« 新しい船出の歌を(11月10日阪九フェリーにて)。 | トップページ | 大きな響きがバンドになった(11月12日 長崎Ohana Cafeにて)。 »

2016年11月15日 (火)

みんなで声を合わせる条件(11月11日福岡御縁屋にて)。

11月11日7時新門司港からJR小倉駅へ。

駅に着くと何か様子がおかしい。

改札口に群がる人たち・・・

確認してみると在来線が停電で全線ストップ!!

復旧の見込みなしらしいではないですか。

いろいろ調べてみると

新幹線ならいける・・・という事で一駅だけ乗ることに。

16111101

16111102

16111103

怒ってるのではありませんよ。

眠さのピークであります。

めちゃ目がたれてますね(笑)。

16111106

さてJR博多駅と言うと

先日道路の陥没があったところ。

『Fixing a Hole』状態を見てきました。

16111104

16111105

他にも観光などしたかったところですが

夜のライヴのことを考えると

寝不足を解消しないといけません。

寝不足は声に影響が出てしまうので。

ということでネットカフェで休憩。

でも結果的に顔の疲れはとれなかったようですが・・・。

福岡の会場は前々日に急遽変更となった

天神の御縁屋さんというお店。

Ky16111101

そこで地元のアーティスト

大鶴裕紀さんとはやさきかつきさんの4組でライヴ。

当初ないと思われたキーボードもあったので

お借りして自由度高いセットリストが組めました。

G16111101

G16111108

Y16111104

G16111107

G16111106

Y16111101

九州の方は恥ずかしがり屋さんが多いとお聞きしましたが

結構言ってくれてたんじゃないかな?

関西であろうと九州であろうとここをしっかりやらないと

僕の個性が死んじゃうので(笑)。

ここ数年悩みながらも地方でも

この参加型をテーマに続けてきた経緯があります。

前日の船上ライヴでもそうでしたが

この福岡でも参加型のライヴが

初めてのお客さんたちに

どう受け入れられるのか

どうしたら受け入れてもらえるのか

そこがキーポイントになりました。

そしてそれは最終日の長崎でも。

悠太朗との旅で非常に楽しかったのは

やっぱり音楽の話であり

その日のライヴについていろいろと語り合うことでした。

僕は先輩として自分の経験と照らし合わせて

思ったことを言います。

それと同時に新しく気づいたこともあります。

それを二人で議論したり

次の日に実践したりして

まさに日々精進な感じでした。

なんか凄く堅苦しく聞こえるけど

結局音楽好きにとっては

それが何よりも楽しかったなと思います。

ライヴ後に打ち上げで近くにある「HOME」というお店に

ご挨拶に行って

また福岡の繋がりを作らせていただきました。

終電の時間があったので慌ただしく店を出て

悠太朗の弟くんの家へ。

そこに泊まらせてもらって

布団に入ると

すぐに気を失うように眠ってしまったのでした。

(つづく)

G16111109

11月11日(金)

『オトノォト-blend music-秋編』

(セットリスト)

01,風のロード

02.Dreamy

03.三日月の舟

04.SARA

05.Congratulations

06.猫の手も借りたい













|

« 新しい船出の歌を(11月10日阪九フェリーにて)。 | トップページ | 大きな響きがバンドになった(11月12日 長崎Ohana Cafeにて)。 »

コメント

選曲と、素敵なお店と、安田さんの曲に、癒されました。

投稿: ちびまる | 2016年11月16日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/64493276

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで声を合わせる条件(11月11日福岡御縁屋にて)。:

« 新しい船出の歌を(11月10日阪九フェリーにて)。 | トップページ | 大きな響きがバンドになった(11月12日 長崎Ohana Cafeにて)。 »