« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

95回目の夢。

本日です。

宣伝ばかりですみません。

なぜブログでこんな感じでしか書けないのかというと

色んな思いは本番のステージ上でお話したいからです。

長く続いた不思議な村田さんとのご縁・・・。

だからとにかく新しい試みも含めて頑張る!!

『Matc Box Live vol.95~夏の夜の夢』

場所:都雅都雅

開場:18:30 開演:19:00

チケット;:3,000円(1フード1ドリンク別)

スペシャルゲスト:村田和人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

続けて行こう。

さぁ、いよいよ一週間前。

『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』はもうすぐです。

”95”という節目かと思えば

”96”は8周年という節目。

これからは今まで以上に続ける事が

毎回の勝負になっていくんだろうな。

思えば

一人で頑張って来たみたいな顔してきたけど

ゲストやサポートのみんなに助けられ

都雅都雅のスタッフのみんなにも助けられ

もちろん応援してくれた皆さんに助けられ

よくここまで続いてるなって思う今日この頃。

どう見られてるかわからないけど

毎回自分なりにマイナーチェンジを繰り返し

少しでも楽しんでもらおうと

全身全霊で取り組んできたつもりなんですよ。

伝わっていればいいな。

新しい試みはとっても不安で怖い。

でもやらないと前に進めないんです。

これからもそんな風に頑張っていきますね。

31日、都雅都雅で待ってます。

8月31日(月)
安田仁マンスリーワンマンスペシャル版
『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』
スペシャルゲスト:村田和人
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:3,000円 当日:3,500円
(1フード1ドリンク別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

勉強会。

いよいよ今月31日(月)

村田和人さんが『Match Box Live』のために

ツアー途中にも関わらず

京都へ戻って来てくださいます。

スペシャルゲストとしてお迎えする訳ですが

ライヴが楽しいモノになるように

頭をフル回転させて構成を練っています。

その昔、KBS京都ラジオ”ハイヤングKYOTO”という番組で

パーソナリティーをされていたので

音楽だけでなくお話も弾むと思われますよ。

実際先日のリハーサル中でも

演奏ストップしてレコーディング秘話やエピソードを

惜しげもなく聞かせてくださったので

きっと31日も展開次第では

いろんなお話が聞けると思います。

ということは『Match Box Live』の原点でもある

音楽のお勉強会的な要素も出てきそうですので

僕個人としても非常に興味深い日になりそうです。

さぁ、もうひと頑張りします。

Murata2010

M1304

8月31日(月)
安田仁マンスリーワンマンスペシャル版
『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』
スペシャルゲスト:村田和人
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:3,000円 当日:3,500円
(1フード1ドリンク別)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

月末へ一直線。

妖怪大作戦の動画、Ustreamで一か月間観れますのでどうぞ。

Broadcast live streaming video on Ust

さぁ、ミューズや名古屋、妖怪など

楽しくも大変だった8月前半のライヴも無事に終わりました。

これで月末のライヴに集中できます。

31日の『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢~』

スペシャルバージョン是非お越しください。

よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

妖怪大作戦のオバQ

お盆の夜

都雅都雅に集まった個性的な妖怪の宴

『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』無事終了しました。

いつものように

普通にライヴするだけなら問題はないのですが

この日は妖怪の仮装をするというルールがあり

早くから僕がトリをとるということが決まっていました。

その上「豪華な感じで」というリクエストもあり・・・

これってかなりの重圧(笑)。

メンバーも素晴らしかったので

それに応えられるよう準備をしました。

「笑いを獲る」なんて言葉はおこがましいけど

やるからには他の人と被らないようなものがしたいという

欲求が生まれたので

『スタイリッシュなオバQ』というコンセプトで

人生初かな?メイクをする事にしました。

O15081508_2

O15081521

Y15081502

O15081506

これが道を余計に険しいモノにした決断だった訳ですが

自分なりにメイクの練習を数日して臨んだ本番でした。

オバQはインパクト重視という事で

自分の出番でない時は

オバQを隠してフランケンシュタインで待機。

M150815

Y15081501

この日はお客さんも含めた仮装大会だったので

そのコーナーの司会進行も。

お客さんが参加してくれるって嬉しいですよね。

さて本番。

この日のためにスペシャルなメンバーをご用意いたしました。

まず2曲目『妹の友達』から登場の”一旦木綿”ならぬ”一旦ごめん”

Kt15081505

A15081502

3、4曲目『癒しのボッサ』『夏の忘れ物~ウクレレボーイ』

では”一つ目小僧”と”砂掛けばばあ”が登場。

O15081515

O15081514

5曲目『愛のモスキート』では”モスキ伊藤”と”謎の縁側のおじさん”

O15081519

O15081518

そして最後はお約束の『猫の手も借りたい』と

スペシャルなお祭りモードの選曲でした。

O15081524

Kt15081513

O15081522

O15081520

さすがにバラードは出来なかったな(笑)。

参加してくれた伊藤君、みねちゃん、麗さん、そして哲也さん

ありがとうございました。

このイベント、次回はあるんでしょうかね?

よくわからないですが

とても貴重な経験が出来ました。

今までの自分ではやらなかったこと。

エンターテイメントの世界は広くて深いね。

ご来場の皆さん、ありがとうございました。

U150815

(セットッリスト)

01.Crazy Paper Driver

02.妹の友達 (with伊藤直輝)

03.癒しのボッサ(withはらみねこ、牧野麗、伊藤直輝)

04.夏の忘れ物~ウクレレボーイ(withはらみねこ、牧野麗、伊藤直輝)

05.愛のモスキート(withはらみねこ、牧野麗、伊藤直輝、一番星哲也)

06.猫の手も借りたい(withはらみねこ、牧野麗、伊藤直輝、一番星哲也)

Kt15081506

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

最初で最後。

日にちが変わって

今日は『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』です。

ライヴというよりはイベントですね。

おそらく最初で最後の仮装です。

楽しみましょうね。

お待ちしております。

8月15日(土)
『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円(2オーダー別)
安田仁/滋野誠/はらみねこ/Tammy&ハリケーンマッシュ
/牧野麗/Love Horic NO,5/Kyotaro/他
※出演はトリです。

☆様々な妖怪に変身した出演者のライヴだけでなく、
出演者、お客様を含む妖怪コンテストも開催!
優勝者には素敵なプレゼント!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

週末は妖怪。

楽しい名古屋遠征の後

少しメンタル的にも疲れてしまいましたねぇ。

とっても暑かったのもあるかな。

今日明日とゆっくりして15日に備える事にしましょう。

という事で

15日(土)は都雅都雅プレゼンツの企画

『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』です。

なぜかこの企画に都雅都雅ボス広瀬氏はノリノリ(笑)。

企画内容と出演メンバーが異色過ぎてビックリです。

サプライズもありそうで

もしかすると異次元空間な不思議なイベントになるかも・・・

というか僕自身も当然仮装する訳で

非常に頭を悩ましておるのです。

こんな機会ないよねぇ

最初で最後かもしれないので思い切りやりますわ(笑)。

なお、ご来場の方も仮装大歓迎だそうですよ。

もちろん仮装せず観に来るだけでも大丈夫ですので

遠慮なく遊びに来てくださいね。

さぁ、大変だぁ。

8月15日(土)
『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円(2オーダー別)
安田仁/滋野誠/はらみねこ/Tammy&ハリケーンマッシュ
/牧野麗/Love Horic NO,5/Kyotaro/他
※出演はトリです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

フミロックフェスティバルin 名古屋

8月7日、昨年と同様ハートランドスタジオへ。

『フミロックフェスティバル 20thアニバーサリー in名古屋』です。

それもイベントは2Days!!

僕はアコースティック主体の一日目です。

暑い暑い夏、一泊とは思えないほどの荷物を持って

新幹線で名古屋へ。

近いですね、36分だって(笑)。

15080705

思い起こせば昨年東京でご一緒した

THEビールズのフミ田口さんに遠征を相談してから

すぐに呼んでくださった名古屋のフミロックフェスティバル。

僕にとってはとても思い入れのあるイベントなのです。

まず何よりフミさん20周年おめでとうございます。

15080702

この場所で出会った人たちとの一年ぶりの再会

そして初めての出会い

また思いもよらない再会なんかもありまして

初めての場所で一人心細かった昨年に比べて

確実に何か違った感情がありました。

今年は女性の出演者さんが多くてとても華やかでしたね。

一日目のアコースティックDayは

とても穏やかな感じの中で

和気あいあいと展開されていきました。

慌ただしさがなかったので

いろんな人たちと記念撮影やお話が出来ましたよ。

15080701

15080704

15080703

15080707

15080712

15080711

15080719

15080714

15080713

さてさてライヴ自体は『Friendship』からの

スーパード定番セットリストでしたが

最後の『猫の手も借りたい』では

アドリブで佐倉ちゃんとAyuが助っ人で飛び込んでくれて

助けてくれました。

Y15080703

こういう事も昨年からの流れがあってこそ。

なんかそういうのが嬉しいんだよねぇ。

Y15080701

昨年よりもじっくりハートランドスタジオを楽しんだ感じかな。

定番と言っても曲調はかなりの振り幅があるから

どうなのかな?って思いながらも

自分なりの音楽を目いっぱいやりましたよ。

Ay15080701

で、今年も普段一緒にやらないような

出演者の皆さんたちのパフォーマンスを観て

いろいろ勉強になる事がありました。

S15080702

打ち上げでは

自分が良くも悪くも京都ミュージシャンなんだと

気づかされるポイントがチラホラありました。

京都にいるとそれが普通だもんね。

ここでは書かないけど

それを味方にするも敵にするも

自分のやり方次第なんだろうな。

そんなことや

「次回は是非一緒に演奏しましょう」みたいな話も出て

次へと繋がる話が出来て本当に良かったです。

ご来場の皆さん

スタッフの皆さん

出演者の皆さん

ありがとうございました。

またお会いしましょう。

次回の名古屋は・・・もしかしたら10月かも。

今年三回目の来名はあるのか!?

ウフフ、またお会いしましょう。

15080718

(セットリスト)

01.風のロード

02.麗しのキャロライナ

03.三日月の舟

04.愛のモスキート

05.奇跡

06.猫の手も借りたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

若いやつら。

昨年の半ばごろからでしょうか?

今まで付き合ってきた僕より若いアーティストよりも

もっと下の世代の子たちと繋がる機会が増えています。

不思議な巡り合わせというか

なんとなく運命的なんですよね。

一気に繋がって来たというか。

僕自身が彼らの年齢の時に何をやってたかと言うと・・・

歌は書いてたな。

でもライヴは全然やりたくても出来なかったし

自信もなかったし。

それを考えると今の若いアーティストたちは元気。

でも表向きにそう見えていても

それぞれが何かしらの壁にぶつかっていて

その壁にどう対処すべきか悩んでいるのも事実。

それは若かろうが

僕みたいな年齢だろうが関係なくて

時には僕のちょっとした経験が彼らに役立つ事もあるし

彼らの思いっきりの良さが

僕を元気にしてくれる時もある訳。

最終的にはみんな自分の決断だから

僕の言ってる事なんて「ふぅ~ん」ぐらいで

聞いといてくれたらいいけど

同じ好きな音楽とどうやって関わりながら生きていくか

という参考にしてくれたらそれはそれで嬉しい事。

でも悩みに年齢は関係ないかな(笑)。

お互い協力できるところは協力していければね。

『Friendship』での音楽仲間とのコラボも楽しかった。

やっぱりミュージシャン同志なんだから

一緒に音楽するのが一番わかりあえる。

3日のミューズのメンバーもそうだけど

もっともっとそんな若いアーティストたちとも

関わっていこうって思っています。

・・・という訳で

9月6日、とっても生意気キャラなんだけど憎めない後輩(笑)

吉野永祐のワンマンライヴにゲストで出演することにしました。

Yoshino

それに先駆けて昨年秋に一緒にコラボした楽曲

『Little Lady』を解禁いたします。

さて僕はいよいよ7日に名古屋遠征。

せっせと荷造りしております。

昨年はライヴハウスのクーラー故障という

大ハプニングがありました(笑)。

今年は今のところ大丈夫らしい。

名古屋方面の皆さん、ニューアルバム持参いたします!!

よろしくお願いします!!

8月7日(金)
『FUMI ROCK FESTIVAL 20th』
場所:名古屋伏見HeartLandSTUDIO
開場:17:30 開場:18:00
前売:2,500円 当日:3,000円
(1ドリンク別)
司会:AYU、佐倉沙菜
安田仁/高田エージ/THEビールズ
/松岡里果/ハワイアンオールスターズ
/ミッドナイトドリンカーズ
※出演時間18時30分ごろ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

サプライズな”MONOTONE”ナイト。

京都ミューズホール

ご来場の皆さんありがとうございます!!

素敵な共演者たちと楽しい夜になりましたよ。

最近のミューズホールでは

あの場所でしか出来ないサプライズを用意していますが

昨日もセッションが出来ました。

楽しんでもらえていたら嬉しいです。

本編の方では

アルバムにも参加してくれた川原悠太朗くんと

ビートルズの『Two Of Us』と『Strong』を演奏しました。

前日にメールで確認しただけの打ち合わせなので

ドキドキでしたけどね(笑)。

Yh15080213

Yh15080223

Kt15080333

Kt15080329

そして最後の最後には出演者全員で『猫の手も借りたい』。

これも急に決まったことでした。

こういう自分たちにとってのドキドキ感も大切ですよね。

やっぱりステージは

いろんなドキドキがあることが

いつも新鮮で楽しんでいられるコツなのかもしれません。

Kt15080303_2

Kt15080305

A15080202

Yh15080202

僕の場合、観る人によっては「こなれてる」感があるらしく

(自分では当然そんなつもりはないんだけど)

それが良い感じで受け止められる時と

良くない感じで受け止められる場合があるみたいです。

そんなご意見なんかを考えると

本番で慌てたりしてる方が楽しいのかもしれませんね(笑)。

とにかくこれからもこだわりを捨てて

マイナーチェンジしていきたいな。

・・・話を戻して(笑)

とにかくライヴをたくさんやってるから

いつも来てくださってる方たちのために

毎回その場所だけの何かが

用意できるようにしたいなって思っています。

当然そこでの新しい出会いも大切にしなきゃいけないし。

実際には難しい部分もありますね。

ただ京都ミューズホールは

付き合いも長くなってきたので

そういう僕らのワガママを寛大に聞いてくれて

本当に感謝しています。

ありがとうございます。

新しい何か面白いモノを求めて

協力し合っていけたらいいですね。

O150803

Kt15080316

Kt15080338

Y15080201

Yh15080211_2

(セットリスト)

01.風のロード

02.麗しのキャロライナ

03.Two Of Us (with川原悠太朗)

04.Strong (with川原悠太朗)

05.愛のモスキート

06.奇跡

(サプライズセッション)

07.猫の手も借りたい

(with 奥村兄弟、川原悠太朗、白田将悟)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

くり返される自分とは何か。

とても暑い夏の一日。

珍しくヒゲも剃らずに

昼ごろからレコーディングをスタートさせて集中

そのまま夜まで延々と・・・。

まだまだとは言え素晴らしく前進。

ギターの音調整からスタートさせて

ストリングスとシンセサイザーのフレーズを

新たにアレンジして録音。

そこにコーラスとボーカルを録って

とりあえず完成時に近い形を作りました。

この時点で一度全体の音を整えて

デモとして聴いて物足りない部分を

更に作り込んでいきます。

聴いていくと・・・

コーラスをもう少し重圧にしたい感じ。

ヴォーカルはもっと歌い込んで

出来れば歌詞も部分的に手直しもしたいかな。

完成はいつものごとく急いでいるけど

中途半端な出来にはしたくないので焦らずに。

この曲は完成したら

すぐに聴いてもらえる状態にしたいと策略。

ライヴ週間に入ってしまうので

時間を作るのが困難だけど

なんとか時間をみつけて

やってしまおうという魂胆なのです。

150801

なぜに今この状況で

一曲を急いで作っているか。

これはある意味

自分の中での”賭け”というか”勝負”というか・・・。

CDが売れなくなっている昨今

音楽を作るという行為に

どれほどの価値があるのか。

音楽を聴いてもらわなきゃ

僕の存在理由は

なんて曖昧なものになるのだろうか。

ネガティブではない危機感を持って

今こそ原点に帰ります。

興味が持ってくださった方はとにかく曲を聴いてください。

そう思ってもらえるような自分らしい音楽を作っていくのだ。

今更ながら

ここに高らかに宣言します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »