« 3年半ぶりの復帰!! | トップページ | アコギの王様。 »

2011年4月28日 (木)

エルヴィス・コステロの音楽番組。

先日『エルヴィス・コステロ・ウィズ・スペクタクル!』という

ブルーレイ・ボックスを買いました。

エルヴィス・コステロがホスト役となって

ゲストとトーク&パフォーマンスを繰り広げる音楽番組です。

そのゲストが多彩で

エルトン・ジョン、ポリス、ハービー・ハンコック、ジェームス・テイラー

クリントン元大統領(!笑)、などなど・・・

その音楽性の幅広さに驚かされる訳です。

アメリカで放送されたこの番組の1シーズン(全13回)がパッケージとなっており

あまりに内容が濃いので少しずつ見ているのですが

今日はトニー・ベネットの回とルー・リードの回を見ていました。

(この2人がゲストというだけでも番組の音楽性の広さがわかると思います。)

とにかくアーティストがアーティストへ質問するので面白いし

コステロの音楽への貪欲さがよくわかります。

トニー・ベネットが突然

客席にいたコステロの奥さんであるダイアナ・クラールを呼びだし

ピアノを弾かせたり・・・ダイアナ・クラールの緊張感が伝わります(笑)。

トークでは

コステロ:「大嫌いな曲ってありましたか?」

トニー・ベネット:「どうしても歌いたくない歌があって断った。

それが”この素晴らしき世界”でルイ・アームストロングで一位になった。」

・・・なんて話も。

ルー・リードの回は名曲「スイート・ジェーン」のギター・コードの秘密を実演。

興味深いやりとりとしては

コステロ:「歌の登場人物と同一視されてイヤじゃない?」

ルー・リード:「幸せな曲だと、同一視されないよ。共感もされない。」

ここから歌詞の話に入っていきます。

そしてコステロとルー・リードのデュエットもカッコイイ!!

かなりイイ買い物だったと思います。

他のゲストの回もまたそのうち報告しますね。

|

« 3年半ぶりの復帰!! | トップページ | アコギの王様。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/51512743

この記事へのトラックバック一覧です: エルヴィス・コステロの音楽番組。:

« 3年半ぶりの復帰!! | トップページ | アコギの王様。 »