« 現在の進行状況。 | トップページ | 諦めの悪い男。 »

2014年3月 7日 (金)

転がる石たちの現在。

14030603

THE ROLLING STONES

『14 ON FIRE JAPAN TOUR』最終日

強行スケジュールで行ってきました。

都雅都雅広瀬氏と店のライヴ終了後に車で。

まさに僕らも転がる石(笑)。

14030602道中いろんな話をしました。

ほとんど音楽の話ですけどね。

朝6時に東京に着いて

漫画喫茶で仮眠・・・あんまり寝れませんでした。

昼ごろから行動開始。

先にグッズを購入してお茶の水へ楽器屋巡り。

運命的な出会いは今回はありませんでした(笑)。

まさかこんな短いスパンで戻ってくるとは夢にも思ってなかったなぁ。

4時過ぎにドーム付近に戻ってくると

14030601たくさんの人たちがグッズ売り場に並んでおりました。

やっぱりベロマークのTシャツ欲しいよね(笑)。

今回はポールの時とは違い

ライヴ中の撮影は一切禁止でした。

でもその方がライヴには集中出来ますね(笑)。

さてローリングストーンズ。

ビートルズほどの影響はないにしても

60年代のブリティッシュロックを愛すれば避けては通れない存在。

ギターを始めた時

『ホンキートンクウーマン』や

『ジャンピングジャックフラッシュ』を練習していたのを思い出します。

しかしながらそのダークなイメージが

自分に合わなかったのか

深くハマっていく事はありませんでした。

14030604しかし僕も年齢を重ねて

ロックの持つ色気であるとか艶だとか

そういうものが音楽にはとても重要だと知った時

ローリングストーンズという存在がドーンと出てきたんですよねぇ。

だから生で体験できる事になった時

音楽面だけで考えてきた「ロックってなんだろう?」に

新しい側面を見せてもらえるようなワクワク感をもらえました。

・・・

始まる前のBGM

BGMが終わるごとの拍手や歓声

高まる期待

もうすぐもうすぐ・・・落ち着きがなくなる

そして!!

突然の暗転

クラクラするような激しいリズムと映像

興奮を煽っていきます。

『ジャンピングジャックフラッシュ』!!

ドームの地響きのような歓声。

「これこそがロックだ」

語弊があるかもしれませんが

このスタートこそが

全て集約していたように思えます。

転がりだした石たちは

もう細かい事なんかおかまいなしです。

あとは音楽に身をまかせて時間を過ごすのみです。

ミックがとにかく元気でオーラがあり

キースは笑顔がかわいかった(笑)。

曲のエンディングは粗い終わり方だったり

ミックの突然のフリにチャーリーワッツが

戸惑いながらリズムを刻むように見えた部分もありました。

それがアドリブなのか演出なのかはわからないけど

そんな感じもまたストーンズってバンドなんだろうな。

本当に年齢なんて関係ない・・・転がる石のたちの現在。

なんてヤンチャな感じなんだろう。

カッコイイんだろう。

だけどお茶目なんだよね。

ドームなのにライヴハウスみたいな気分にさせてくれました(笑)。

とにかく生ストーンズ体験できて良かったです。

僕は音楽生活として

ブログで冷静に分析するようなフリをしていますが(笑)

正直言ってしまえば

好きな音楽の前でそんな事考えている訳でもなく

終わってみて・・・「あぁ、こうだったなぁ」とか

自分の音楽に役立てるためにこうして書いています。

CDやレコード、またDVDでしか観た事がなかった

歴史が目の前で演奏してくれている事に

ただただ感動と感謝でした。

ライヴが終わった今だからこそ

逆にストーンズを聴きなおしたい気分です。

今月のマンスリーは・・・ロックだな(笑)。

|

« 現在の進行状況。 | トップページ | 諦めの悪い男。 »

コメント

お疲れさまでした!!お帰りなさい。ローリングストーンズのライブ楽しいのが、伝わってきますhappy01楽器巡りしはって何も買わなかったのですか? 今度マッチボックスはロックですね(^ー^)

投稿: ちびまる | 2014年3月 7日 (金) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/59251672

この記事へのトラックバック一覧です: 転がる石たちの現在。:

« 現在の進行状況。 | トップページ | 諦めの悪い男。 »