« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月27日 (水)

初の試み、打ち合わせ。

2月はライヴが少なかったけど

いろいろと忙しい日々でした。

レコーディングも少しずつ動き始めてきました。

そして3月。

様々な繋がりから記念ライヴで

数曲歌わせていただく事になります。

また16日の朗読会は初の試みで個人的に興味深い・・・。

夜にタカセガワブルースコーヒーへ行って

打ち合わせをしてきました。

僕は当然朗読をする訳ではないのですが

朗読のBGMを生演奏させてもらい

その日のコンセプトにあった歌を数曲歌わせてもらう事になります。

ロックや歌い込むような楽曲を弾き語ることは多いですが

”朗読”のイメージで考えると

僕の音楽のキャラの中では癒やされるような柔らかい楽曲が

役に立つのではないかと思います。

新しい路線なので

リハーサルをしっかりやって良いイベントになるように

頑張りたいと思います。

13022501さて、左の写真は

ライヴ活動史上最大の放送事故直後の

写真であります。

来月はバッチリと決めますので

その思いを忘れないためにアップしておきます。

皆様、来月もよろしくお願いいたします。

13022503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

いつも感謝の気持ちでいっぱい。

C13022508 『Match Box Live vol.65』、無事(?)終了しました。

この寒い中

本当に本当にたくさんのご来場ありがとうございました。

皆さんに支えられてライヴが出来ていること感謝しております。

言葉や文章にすると軽く見えてしまうかもしれませんが

それでもその気持ちは何かで伝えるべきだと僕は思っています。

だから何回でも書きますよ。

本当にありがとうございました。

最初に(?)マークを付けましたが

今日は非常にレアなライヴだったと思います。

来て下さった方だけの想い出にしてやってください(汗)。

今回はブログと連動した裏テーマのあるライヴでしたね。

Y13022501ネットをされていない方には

申し訳なかったのですが

こうしてブログをチェックしてもらい

ライヴに来ていただく事で

僕の音楽生活が「点」から「線」となって

よりライヴに来ることを

楽しんでもらえるんじゃないかと考えて試みています。

ニュー・カジノの音はいかがでしたか?

C13022507違いがわかったでしょうか?

リハーサルでかなり研究してみました。

今までのカジノも持って来ていたので

聴き比べたりしましたが全く違いました。

それが観客の皆さんの耳とって

良い方に転がっていたら嬉しいです。

リクエストもいくつか応えさせていただきましたよ。

K13022502正直ハードだったにも関わらず

普段やってない曲をやり過ぎた感は否めないのですが(苦笑)

そこも『Match Box Live』の挑戦だとすれば

やっぱり僕はやるのでしょうね。

性格だから仕方ない(笑)。

歌っていて感情移入してしまいがちな曲も多かったです。

K13022503_2 それもリハーサルでは気づかなくて

本番を進めていくうちにどんどん入り込む感じでした。

その頂点が今回は『君のいない部屋~Miss You』でした。

ただちゃんと伝えたかったんですよ。

来月の『Match Box Live』でもまた歌おうと思います。

バッチリ決められるように頑張ります。

K13022509ライヴの面白さと難しさは表裏一体。

そして自分がしたことがそのまま帰ってくる

因果応報の世界。

どんな時でも皆さんの声援に支えられて歌っていられる僕は幸せ者です。

これからもしっかり頑張っていきますね。

また来月も頑張ります!!

(セットリスト)

01.Good Morning Girl

02.Rock'n Roll Jesus

03.Rock'n Roll Music

04.Rainbow

05.Picture On The Wall

06.Sunny

07.この風に身をまかせて

08.約束

09.SNOW MAN

10.スパイラル

11.癒やしのボッサ

12.愛のモスキート

13.僕にさよならを言う事は

14.NO REASON

15.三日月の舟

16.SARA

17.Your Smile

18.無常の花

19.Crazy Paper Driver

20.二人はRUN AWAY

21.君のいない部屋~Miss You

22.奇跡

23.天使と悪魔

24.猫の手も借りたい

(アンコール)

25.少年の歌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

明日は『Match Box Live vol.65』ですよ。

明日は『Match Box Live』の日です。

よろしくお願いします。

ブログでも予告した通り

明日のちょっとしたお楽しみは

80年代のエピフォン・カジノを使用することです。

おそらく・・・ライヴではギターの事は言わないと思います(?)。

ブログを見てる人だけが

明日のギターの違いを見分ける?聴き分ける?事になります(笑)。

どこまで音作りが細かく出来るかわかりませんが

リハーサルで頑張ってみます。

これはあくまでも個人的なこだわりの部分ですね。

リクエストも全部ではないですが

いくつかは応えるつもりですので

してくださった方はお楽しみにしてくださいね。

質問みたいなのはあまりなかったので

今回はその場のトークで(笑)。

それでは皆さん、明日お会いしましょう!!

『Match Box Live vol.65』

場所:都雅都雅

開場:18時30分 開演:19時すぎ

前売:1,500円 当日:2,000円

(1フード1ドリンク別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

忍耐。

安田仁は今耐えております。

変な解釈はしないでくださいね。

とにかく25日の月曜日にエネルギーを発散できるように

今はとにかく耐えております。

パワー温存します。

ライヴ観に来てくださる皆さん

とにかく楽しみましょう。

たくさんのご来場お待ちしております。

『Match Box Live vol.65』

場所:都雅都雅

開場:18時30分 開演:19時すぎ

前売:1,500円 当日:2,000円

(1フード1ドリンク別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

『ピーポーナイトvol.70』。

ピーポーインザプラネッツのマンスリーワンマン

『ピーポーナイトvol.70』を観てきました。

まず70回という数字に対しておめでとうを捧げたいと思います。

都雅都雅マンスリーでいうと

『Match Box Live』の約半年お兄さんということになります。

そしてこの70回で『ピーポーナイト』は一旦お休みに入ります。

理由などはぎいちくんがブログに書いているので

ここでは書きませんが

長い音楽生活の中・・・いや長い人生の中では

立ち向かわないといけないことは誰にもあって

そのために音楽だってライヴだって出来ない時もあるってことです。

ピーポーナイトがワンマンになって一年

ほとんど観に行っていたので

始まる寸前にとても淋しい気持ちになりました。

お休みであって

やめる訳じゃないんだけど

きっと同じワンスリーをやっている者としての

複雑な心境が入ってしまったのだと思います。

でもライヴは全く湿っぽくなかった。

こんな気持ちを吹き飛ばしてくれてありがとう。

きっとピーポーインザプラネッツは

力強くなってステージに帰ってくると確信しました。

軽々しくは言えないだろうけど

やっぱり早く帰って来て欲しい。

これは友達への個人的な願いです。

それまで必死で僕も頑張ってるから。

・・・

レコーディングのほうは作業が非常に順調に進みました。

ピアノだけで歌おうと思っていた楽曲に

リズムをつけてみたら

とてもドラマチックな感じになりました。

ピアノにオルガン、ドラムとベース。

あとは彼にギターを弾いてもらおうかな。

連日の作業で少しずつ勘を取り戻してきたみたいです。

数日レコーディングをストップしなければならないのが惜しいです。

なんとか時間を作りたいですね。

僕の音楽を待ってくれている方への感謝を胸に

一生懸命頑張りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

こんな作業でした。

音楽室にて音調整・・・。

新しい曲のピアノの音を調整。

オルガンのフレーズを考えてレコーディング。

一度ミックスした曲の再ミックス。

リバーブやディレイなどのエフェクトをかけて

雰囲気を作る。

数値的なことや細かい作業方法がわからないので

以前書いてあった雑誌や専門書をひっくり返しながら画面とにらめっこ。

またサウンドを参考にしているCDを聴いたりして

近いモノにしようと悪戦苦闘。

前日にミックスした曲のギターの音量を再調整。

2本のギターを左右に振ってディレイで逆側に返して

空間を埋める。

部分的に歌詞を書き換える。

PCがデータの書き換えをしている間に

ライヴで歌う曲のピアノを練習。

今日も午前からレコーディングの続きを断続的にする予定。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

ライヴとチョコと録音と。

リクエストありがとうございました。

全てに応える事は出来ませんが

何曲かは歌わせてもらいますね。

セットリストもほとんど決まりました。

あとは細かい部分を調整して

美しい流れになるようにしたいと思います。

・・・

たくさんのバレンタインのチョコ

ありがとうございました。

やっぱりもらえないよりはもらえた方が嬉しいです。

一気に食べるとヤバいので(笑)

少しずついただきます。

・・・

昨日レコーディングしてCD-Rにやいたものを

聴きなおしています。

・・・4曲。

録音した様々な音をミックス調整する訳ですが

感覚でやっているもので

やっぱり技術者としての限界を感じます。

ここから粘るのが僕のやり方ではありますが

時間が掛ってしまいますね。

とにかく何度も何度も納得するまで

頑張りたいと思います。

・・・先輩方、相談にのってくださいね。

しかしながら、とてもM的ではありますが

それでも楽しいモノです。

自分が思った曲になっていく様は

ライヴとは全然違う楽しさがあります。

一日も早く聴いてもらいたいですが

ここはグッと我慢して

地道にやっていきたいと思います。

今週は『Match Box Live』の準備をしながらも

レコーディングは断続的に続けていきますので。

またレコーディング日記書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

ライヴ準備。

もの凄くレコーディングに時間を使いたいんだけど

そして2月は結構時間があると思っていたのだけど

もう『Match Box Live vol.65』の準備をしなくては・・・。

早いですねぇ、一ヵ月って(笑)。

いつも前日に最終リハーサルをするのですが

今月はそれが出来ないために

先手先手でやらないといけません。

今選曲を決めていました。

リクエストも少しずつ来ている感じです。

嬉しいのは

最近あまり歌ってない曲をちゃんと覚えていて

引っ張り出してくれる人がいるのは感動ですね。

セットリストは組んでいますけど

まだ変更するつもりなので

良かったら参加してくださいね。

これからは普段からリクエストにも応えたいと思います。

みんなで作り上げるライヴを楽しみましょう。

そして次の大リクエスト大会に備えましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

あれこれ。

13021201ちゃんとレコーディングをやっているのを

知ってもらうために

久しぶりにPCを撮りました。

今日も頑張ります。

何事も気合いが大切。

さて今月2月28日(木)18時10分より

昨年出演させていただいたNHK『京いちにち』の

”まるちライヴ”の総集編があるようで

僕の映像も少し流れるようです。

前回見逃された方も良かったら見てくださいね。

記念ですから(笑)。

M121126今月の『Match Box Live vol.65』ですが

もしもリクエストあったら

今週中(17日まで)にメールや問合わせから

曲名を送ってください。

その時にライヴで使用する

質問やトークテーマがあればそれも送ってくださいね。

よろしくお願いしま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

GET BACK TO 音楽室。

心機一転

音楽室に閉じこもってレコーディング。

どうしても完成させなければならない曲。

録音の勘が戻ってきました。

やっぱりずっとその事を考えてなければ

答えは舞い降りてくれません。

昔、ずっと昔

デモテープ製作が大好きで

四六時中曲作りのことを考えられていたあの頃。

今そんな時間が無くなってしまった分

集中して作品に取り組まなくては

いつまで経っても完成する事は出来ません。

今回のニューアルバムのためのレコーディングは

非常に繊細な楽曲が揃っています。

今までのノウハウが通用しない部分があります。

まだまだ勉強なのですね。

人生日々勉強なり(笑)。

明日も時間が許す限りやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

鹿の手を借りた。

13021001ライヴで奈良へ行くのは

まだ2回目とあって

小旅行気分な自分がいます(笑)。

今回はぜひとも鹿に会いたい・・・

という事でリハーサル時間より

大幅に早く奈良入りをして写真いっぱい撮ってきました。

13021002ライヴ中にも言ったのですが

奈良の方にとっては

何でもないような光景なんでしょうが

やっぱり普通の道路に鹿がいると違和感がありますね。

声には出しませんが「わぁ~っ」って思ってしまいます。

鹿せんべいなしでここまでなついてくれたらOKですね(笑)。

13021004なかなかカワイイです。

もうこの時点で今回の奈良遠征は

目的達成に近い状態。

でもはしゃぎすぎてリハーサルや本番に

疲れないように気を使いました(笑)。

そして奈良といえば

前回12月のせんとくんとのツーショット写真が好評だったので

13021003今回もパチリ。

Facebookではもう公開していましたが

題:「再会」

雑踏の中、交錯する視線に

再会の喜びがにじみ出ているなかなかの作品です。

・・・やっぱりライヴ前に遊びすぎた感があります(笑)。

13021008さて本当の目的であるビバリーヒルズのライヴであります。

2回目の登場ということですが

まだまだどういうハコなのか

手探り感はあります。

京都や大阪に比べて

対バンでご一緒する方々もお会いするまで

どういうライヴをされるのか全く把握していないので

13021007_2その日の雰囲気も含めて

特に1曲目には気を使います。

ビバリーヒルズでは12月の時と同様に

『Your Smile』からスタートをさせました。

13021012_3これが良いのか悪いのかは正直わかりません。

ただ歌へ入り込むテンションとしては

一曲目からMAXへ持って行く形にはなりますので

どうなろうと納得は出来ます。

30分という短い時間の中で

自分が理想とする音楽世界を

その時の状況に応じて展開して

13021006_2新しい出会いがあればそれは最高。

そうでなかったとしても

常に自分なりのベストを尽くしていれば

残念には思うかもしれませんが後悔はしません。

ただ自分を信じて歌うことこそが

夢への近道だということなのだと思っています。

以前、ある人から『猫の手も借りたい』は

いつもやった方がいい!って言われた事があります。

その方にとって「これこそが安田仁の世界観」だと

感じてくださっているのでしょう。

きっとどの曲も自分から生まれたのですから

僕の世界観に間違いはありません。

しかし「安田仁にしか出来ない曲」と言われれば

やはり『猫の手も借りたい』をする事が

よりスピーディーに僕を知ってもらう方法なのでしょうね。

今日はコーラスで♪鹿の手も借りたい~♪を入れましたが

鳴き方がわからなかったので鳴き真似はしませんでしたよ(笑)。

でもこれこそがここでしか出来ない僕なりのスペシャル感なのです。

ビバリーヒルズさんは

また暖かくなった頃に行く事になりそうですが

この場所で僕はどんな出会いをみつける事が出来るでしょうか。

観ていただいた皆さんありがとうございました。

それと次の観光は東大寺だな・・・(笑)。

(セットリスト)

01.Your Smile

02.妹の友達

03.三日月の舟

04.Sunny

05.猫の手も借りたい

06.奇跡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

アイロンかけてました。

130210 こんな時間までかかって

アイロンかけて

衣装選んで

いつもと変わらない服装で落ち着きました(笑)。

選曲は状況次第。

臨機応変に頑張りましょう。

尚、写真は買わないけどビッグボスで弾かせてもらいました(笑)。

起きたら奈良へ行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

寒かった。

寒かったですねぇ。

雪がチラついていました。

夜、外を歩いている頃が一番降ってたみたいで

傘をさしてバス停から家までの間だけで

服に雪が積もってビックリしました。

日曜日は少し暖かかったらいいのに。

鹿に会いたい(笑)。

選曲始めます。

2月10日(日)

場所:奈良ビバリーヒルズ TEL:0742-26-7444

(近鉄奈良駅から東向き北商店街を北へ徒歩2分。)

開場:17:30 開演:18:00

出演:安田仁/岩井比呂/sazanami/いしざき・サーカス・友翼/

前売り1,500円 当日:2,000円 (1フード1ドリンク別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

10日は奈良遠征。

さてさてギターのことばっかり書いているうちに

日曜日の奈良ビバリーヒルズが近づいてきましたよ。

前回はせんとくんにも会ったし

今回は早く行って鹿に会いたいなぁ。

まだ奈良でのライヴは2回目なので

どうしても京都方面からの応援に頼らざるをえません。

良かったら大仏見学のついでに

ライヴ見学もお願いします!!

2月10日(日)

場所:奈良ビバリーヒルズ TEL:0742-26-7444

(近鉄奈良駅から東向き北商店街を北へ徒歩2分。)

開場:17:30 開演:18:00

出演:安田仁/岩井比呂/sazanami/いしざき・サーカス・友翼/

前売り1,500円 当日:2,000円 (1フード1ドリンク別)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

カジノな気分(part4)。

4日も渡る『カジノな気分』

読んでくださってありがとうございます。

結局僕は最後に登場した80年代カジノを購入しました。

そして今まで使っていたカジノも

そのまま所有し続ける事にしました。

13020401これが僕が買った2本目のカジノです。

よろしくお願いします。

パッと見た感じでは

今までのカジノと全く同じな感じですが

おそらくライトが当たると今までのカジノよりは

黒く見えるんではないかな?と思います。 

中古としては30年物なのに表側はほとんど傷もありません。

13020502電気系統はちゃんとメンテしてもらったので

当分は大丈夫だと思います。

現在我が家はカジノ専門店のようになっています(笑)。

左が今までのカジノ、右が今回の80年代カジノです。

兄弟のようでしょ?

両方ともそれぞれカワイイですよ(笑)。

これは1本のギターを買うまでの2週間・・・

いや、因縁的に言うと20年近くのお話です。

誰かの車のように・・・

洋服のように・・・

僕にとってはそれがギターなのです。

今所有しているギターそれぞれに

こんな想い出がいっぱいあります。

ありがたい事に僕はそのギターを

すぐに見て聴いてもらえる場所があります。

これは本当に幸せな事です。

次はどんなギターかな?って

一緒になって喜んでもらえるなんて

こんな素晴らしいことはありません。

『Match Box Live』は

ある意味、”勉強会”的なショーでもあります。

2月25日『Match Box Live vol.65』ではこのカジノを使いたいと思います。

見た目が同じなので

今のところとり立てて今回の事を言う予定はありません。

ただブログを読んだうえで

ライヴを観に来てくださった方だけの

隠れた楽しみにしてくれたら良いです。

今までのカジノと新しいカジノ・・・

音の違いがわかればきっとまた違う喜びがありますよ。

(おわり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

カジノな気分(part3)。

悩み続けて2週間

やっぱり無理してでも買おうかと

心に決めかけていた僕に「待った!」がかかりました。

そして目を疑ったのでした。

きんこう楽器の中古コーナーに

エピフォン・カジノが2本入荷していたのです。

これはビックリ・・・やっぱり強い念が呼びよせるのでしょうか?

まるで長い修行を辿り着くまでの最終関門のように(笑)。

ただこの中古品が最近の生産ラインによる

普通のカジノならばそのままスルーです。

買う必要なんて全くありません。

しかし、これが違った訳です。

エピフォン・カジノは年代によって

その価値が変わってしまうほどの違いがあるのです。

これについてはネットでかなり研究されているので

興味のある人は検索してみてください。

アメリカ製、日本製、韓国製、中国製などがあります。

・・・で、結局きんこう楽器に入荷していたのは

13020402 どうも80年代、日本のマツモク工業が製作した

ベージュラベルのエピフォン・カジノだったのです。

この後に位置するのが

僕が所有する90年代、寺田楽器製の国産カジノです。

ただこの二つのカジノの間にかなりの仕様変更があり

ネックの太さ、ネック・ジョイントの位置、微妙なボディシェイプ・・・。

もちろん音も違うでしょう。

これは試奏する価値があるようです。

僕は慌ててそれを弾きに行ったのです。

自分のカジノも含めてこの3本の違いをどうしても確かめたくって。

ネックがしっかりしていて違いました。

フルアコなのにそれなりの重量感。

そして何より、ジャ~~ン♪・・・「音が違う!」

これは衝撃でした。

それはビートルズのカジノと同じ音でした。

前に書いたように僕のカジノはこの音が出ませんでした。

そう考えると、Elitistカジノもこの音は鳴っていなかった。

そうなのです。僕が弾いた3本のカジノは見た目が一緒なのに

音はどれも違ったのです。

大宮のきんこう楽器から荒神口のよしや楽器

そしてもう一度きんこう楽器へ戻ってまで確認しました(笑)。

それはもしかするとたまたまな個体差なのかもしれません。

優等生な音を出すElitist。

憧れたあの音に近いマツモク製。

そして20年の付き合いの寺田楽器製。

もう僕がどうしたか、わかりますよね?

さぁついに決断の時です。

あと一日お付き合いください(笑)。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

カジノな気分(part2)。

これまでにも2回ほど

中古のカジノを見つけては買わずにパスした事がありました。

その時のやつもとっても良いなぁっていう印象がありました。

自分の持っているのよりもしっくりいく感じがして・・・。

でもその都度思ったのは

自分が所有するこのカジノでなんとかならないものか?ということ。

それは裏を返せば

そこまでカジノに求めていなかったということだったんでしょう。

ソロが多くなってからの僕はアコースティック・ギターが主流になってきたし

エレキだってレスポールやフライングVなど

重要なライヴで弾くギターはそちらが選ばれる事がほとんどだったのです。

エピフォン・カジノは言うなれば

僕の個人的な趣味の領域とでもいいましょうか・・・

そんな位置付けだった訳です。

それが『Match Box Live』でのエレキギターの一人ロックが始まってから

急にカジノの登場回数が増えてきました。

毎月、どのギターを弾くかチョイスするのですが

ついついカジノを選んでいる自分に

やっぱり好きなんだなぁ、と思ってしまったのです。

『Rainbow』の時のクリーンなサウンドを作る時

『アンブレラ』や『WEDNESDAY』のトーンコントロールが細かい曲で

特にこのギターを弾くのが大好きなんです。

歪みも嫌いじゃありません。

結局はビートルズの音にはなりにくかったですけど

カヴァーもかなりの数やりましたよ。

この時だけは中学生の時のまま(笑)。

最近ではイベントでビートルズを歌うよう頼まれる事も多いので

カジノをもっていく事が多いです。

それはビートルズっていう見栄えの問題ですよね。

ボディの丸みのおかげで腕の位置が決まりやすく

歌いながら弾くにもとてもイイ感じだったりするんですよ。

僕はやっぱり無意識にエピフォン・カジノを選んでいるのです。

買うか買わないかを考えているうちに

自分がこのギターに憧れていた頃の事がいっぱい想い出されてきました。

それから20年近く

ライヴやレコーディングでも使っていたし

一時期貸し出していた時もあるけれど

やっぱり返ってきた時は嬉しかったなぁ。

返ってきてすぐのライヴではカジノを使ったし

BUNNY CLUBがスリーピースになった時期にもカジノで頑張った。

ボディを見たらいっぱい傷があって

大事にするというよりは使いまくったけど

それが勲章のようで誇らしくも感じたり・・・。

そう思うと、この長年使ってきたカジノを

下取りで手放して新しいのを購入なんて

やっぱり思えなかった。

金額的にはめちゃくちゃ高額ではなかったので

そうなるとカジノの2台持ち・・・。

同じものを持つということは明確な理由がないと

自分的にイヤだったので

踏ん切りがつかないうちに

正直売れてくれないかなぁって思っていました(笑)。

なのに運命の悪戯・・・それから2週間

僕の思いをよそに

よしや楽器のElitistカジノは売れずに残っていました。

それどころかここにビックリするような一本が現れたのです・・・。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

カジノな気分(part1)。

僕がまだ中学生の頃

物凄く憧れたエレキギターがありました。

”エピフォン・カジノ”というギターです。

キッカケは、まぁ当たり前のようにビートルズなんだけど

やっぱりカッコ良く見えました。

下敷きにエピフォンのチラシを入れていた時期があるほどで

本当に欲しかったんだなぁ・・・。

でも当時10万円を超えるギターなんて高価で買えなかったし

試奏させてもらう勇気もなかった。

だからずっと憧れのまんまで諦めていました。

Guitar003 その後色んなギターと出会って

カジノの事も忘れかけていた時

多分1996年頃にJEUGIAで

国産のカジノって謳っていた一本を見つけました。

もうどうしても欲しくて・・・。

それで買ったんです、エピフォン・カジノ。

正直音がどうとか、当時のエピフォンは・・・

なんて事全くわからなかったけど、とっても嬉しかった。

そのカジノが今『Match Box Live』でよく弾いているヤツです。

あの頃に比べると僕も耳が肥えてきたのでしょう。

また色んなギターを知るようになった事で

ただ憧れのギターだからという理由だけでは満足いかなくなったのも事実。

思い入れのあるギターだからこそ

ネットや本で、事あるごとに調べていました。

するとこのエピフォン・カジノには

時期によって様々な仕様がある事がわかったのです。

06122502

僕の持っているカジノは90年代の日本製で

寺田楽器が製作したものらしく、ネックが非常に細い。

実は僕の悩みはこのネックが細いという部分なのです。

他のカジノを弾いた事がなかったので

こういうものだと思い込んでいたのですが

近年数本のカジノを弾いてみると

自分のカジノのネックのあまりの細さにビックリ!!

と同時に年代別による音の違いにも驚いた訳です。

時代によってネックがメイプルであったりマホガニーであったりで

非常に音に影響が出ているのがわかりました。

そしてよくPAの丸山さんと話していた

ビートルズ特有のあのギターの音が

僕のカジノでは鳴らないことがよくわかりました。

一時期フラットワウンドの弦を使ったりしたんですけどね。

これは現エピフォン・カジノの上位機種、Elitistでも少し違う気がします。

Elitistはバランス良く音が鳴っていますから

良いギターには間違いないですが・・・。

今から2週間ほど前

僕がいつも行くよしや楽器に顔を出すと

エピフォン・カジノのElitist、それも新品同様が入荷していました。

それを見つけて僕の心は

あの中学時代を想い出したかのように激しく揺れてしまったのでした。

(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

2月です。

2月です。

今月のライヴは2本。

最近にしては少ないですね。

まぁ、体調面のこともありますし

レコーディングも進めたい所なので

ゆっくりとペースを掴めたらなぁって思っていますよ。

まだまだ寒い日も続きそうですし

皆様も身体にはくれぐれも気をつけてくださいね。

(2月ライヴスケジュール)

2月10日(日)

場所:奈良ビバリーヒルズ TEL:0742-26-7444

開場:17:30 開演:18:00

出演:安田仁/岩井比呂/sazanami/いしざき・サーカス・友翼/

前売り1,500円 当日:2,000円 (1フード1ドリンク別)

2月25日(月)

『Match Box Live vol.65』

場所:都雅都雅

開場:18:30 開演:19:00ごろ

チケット:1,500円(1フード1ドリンク別)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »