さて実際のライヴでは

GTMではどうしても一人でのパフォーマンスよりも

レギュラーメンバーでの絡みを優先させてしまいます。

この時にしか出来ないことです。ね

Kt17020702

Kt17020709

Kt17020708

愛のモスキートもどんどんエスカレートしていってますが

実はカホンが加わったり

CDと同じピアノフレーズを弾いてもらってたり

変奏面だけでなく

演奏面でも複雑化しているんですよ。

後半2曲もセッション曲としては

毎度おなじみの・・・になってきているので

客席も一緒になって非常にテンションの高いものになっていますね。

写真を見てもとっても楽しそうです。

A17020702

A17020703

Kt17020726

僕らだけじゃなく

お客さんも一緒になって

同じ風景が見れているということがステキです。

このステキを更に大きくしていかないと。

次回のGTMもそうなるように頑張ります。

ありがとうございました。

Kt17020722

A17020701

Kt17020727

Kt17020729

(セットリスト)

01.HAPPY WEEKS

02.愛のモスキート (レギュラーセッション)

03.三日月の舟

04.SARA

05.Just a Little Love (レギュラーセッション)

06.Congratulations (レギュラーセッション)

07.猫の手も借りたい (出演者総出演セッション)

Kt17020730



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

京都ミューズホールでお会いしましょう。

2月最初のライヴは

昨年から京都ミューズホールで開催している

『Good Time Music』です。

最初に打ち出したコンセプトとは

少しずつ変わってきている部分もありますが

レギュラーメンバーの

イベントに対する思いは強くなってきていると思います。

今回はいったいどんな絡みで

音楽を奏でるのでしょうね?

お楽しみに!!

2月7日(火)
『Good Time Music vol.5』
場所:京都ミューズホール
開場:18:00
開演:18:30
前売:2,000円 当日:2,500円
(1ドリンク別)
安田仁/白田将悟/川原悠太朗
/まさはる/idayuki.co
MC:伊藤直輝





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

新しい音と新しい試みと。

Kt17013001

S17013001

遅くなりましたが、今週月曜日に

2017年の『Match Box Live』がスタートしました。

色んな意味で身の引き締まる思いです。

Kt17013002

Kt17013005

Kt17013006

Kt17013018

このマンスリーワンマンこそ

僕の音楽に対する姿勢を皆さんに知っていただく場所。

時には実験的なことをして

新しいライヴの形を模索したりしてきました。

また手に入れた新しい楽器を試してみたり

それはそれは僕にとって贅沢な空間なのです。

今回の『Match Box Live vol.112』はまさにそんなライヴ。

「受け入れてもらえるだろうか?」という不安と

良い意味で「裏切りたい」というワクワク感が入り交じりました。

U17013001

Kt17013022

Gibson Nick Lucas (ニック・ルーカス)は

『Match Box Live』2回目の出演でしたが

前回以上に音作りを追い込んでみました。

そして選曲もよりこのギターに合うようにと

『小さな願い』、『嘆きの夜』そして『糸』を選び

バラードセットリストでじっくりと歌わせてもらいました。

Ga17013009

ラインとマイクのミックスで作った音で

このギターの良さが出ていれば良いんですけどね。

そしてもう一つの実験。

お天気メドレーを歌うことにして

雪が降った1月なので『SNOW MAN』に組み込むことにしたのですが

この曲の世界観をなんとかお客さんに知ってもらいたくて

何か良い方法はないかと思い

前口上(ナレーション)なんかいいんじゃないかと

伊藤君に相談してやってもらうことにしました。

A17013002

じゃあメドレーの4曲とも

(『アンブレラ』、『SNOW MAN』、『Here Comes The Sun』、『Rainbow』)

お願いしようと

言葉を考えて生ナレーションで決行。

本番では録音だと思う人もいて

大成功だったのではないでしょうか?

M17013004

Ga17013007

Kt17013024

A17013003

どうでしたか?

僕らはとても楽しみましたよ。

綺麗な虹をありがとうございました。

こうした新しい試みをしながらも

目一杯楽しむ姿勢を貫けるステージでした。

Y17013004

Y17013003

それもこれもやっぱり

観に来て下さる皆さんがいるからこそです。

少しマニアックな選曲もなんのその・・・

本当に本当にありがとうございます。

Kt17013042

M17013005

Kt17013030

Ga17013011_2

Kt17013017

Kt17013013

(セットリスト)

01.Good Morning Girl

02.HARD

03.NOREASON

04.新たなる旅路

05.三日月の舟

06.SARA

07.太陽の女神

08.小さな願い

09.嘆きの夜

10.糸

11.アンブレラ

12.SNOW MAN

13.Here Comes The Sun

14.Rainbow

15.君にBirthday Song

16.君の心次第

17.空を見上げて

18.奇跡

19.愛のモスキート

20.Drive My Car~Crazy Paper Driver

21.二人はRUN AWAY

22.Congratulations

23.猫の手も借りたい

(アンコール)

24.Your Smle

25.風のロード

『Match Box Live vol.112』Ustream動画

※一ヶ月間視聴可能
(おまけ:朗読)

移りゆく空模様に様々なストーリーをのせて・・・

「アンブレラ」

冷たい冬の雨の中を

急ぎ足で約束の場所へ向かう

たくさん咲いた色とりどりの傘の花

その中に咲く 君の花を見つけた僕は

静かに駆け寄り 君の顔をのぞき込む

雨が降っていたとしても

君となら悪い気はしないさ

もう少し もう少しだけ

傘をさして歩こうか・・・

「SNOW MAN」

冷たい雨はいつしか雪に変わっていた

遠い山奥で

ひっそりと暮らしていたSNOW MANは

本当は人間と仲良くなりたかったのだ

驚かれないように

足跡を残したりして

僕はここだよ 僕はここにいるよ

いつかみんなと会える日を

ずっとその日を待っていた

「Here Comes The Sun」

いつしか雪は溶け

柔らかな陽射しが僕らに降り注ぐ

胸の隅に残るちっぽけな悩みさえ

太陽は優しく照らしてくれる

大丈夫だよ

きっとうまくいくさ

不安になる僕を

その笑顔はいつも そっと

まぶしく包んでくれている

「Rainbow」

雨と太陽の間には虹が生まれるように

涙と笑顔の間にも七色の架け橋が渡る

君が哀しい時は僕が歌を

僕が哀しい時は君が歌を

そのメロディはきっと心に虹を架ける

さぁ

君の声を聴かせて欲しい

一緒に虹を架けましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »