« アイロンかけてました。 | トップページ | GET BACK TO 音楽室。 »

2013年2月11日 (月)

鹿の手を借りた。

13021001ライヴで奈良へ行くのは

まだ2回目とあって

小旅行気分な自分がいます(笑)。

今回はぜひとも鹿に会いたい・・・

という事でリハーサル時間より

大幅に早く奈良入りをして写真いっぱい撮ってきました。

13021002ライヴ中にも言ったのですが

奈良の方にとっては

何でもないような光景なんでしょうが

やっぱり普通の道路に鹿がいると違和感がありますね。

声には出しませんが「わぁ~っ」って思ってしまいます。

鹿せんべいなしでここまでなついてくれたらOKですね(笑)。

13021004なかなかカワイイです。

もうこの時点で今回の奈良遠征は

目的達成に近い状態。

でもはしゃぎすぎてリハーサルや本番に

疲れないように気を使いました(笑)。

そして奈良といえば

前回12月のせんとくんとのツーショット写真が好評だったので

13021003今回もパチリ。

Facebookではもう公開していましたが

題:「再会」

雑踏の中、交錯する視線に

再会の喜びがにじみ出ているなかなかの作品です。

・・・やっぱりライヴ前に遊びすぎた感があります(笑)。

13021008さて本当の目的であるビバリーヒルズのライヴであります。

2回目の登場ということですが

まだまだどういうハコなのか

手探り感はあります。

京都や大阪に比べて

対バンでご一緒する方々もお会いするまで

どういうライヴをされるのか全く把握していないので

13021007_2その日の雰囲気も含めて

特に1曲目には気を使います。

ビバリーヒルズでは12月の時と同様に

『Your Smile』からスタートをさせました。

13021012_3これが良いのか悪いのかは正直わかりません。

ただ歌へ入り込むテンションとしては

一曲目からMAXへ持って行く形にはなりますので

どうなろうと納得は出来ます。

30分という短い時間の中で

自分が理想とする音楽世界を

その時の状況に応じて展開して

13021006_2新しい出会いがあればそれは最高。

そうでなかったとしても

常に自分なりのベストを尽くしていれば

残念には思うかもしれませんが後悔はしません。

ただ自分を信じて歌うことこそが

夢への近道だということなのだと思っています。

以前、ある人から『猫の手も借りたい』は

いつもやった方がいい!って言われた事があります。

その方にとって「これこそが安田仁の世界観」だと

感じてくださっているのでしょう。

きっとどの曲も自分から生まれたのですから

僕の世界観に間違いはありません。

しかし「安田仁にしか出来ない曲」と言われれば

やはり『猫の手も借りたい』をする事が

よりスピーディーに僕を知ってもらう方法なのでしょうね。

今日はコーラスで♪鹿の手も借りたい~♪を入れましたが

鳴き方がわからなかったので鳴き真似はしませんでしたよ(笑)。

でもこれこそがここでしか出来ない僕なりのスペシャル感なのです。

ビバリーヒルズさんは

また暖かくなった頃に行く事になりそうですが

この場所で僕はどんな出会いをみつける事が出来るでしょうか。

観ていただいた皆さんありがとうございました。

それと次の観光は東大寺だな・・・(笑)。

(セットリスト)

01.Your Smile

02.妹の友達

03.三日月の舟

04.Sunny

05.猫の手も借りたい

06.奇跡

|

« アイロンかけてました。 | トップページ | GET BACK TO 音楽室。 »

コメント

写真見て、鹿と仲良くなっている安田さんがなんだか無邪気ですね(笑)。

投稿: ちびまる | 2013年2月11日 (月) 14時40分

ちびまるさん
楽しかったもん(笑)。

投稿: 安田仁 | 2013年2月12日 (火) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/56739874

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿の手を借りた。:

« アイロンかけてました。 | トップページ | GET BACK TO 音楽室。 »