« ボクの宇宙・レビュー(彪立篤史さん編)。 | トップページ | 荒治療。 »

2011年9月26日 (月)

『タイムトラベラー』

”光よりも速いスピード”

これが一体何を意味するのか・・・。

物質は光の速さに近づくに連れて時間の進みが遅くなり

光速と同じ速度になると時間は止まる。

という事は

光よりも速いスピードという実験結果をもたらした素粒子ニュートリノは

過去を旅しているのかもしれない。

この考え方がタイムマシンを可能にするかも?

という部分へと発展しているらしいのですね。

なんと夢世界のような

ワクワクする話題なんでしょう!!

空想の世界と思われていたタイムマシンや宇宙論が

実際の研究材料として

毎日のようにニュースになって駆け廻っています。

僕自身、ここ数年ニューアルバムのネタ収集のために

この手の資料を集めていたので

今更ながらに「なんて自分にとってタイムリーな話なんだ!」と驚いています。

まさしくニューアルバムの実質的なラストナンバー

『タイムトラべラー』の世界観です。

”タイムパラドックス”や”パラレルワールド”のような

過去や未来のつじつまを合わせるために作られたような空想的言葉さえ

一気に現実的な研究対象にさせてしまうような出来事ですね。

ちなみに『スペースマン』でも

”時の歪み 光の速さ”という歌詞を書きましたよ。

このタイムリーさに自分自身で誇りに思います(笑)。

僕ら凡人の頭では理解出来ないような話ですが

非常に夢のあるニュースだなぁ。

そういえば、アルバムが完成したその後も

この手の本やテレビがあると

気になるようになってしまいました。

で、今読んでる本がまさしくそんな本なので紹介しておきます。

NHK出版の「パラレルワールド」という本です。

非常に難しい本ですが

普通では理解しにくい宇宙理論を

読み手に理解させようとすごく努力してくれています(笑)。

正直どんどん読むことが出来ないのですが

ゆっくりでもいいから、しっかり読破したい一冊です。

この毎日のように明かされていく宇宙や科学の新しいニュースと共に

読み進めていくと本当にワクワクしますよ。

興味のある方は是非『ボクの宇宙』をBGMに読んでみてください(笑)。

|

« ボクの宇宙・レビュー(彪立篤史さん編)。 | トップページ | 荒治療。 »

コメント

僕も今日、京都新聞に出ていたニュートリノの記事を
熟読してしまいました。
ほんと、「タイムトラベラー」な話題ですねhappy01

投稿: kozy | 2011年9月26日 (月) 10時06分

kozyさん
ワクワクしますよね!!
あまりにもタイムリーで笑ってしまいました(笑)。

投稿: 安田仁 | 2011年9月27日 (火) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/52833338

この記事へのトラックバック一覧です: 『タイムトラベラー』:

« ボクの宇宙・レビュー(彪立篤史さん編)。 | トップページ | 荒治療。 »