« 運命のイタズラ。 | トップページ | 『10th Anniversary Year』 »

2017年1月18日 (水)

僕らが男前だった夜。

1月14日

京都男前宴倶楽部6人衆によるイベント

『新春☆シャッフルSHOW』が開催されました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

気の合う先輩と後輩に囲まれて

とても刺激的な一日を過ごすことが出来ました。

170114

上のパネルに書いてあるA~Fまでの6通りの3人組で

「メインボーカル・サブ・プロデューサー」を振り分け

プロデューサーが用意した楽曲を

その3人組で2曲ずつ発表していくというこの企画。

各コーナーがどんな出し物をするのか

当日までほとんどわからなかったため

一体どうなるのか不安でしたが

最後の最後

皆さんの笑顔を見ることが出来て本当に嬉しかったです。

苦労が報われた瞬間でした。

僕ら自身もお客様もどんどん緊張感が解けていくのが

ステージの上からよくわかりました。

17011401

非常に複雑な企画だったので宣伝の仕方も難しかったですが

「アーティストの新年会のようなもの」という

ふわぁ~ッとした抽象的な宣伝は

間違いなかったように思います(笑)。

パネルのように僕は結構出っぱなしだったのですが

D組(滋野誠・大五郎・安田仁)での出しモノ

「トリプル吉川晃司」は結構インパクトあったようです。

結局この日一番星先輩を差し置いて

最も激しいイロモノでした。

まぁ良いでしょう。

定期的にこういうことするようになってしまいました。

楽曲は

「BE MY BABAY~モニカ(メドレー)」

「ラヴィアンローズ(アコースティックver.)」

A17011404

Kt17011424

Kt17011429

A17011401

Yh17011426

それと最後トリのF組「安田仁・白田将悟・一番星哲也」では

メインボーカルとして

秦基博の「ひまわりの約束」と中島みゆきの「糸」

この2曲を楽器を弾かずに歌いました。

普段歌わない曲なので

覚えるのにとても苦労しました。

Kt17011451

Yh17011445

Kt17011443

Kt17011440

Kt17011439

この他にも

鍵盤、ベース、アコギ、コーラス、ものまね等々

盛りだくさんな内容でした。

Kt17011407

A17011405

Kt17011418

Yh17011416

Kt17011458

Kt17011455

Kt17011459

Kt17011462

Kt17011402

Y17011410

Kt17011431

どうでしょう?

写真を見ただけで

このライヴの楽しさが充分伝わったのではないでしょうか?

ただの飲み会から始まった6人組でしたが

この仲の良さがそのまま凝縮されたライヴになりました。

A17011402

Ss17011401

Y17011402

Kt17011463

Kt17011433

観に来て下さった方は得をしましたねぇ。

笑いもあり、真面目もあり、チャレンジもあり

いつも見れないソロアーティストたちの宴でしたよ・・・

って煽っておいて

またこのメンバーでの新年会のようなライヴは

あるのでしょうか?ないのでしょうか?

それは今のところわかりませんが

あるとするなら

観に来た方が良いというのはわかってもらえたかな(笑)。

それではまた京都男前宴倶楽部でお会いしましょう。

追記:このライヴはyoutubeで完全収録されています。

















|

« 運命のイタズラ。 | トップページ | 『10th Anniversary Year』 »

コメント

筋肉痛治りましたか❓本当楽しいライヴでした。またいっか見れる日を楽しみにしています。カバー曲素敵でしたよ。
お疲れさまでした。

投稿: ちびまる | 2017年1月18日 (水) 22時41分

あ〜、見たかったなぁ
我が家で「安田仁≒秦基博」説があるので、より疑惑(?)が深まりました(笑)

投稿: ごんたろ | 2017年1月23日 (月) 01時31分

その説は本人から言わしてもらうと「なし」ですね(笑)。
カヴァーしてみてよくわかりました(笑)。

投稿: 安田仁 | 2017年1月24日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/64776888

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らが男前だった夜。:

« 運命のイタズラ。 | トップページ | 『10th Anniversary Year』 »