« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月30日 (木)

8月のワクワクたち。

8月のライヴはなかなか面白いものが続きます。

どんな感じになるか正直読めない(笑)。

京都ミューズは若い人たちに囲まれて・・・。

名古屋もなかなか面白そう・・・。

妖怪大作戦は何になろう・・・。

そしてあこがれの村田さんとのお勉強会・・・。

わぁ、どうなっちゃうんだろ(笑)。

レッツゴー!!

A15072701_2

8月3日(月)
『MONOTONE』
場所:京都ミューズ
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円
(1ドリンク別)
安田仁/白田将悟/川原悠太朗/奥村兄弟
※出演は21時ごろ

8月7日(金)
『FUMI ROCK FESTIVAL 20th』
場所:名古屋伏見HeartLandSTUDIO
開場:17:30 開場:18:00
前売:2,500円 当日:3,000円
(1ドリンク別)
司会:AYU、佐倉沙菜
安田仁/高田エージ/THEビールズ
/松岡里果/ハワイアンオールスターズ
/ミッドナイトドリンカーズ
※出演時間未定

8月15日(土)
『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円(2オーダー別)
安田仁/滋野誠/はらみねこ/
Tammy&ハリケーンマッシュ
/牧野麗/Love Horic NO,5/Kyotaro/他
※出演時間未定

☆様々な妖怪に変身した出演者のライヴだけでなく、
出演者、お客様を含む妖怪コンテストも開催!
優勝者には素敵なプレゼント!

8月31日(月)
安田仁マンスリーワンマンスペシャル版
『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』
スペシャルゲスト:村田和人
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:3,000円 当日:3,500円
(1フード1ドリンク別)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

「線」と「点」が交錯する時間。

Kt15072739

『Match Box Live vol.94』

ご来場の皆さん、本当にありがとうございました。

エピフォンカジノがストラップから

外れてしまうアクシデントがあり

ヒヤッとする場面もありましたが

なんとか無事でホッとしています。

大切なギターなのにごめんよ。

Y15072701

Kt15072703

Y15072703

さてさて先月から

ちょっと懐かしい曲を多めに歌ったりしています。

昔のCDが売れた事で

自分でも見直してみようという試みだったのですが

これが思った以上に好評で嬉しい限りです。

今の自分と昔の自分が

一つのライヴで交錯する

まるで”タイムトラベラー”のようです。

T15072701

Y15072712

歩いてきた音楽生活の「線」の上で作った

あの昔の曲やこの新しい曲が

ある2時間のライヴの中に集まって来ると

とても不思議な感覚になります。

時間軸がフェイザーのように”うねる”って感じ(笑)。

Kt15072723

Kt15072735

Kt15072743

歌詞の中に今の僕なら絶対使わない言葉や表現であったり

メロディやコードであったり・・・。

恥ずかしいけど新鮮なんですよね。

だからこれからも

どんどん昔作った曲をとりあげていきたいと思います。

またどうぞ遊びに来てくださいね。

Kt15072710

Kt15072752

Y15072710

さぁ7月のライヴも終わり

8月はなかなか大変なライヴが4本あります。

それぞれテーマが違うライヴですが

頑張っていきますので

是非観に来てください。

よろしくお願いします。

告知は後日で!!

(セットリスト)

01.Good Morning Girl

02.青い空があるだけ

03.Sunny

04.夕陽のスポットライト

05.二人の週末

06.麗しのキャロライナ

07.Strong

08.やっぱり君が好き

09.カナリア

10.癒しのボッサ

11.愛のモスキート

12.僕にさよならを言う事は

13.夏の忘れ物~ウクレレボーイ

14.風のロード

15.Rainbow

16.echo~タイムトラベラー

17.Oh! Darling

18.二人はRUN AWAY

19.奇跡

20.翼

21.Congratulations

22.猫の手も借りたい

(アンコール)

23.三日月の舟

24.SARA

25.少年の歌

※Ustream、一か月だけ視聴可能。

Broadcast live streaming video on Ustream

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

夏を歌おう。

明日は『Match Box Live vol.94』です。

今日は一日リハーサル。

セットリストも最後の詰めに入ります。

新旧の夏歌を絡めながら

楽しみたいと思います。

多分汗だく。

皆さん、お待ちしております。

『Match Box Live vol.94』

場所:都雅都雅

開場:18:30 開演:19:00すぎ

チケット:2,000円(1フード1ドリンク別)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

夏の夜の夢。

今日のお昼は”T's STUDIO”にいました。

15072303

15072302

写真は青木氏とオカソニックさんです。

この写真はともかく(笑)

8月31日『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』で

ゲスト参加してくださる村田和人さんと初のリハーサルでした。

今までもブログに書いて来ましたが

僕にとって村田さんは特別な存在。

出会いは今から約30年前、ラジオ番組でした。

僕はただのリスナーで

当時実際にはお会いした事はありませんでした。

毎週”一本の音楽”のコーナーで

ビートルズやビリージョエルなどのカヴァーをされて

そこで僕は新しい音楽に出会っていったのです。

洋楽が好きだった僕にとって

唯一真面目に聴いていた日本のアーティストこそ

村田さんだったのです。

その後自分もバンド活動をして

自分なりの音楽生活を始めていきました。

楽曲製作をしながらバンド活動をして

その中で一人でも歌っていこうと決めた頃・・・

まだ『Match Box Live』も始めていないあの頃

2007年3月、僕は運命的な再会をしました。

070325

当然、村田さんにとっては初対面ですけどね。

この時に「頑張ってね」と言ってもらえたことが

どれだけ力になったか・・・。

その年の10月、僕は都雅都雅で『Match Box Live』をスタート。

当時どこの誰かもわからないヤツのマンスリーワンマンは

「都雅都雅のスケジュールには毎月載っていてお名前だけは・・・」と

よく言われたものです(笑)。

自分の中で上手くいった事もあれば

失敗やメンタル的に辛い時期もたくさんあったけど

とにかく出来る所までやっていこうと続けていきました。

14090801そして昨年2014年の9月

僕は今度こそ

本当の意味での再会を果たせたのです。

頑張って来たご褒美でしょうか。

長い年月を掛けて

やっと同じステージに立たせてもらえるチャンス。

再会時に「安田くん、覚えてるよ」と

言ってもらえた喜びが今も残っています。

不思議な運命の糸のようなものに導かれて

村田さんはタイミングよく僕の前に現れて

初心の気持ちに戻してくれるのです。

この時の再会のおかげで

ついに来月8月31日『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』

ゲストとして村田さんをお迎えする事になりました。

15072301先日のポールナイトや哲也先輩もそうでしたが

僕もやっと自分のルーツやキャリアを

皆さんにお話しできる年齢になったという事です。

しかしまだまだこれからの音楽生活で

色んなものを吸収して成長していくためには

憧れの諸先輩の胸を借りて

チャレンジする事が大切なのだと思います。

二人で音楽を奏でるだけでなく

”音楽の魅力”を語る事が出来るような時間になったらいいな。

そのために頑張って準備したいと思います。

皆さん、是非お越しください。

お待ちしております。

8月31日(月)

『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』

場所:都雅都雅

開場:18:30 開演:19:00すぎ

前売:3,000円 当日:3,500円 (1フード1ドリンク別)

ゲスト:村田和人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

変身。

今月の『Match Box Live vol.94』はもうすぐ。

セットリストも密かに作りながら

準備を進めているのですが

その他にも8月は企画ライヴがいっぱいで

今から頭を悩ます事がいっぱいです。

その中でも特に大変なのが

8月15日の都雅都雅企画

『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』です。

簡単に言うと妖怪の仮装大会で

出演者だけでなく

お客さんも参加してもらって

優勝者を決めたりするらしい。

そして驚くことにメンバーがかなり豪華。

これはちょっと注目ですよ、皆さん。

何故この中に僕がエントリーされているのかは

甚だ疑問ですが

やるからにはちゃんとやらなくてはなりません。

しっかり準備したいと思いますが

これは是非お客さんにも参加してもらいたいですね。

ギリギリになってしまっては

準備も間に合わないかもしれませんので

参加しようと思う方は是非

ネットかパーティグッズを売ってる店で

探しておいてくださいね。

よろしくお願いします。

8月15日(土)

『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』

場所:都雅都雅

開場:18:30 開演:19:00

前売:2,000円 当日:2,500円

(2オーダー別途)

出演:安田仁/滋野誠/はらみねこ/Tammy&ハリケーンマッシュ

/Kyotaro(from Tokyo)/Love Horic NO.5/牧野麗/他・・・

☆様々な妖怪に変身した出演者のライヴだけでなく

出演者、お客様を含む妖怪コンテストを開催します。

優勝者には素敵なプレゼントがあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

自然がくれるヒント。

暑い暑い夏の一日。

バス釣りへ行ってきました。

釣りは色んな事を忘れて夢中になれる趣味。

ただ目の前にある自然を観察。

湖の状態。

雲の流れと風の強さ。

気温や時間。

水の色、流れ、影・・・

様々な環境がヒントをくれます。

そのヒントを読み解きながら

一日かけて自分が追い求める魚を探す。

それでも一匹出会えるかどうかってことも。

15072101_2

見事キャッチ。

15072103_2

最近いい事があった親友も一緒でした。

リフレッシュ出来て良かったです。

15072104_3 

長い音楽生活。

焦っても仕方ないので

この亀のようにのんびり自分のペースで進んで

また頑張りますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

モノ作りの「熱」。

今は激しい雨も少しマシみたいです。

昼前からレコーディングをスタートさせて

一日音楽室におりましたが

相変わらずの自分のアレンジのヘタさに

グッタリとしています(笑)。

私はやっぱり叩き上げ。

何度も失敗を繰り返して学んでいくしかないのですね。

アレンジの重要性は曲を作る度に感じる事だけど

今までにやった事のないアレンジの場合は

CD棚から資料になりそうな音楽を探しまくって

参考にします。

イメージで頭で鳴っていたとしても

実際に音を重ねていくとイメージ通りにいかないもの。

そうなると突き詰めていかないと

思ったようなサウンドに近付くことも出来ないし

その先の「確信的」で「核心的」で「革新的」なものにもならない。

だからこそ古きモノから学び

自分のフィルターを通して自分流にしていく。

ポップミュージックをやっている以上

その曲が求めているサウンドに

出来るだけ近づけて行こうと思うのです。

ここが僕のバンド的でなく、また弾き語り的でない部分。

多重録音によって一人で

そのサウンドを求めるのは本当に大変で

一日頑張って全く理想に近づけなかった・・・

なんてことはよくある事なのです。

サウンドによってエキスパートに

アドバイスをもらうことも多々あります。

今録っている曲は

コーラスと鍵盤の音がとても重要な作品になりそう。

今はまだ本番の録音というよりは

アレンジを探りながらやっている感じなので

いろいろ試しながら

「ああでもない、こうでもない」とやっています。

大切に作りたいという表れですな。

というようにやり始めると

「熱」を帯びて時間を忘れてやってしまうので

その「熱」をブログでお伝えしていきますね。

で、今回のこの曲は出来るだけ早く

皆さんに聴いてもらえる状況にしたいと思います。

本当に時間が足りないのですよ。

でも「急がば回れ」。

この無駄だったと思われる一日が

後で物凄く効いてくるのだ(笑)。

お楽しみに。

150718

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

生まれ来るメロディを止めるな。

11053101元来モノを作り出す事が好きな僕は

「曲を生み出す」という”遊び”を知ってから

その楽しさに魅せられて今もなお続けている訳です。

そしてまた違う価値観として

元来『LIVE MAN』ではない僕が

ここ数年でライヴを繰り返し

旅をして歌を歌って新しい出会いをする

という生き方を貫いていたりしています。

僕にとって「音楽」の本来の意味とは新しい曲を生み出す事。

ライヴはもともと僕にとって

向いている活動とは思っていないのです。

しかし運命のイタズラか

いつの間にか僕は周りから認知されるぐらい

『LIVE MAN』として活動しています。

ライヴがクリエイティヴではないとは言いませんが

ライヴでのプレッシャーやストレスが溜まると

モノを作る作業に自然と戻りたくなります。

今がちょうどその時だって自分の事なんでよくわかります。

自分に正直な音楽を作りたい。

でもポップミュージックだから

誰かが喜んでくれて自分も納得できる

僕だけが作れる音楽を作りたい。

先日書いたように

とっても様々なライヴが続くのですが

それでも音楽を生み出す作業は

出来るだけ続けたいと思っています。

生まれてきているメロディや言葉を止めないように。

初めて歌を書いた10代の頃の気持ちに戻って

また音楽に取り組みたいと思います。

音楽の楽しさを伝えられるメロディを求めて

また旅に出ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

さぁ、皆さんご一緒に。

奈良ビバリーヒルズ

応援に来ていただいた皆さん

そして出会ってくださった皆さん

ありがとうございました。

15071122

Kt15071101_2 

15071127

15071123_2

大きな掛け声に後押しされるように

”Friendship”縛りのセットリストを

楽しく歌わせていただきました。

Y15071101

Kt15071103

Kt15071108

ニューアルバムの曲は

ステージで披露するごとに

新しい顔を覗かせてくれます。

それは僕一人で演奏した時の

テクニック的な部分での成長や発見もあれば

客席とのコミュニケーションを目的とした楽曲が

ライヴによって違う顔を出し始めているという事です。

浸透していく事によって

自分が狙っていたような反応と

状況によってはそれ以上の効果が生まれるという事。

今回の奈良ではそんな可能性も感じる事が出来ました。

Kt15071110_2

Kt15071111

Kt15071116 

きっと歌い続けていく事によって

音楽たちはもっと成長していくのだと思います。

「聴かせるライヴ」と「一緒に歌うライヴ」

この両方の顔をこれからも

じっくりと楽しんでいきたいと思います。

また応援よろしくお願いします。

Kt15071119

Kt15071120

ところで奈良へ向かう前

新しい曲のレコーデイングをしていました。

こちらもどんどん進めていきたいと思います。

またブログに書いていきますね。

15071120

(セットリスト)

01.風のロード

02.麗しのキャロライナ

03.Strong

04.愛のモスキート

05.夕陽のスポットライト

06.Congratulations

07.猫の手も借りたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

旅の途中。

今日は奈良ビバリーヒルズへ。

明日も天気は大丈夫そう。

もしかして晴れ男にチェンジか(笑)?

15070315

15070316

しかし、今月はまだ京都で歌ってないんですよね。

考えられないな(笑)。

旅行とかあまり好きじゃなかったんですよ。

それがこうやってあっちこっちへ行くようになって。

15070318_2今でも旅行が好きか?って聞かれたら

「???」ですけど

少なくとも新しい場所や知らない場所で

音楽を奏でてみたいという欲求は

日ごとに強くなっていますね。

そのためには

もっともっと身も心もタフにいかなくちゃ。

行き出して随分経つ奈良に関して言うと

まだまだ開拓の余地が残っていて

地元の人たちと出会う事があまり出来てない感じです。

そろそろちゃんと考えながら動かないと

全然前に進まないのでその辺も

考えながら動きたいと思います。

それではそんな思いを胸に

本日奈良ビバリーヒルズでお会いしましょう。

歌っちゃうよ~~。

15070319

7月11日(土)

場所:奈良ビバリーヒルズ

開場:18:30 開演:19:00

前売:1,500円 当日:1,800円

(1ドリンク別)

出演:安田仁/ブロッコリー/古泉一平

※出演はトリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

ライヴスケジュール更新。

今週土曜日以降のライヴスケジュールです。

一風変わったライヴがありますので要チェックです。

よろしくお願いします。

7月11日(土)
場所:奈良ビバリーヒルズ
開場:18:30 開演19:00
前売:\1,500 当日:\1,800
(1ドリンク別)
安田仁/ブロッコリー/古泉一平
※出演はトリ

7月27日(月)
安田仁マンスリーワンマン
『Match Box Live vol.94』
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円
(1フード1ドリンク別)

8月3日(月)
『MONOTONE』
場所:京都ミューズ
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円
(1ドリンク別)
安田仁/白田将悟/川原悠太朗/奥村兄弟
※出演は21時ごろ

8月7日(金)
『FUMI ROCK FESTIVAL 20th』
場所:名古屋伏見HeartLandSTUDIO
開場:17:30 開場:18:00
前売:2,500円 当日:3,000円
(1ドリンク別)
司会:AYU、佐倉沙菜
安田仁/高田エージ/THEビールズ
/松岡里果/ハワイアンオールスターズ
/ミッドナイトドリンカーズ
※出演時間未定

8月15日(土)
『夏だ!お盆だ!妖怪大作戦!』
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:2,000円 当日:2,500円(2オーダー別)
安田仁/滋野誠/はらみねこ/
Tammy&ハリケーンマッシュ
/牧野麗/Love Horic NO,5/Kyotaro/他
※出演時間未定

☆様々な妖怪に変身した出演者のライヴだけでなく、
出演者、お客様を含む妖怪コンテストも開催!
優勝者には素敵なプレゼント!

8月31日(月)
安田仁マンスリーワンマンスペシャル版
『Match Box Live vol.95~夏の夜の夢』
スペシャルゲスト:村田和人
場所:都雅都雅
開場:18:30 開演:19:00
前売:3,000円 当日:3,500円
(1フード1ドリンク別)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

東北ツアー総括。

15070507_2今回の東北ツアーでの

ヒット賞・・・

ハードケースを背負うアタッチメント。

結果的には

雨にうたれる事も

ほとんどなかったんですが

両手にハードケースとキャリーバッグでは

傘が挿せないので旅行の前日に調達しました。

この写真をFacebookにあげた所

結構「何これ?」と尋ねられました。

みんな欲しかったんですね(笑)。

僕はどん臭くてギターをガンガンあててしまうので

どうしてもハードケースじゃないと

ギターが大変な事になってしまいます。

だからどうしてもハードケースでないといけません。

大切な相棒のためなんでね。

そういう意味でも購入して大正解でした。

・・・

さて2日間の東北ライヴを無事終えた訳ですが

本当にたくさんの方の協力があって実現した事を

心より感謝しております。

Y15070301

Y15070405

共演してくれたせいやんとsupicaさんはもちろん

各会場のスタッフさん

もちろんライヴに来ていただいた皆さん

ありがとうございました。

Y15070406

そして今回企画段階から東北を離れる時まで

ずっとご一緒してくださったマップ上田さんには

特に感謝しております。

ただのライヴツアーを超えて

おいしいものを食べ歩いて

楽しい旅行気分が味わえました(笑)。

ありがとうございました。

15070502_2 

まだまだツアー慣れしていない僕ではありますが

少しずつ見知らぬ場所で音楽を奏でるということに

新しい価値観を見出してきています。

今回も出発時よりも全日程を終えた時に

「絶対また来る!!」

という思いが強くなりました。

良かった事も反省すべき事も

全てが糧になると強く感じます。

メンタル的なタフさ・・・

前向きな考え方や気持ちの切り換え方が

上手くなってきています。

もっともっと新しい場所での

出会いを探していこうと思います。

・・・

東北からの帰り道

東京での寄り道

マップさんから、悪友のるるぶ小原さんにタッチ。

5時間ほどの暇つぶし(笑)。

15070504

15070505

東北~関東をまたいで

皆さんお世話になりました!!

お付き合いいただきありがとうございました。

15070506

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

福島MATCHBOX(東北二日目)。

前日に3セットも歌って疲れていたにも関わらず

相変わらずホテルではあまり寝られませんでした。

これを治さないとツアーに慣れないよね・・・。

さて次の日

仙台から福島への移動は東北本線でした。

1時間半弱もかかり

景色ものどかでまるでちょっとした小旅行。

15070408

15070411

朝の仙台は霧がかる程ひんやりして

空気も気持ち良かったけど

福島へ近づくほどに蒸し暑く・・・。

話に聞くと福島県も京都と同じ盆地だそうで

この暑さにも納得。

さて前回の福島は大雨で次の日が台風で

ほとんど人がいないという異常な状況だった訳ですが

今回は駅の周りもたくさんの人がいました。

これも後で聞いたのですが

福島競馬開催中で賑わっていたらしいのです。

そしてやって来ました9カ月ぶりの福島MATCHBOX。

前回も書きましたが雰囲気の良いお店。

15070401_2

15070402

15070403

この場所から生み出される独特の空気に包まれながら

今日は自分自身を貫くために

何を歌おうかとあれやこれやと考えました。

15070415_2

15070406

15070404

さて本番。

京都から来る僕のためにせいやんは

本当に頑張ってくれたんだと思います。

O.A.のsupicaさんの力もお借りして

会場は満員御礼。

感謝の言葉しかありません。

音楽でしかお返しできない僕なりの誠意。

最後には出演者になんと

オーナーの松本さんまで加わっての『Let It Be』!!

レアだったと思いますよ(笑)。

(セットリスト)

01.Good Morning GIrl

02.癒しのボッサ

03.三日月の舟

04.SARA

05.風のロード

06.Strong

07.愛のモスキート

08.Crazy Paper Driver

09.奇跡

10.夕陽のスポットライト

11.猫の手も借りたい

(アンコール)

12.Let It Be

(安田仁&せいやん&supica&松本隆)

15070413

15070409

ライヴが終わって感じた事を少々。

安田仁がお客さん参加型のライヴというものを

実践するうえで

新しい場所や初めてお会いする人々に

どのような形でその楽しさを伝えるか

福島に限らずそれはある部分僕のテーマである訳です。

せいやんが「シャイ(恥ずかしい)」からくる

シャイーンと名乗るように

如何にその恥ずかしさや気持ちを

解き放つようなライヴにしていくか

僕はこれからも追及していかねばなりません。

そのうえでこの福島と言う場所は

鍵になる何かがあるような気がするのです。

難しいからこそチャレンジするのです。

そういう意味でも

この場所でまたライヴに来れるように頑張っていきます。

とてもシャイだったけど「ニャーニャー」も手拍子も

決して小さくありませんでした。

この音がどんどん大きくなっていきますように。

京都からの遠征組の皆さん

再会を楽しみにしてくださった方

新しく出会ってくださった皆さん

観てくださって本当にありがとうございました。

必ず戻りますのでよろしくお願いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

仙台BAR楽屋(東北一日目)。

昨年初めて福島県のMATCHBOXにライヴに行って

たった一日で京都へ戻るのは

非常にもったいないという感じだったので

次は是非ツアーで何軒か周りたい

という相談をマップ上田氏としていました。

その願いが一年以内に実現したのが今回の東北ツアー。

このツアーに力を貸してくれたのは

前回ご一緒した福島のシンガーせいやんでした。

1506281102

仙台、福島と一緒に周ってくれて本当にありがたかったです。

気になっていた天気・・・最初は雨の予報でしたが

ライヴ中はほとんど雨が降る事もなく良かったです。

ということで

7月3日・・・新幹線で仙台へ。

仙台は結構暑かったぁ~。

15070301_2

15070303

15070304

初日は初めてのお店『BAR楽屋』さんでした。

小さなかわいいお店でしたが

アットホームでイイ感じ。

お店の中にあった楽器を全部出して

会場作りからスタート(笑)。

なにしろ鍵盤も用意してもらったもので。

京都からの遠征組と宮城県の知り合いの方々

せいやんのお客さんにお店の常連の方々など

たくさんの方に見守られて

とっても良い雰囲気でライヴが出来ました。

僕が3回、せいやんが2回の計5セット

11時まで交代制でライヴを続けましたよ。

う~ん、初日からハード(笑)。

ライヴ後に音楽のディープな話も出来たし

新しい出会いもあり

とても有意義な一日でした。

聴いていただいた皆さん

本当にありがとうございました。

また是非行きたいと思います!!

15070307

(セットリスト・第一ステージ)

01.Good Morning Girl

02.風のロード

03.癒しのボッサ

04.三日月の舟

05.SARA

06.猫の手も借りたい

(セットリスト・第二ステージ)

01.Crazy Papaer Driver

02.Your Smile

03.約束

04.愛のモスキート

05.奇跡

(セットリスト・第三ステージ)

01.アンブレラ

02.Strong

03.妹の友達

04.忘れてしまおう

05.猫の手も借りたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

東北ツアーのお知らせと動画追加。

いよいよ明日から東北ツアーであります。

3日が仙台のTHE 楽屋

4日が福島のMATCHBOX

1506281102

昨年MATCHBOXでご一緒した

せいやんと2daysですよ。

前回出会った皆さんとも会いたいし

新しく出会いもあれば嬉しいなぁ。

昨年は台風で大変だったし

今回も今のところ雨の予報・・・。

雨雲吹っ飛ばせるかな?

さぁ、頑張ろう。

その前に月曜日の動画を追加です。

久しぶりに演奏した10代に作った曲

『悲しみに耐えて』や『WORKER』をアップしましたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

『ウクレレでRUN AWAY』

お待たせしました。

改めまして『Match Box Live vol.93』無事終了。

本当にありがとうございました。

Kt15062902

Kt15062904

Kt15062906

久しぶりの一人マッチで個人的には

落ち着いたライヴになるかな?って思ってましたが

フタを開けてみると

何かと新しい試みや懐かしい曲

実験的な事や使い慣れてない英語など(笑)

なかなかエキサイティングなライヴになりました。

こういう日のライヴが楽しかったと言ってもらえるのは

特別嬉しいものです。

M15062902

Y15062901

15062901

まず今回の選曲は『SELECTIONS & PRESENTS』という

1993年に作ったCDからの選曲を多くしました。

Kt15062930_2『悲しみに耐えて』

『WORKER』

『恋のMAGIC』

『THE BUSKERS』

そしてある意味

『二人はRUN AWAY』もその中の曲です。

こんなにたくさん古い曲を歌うのは

本当に珍しいことかも。

時期的に言うと『猫の手も借りたい』も同時期の曲なので

なかなか頑張ってた時代だなって思います。

来ていた皆さんには新鮮だったようで良かったです。

そして今回最も驚きで迎えられたのは

『二人はRUN AWAY』のウクレレバージョン。

Kt15062912

Kt15062913

過去、アレンジに関して全く変わらなかったこの曲。

ここに来てウクレレかぁ~みたいな感じでした(笑)。

初お披露目でミスもありましたが

このチャレンジに対する拍手も格別なものですね。

みんなで歌ったり

僕は非常に楽しめました。

皆さんも楽しんでくれてたら嬉しいな。

Kt15062908

Kt15062918

Kt15062901

Kt15062910

・・・ということで

ウクレレコーナーの2曲を動画アップしますね。

またUstreamもとてもラインの音とは思えない

素晴らしいバランスなので是非観てくださいね。

さぁ、また来月もがんばります。

本当にありがとうございました。


Broadcast live streaming video on Ustream

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »