« 続けていこうぜ。 | トップページ | ダリの批判的方法から生まれる芸術。 »

2016年7月12日 (火)

セッションは「ゆず」でした。

今年3月初めて歌いに行った

心斎橋のTOBIRAさんへ早くも2度目の登場です。

16時入りまで時間があったので

食事やらオレンジジュースやら・・・。

16071003

16071001

天気も良かったので移動はスムーズでした。

16時30分からのリハーサルでは

お店の音響設備を使って

ちょっとした勉強会をスタッフの方としました。

音楽の面白さは

歌うことと演奏することだけではないんだなと

強く感じた時間でした。

16071002

Kt16071033_4

Kt16071035

この日の共演は若い方たちで(最近特に多い)

ライヴ活動を初めて1年ぐらいとか

今年から歌い始めました、みたいな初々しさ。

それでもみんなうまいんですよね。

僕らの始めた頃に比べて

情報がすぐに手に入るからなんでしょうかね?

とにかく僕らベテランは

経験値で勝負しなければなりません(笑)。

さて本番。

お客さんの数は前回に比べて淋しい感じでしたが

淋しいのはそこだけ。

コール&レスポンスだって手拍子だって量より質。

Kt16071004_2

Y16071001
Kt16071010_2
Kt16071016_3
ライヴ中に遅れてきた方もチラホラでしたが

その分その方たちのためにも

たくさん歌うことを許してもらって

気がつけば

共演者のみんなとセッションタイムまで設けられて

1時間近くやっていたのではないでしょうか(笑)?

Kt16071015

客席から「みんなでセッションを!!」ということで

全く音楽のバックボーンに接点のない3人で

一体何をするのかと思いましたが

二人はゆずの曲ならできるというので

慌ててコードを覚えて急遽セッション開始(笑)。

ゆずの曲を演奏するなんて初めてでしたが

意外と楽しめました。

Y16071004

Kt16071039_4

Kt16071045_2

と同時にアコースティックをやっている

若い世代の人たちがゆずの曲を

練習したり演奏しているんだと改めて実感しました。

最近はこういう機会も多いので

ちょっと覚えておくのも大切かもね。

まぁ、今日来られた方は

レア過ぎるものが見れたと思います。

終わってみればそこはとても素晴らしい時間で

笑顔が溢れていました。

これこそが音楽の魔法ですね。

お店の方から次回は周年イベントとなる11月頃に

「祝ってほしい(笑)」と

どう考えても『Congratulations』待ちの発言があったので(笑)

多分その頃に行くと思います。

もしお時間があるようなら

みんなでTOBIRAさんの記念日をお祝いしましょうね。

Kt16071026
(セットリスト)

01.HAPPY WEEKS

02.Your Smile

03.カナリア

04.愛のモスキート

05.三日月の舟

06.SARA

07.君にBirthday Song

08.Congratulations

(アンコール)

09.癒しのボッサ

10.Good Morning Girl

(セッションタイム)

11.夏色(ゆず)

|

« 続けていこうぜ。 | トップページ | ダリの批判的方法から生まれる芸術。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/63898970

この記事へのトラックバック一覧です: セッションは「ゆず」でした。:

« 続けていこうぜ。 | トップページ | ダリの批判的方法から生まれる芸術。 »