« ライヴ観戦・その3 | トップページ | 一番目、いかせてもらいます。 »

2011年3月20日 (日)

ライヴ観戦・その4

書きそびれていたのですが

先日、はらみねこさんのワンマンエンターテイメントライヴ

”あなたの隣にはらみねこ”にも行ってました。

Img_3426 はらさんは「都雅都雅の最終兵器」と言われる個性派アーティスト。

彼女との出会いもやっぱり3年ほど前になります。

はらみねこ誕生秘話っていうのがあって

彼女はライヴ経験もなかった普通の社会人だったのですが

「ライヴをさせてください」と都雅都雅広瀬氏の所へ突然行ったそうな。

それだけでも勇気ある行動だなぁと感心するのですが

Img_3453 広瀬氏も「おもしろそうだ」と早速ライヴをさせたと言うのですから

その器の大きさにも驚かされる訳です。

ただライヴデビュー後に

「わからん事は仁に聞け」と振ってきたものですから(笑)

そんな事情で僕とはらさんは音楽上の兄、妹のような感じになったのです。

この3年間、彼女は個性的な楽曲を武器に

他のアーティストから一目置かれる存在になりました。

Image1461そしてついに初ワンマンライヴを行う事になりました。

飾り付けられた都雅都雅、みねこワールドへようこそ(笑)。

今日ははらさんの3年間の集大成です。

この初々しさに自分の初ワンマンを思い出します。

初めてのワンマン・・・やっぱり自分のやりたい事がいっぱい詰まっています。

Img_3486 弾き語り、打ち込み、ダンスもある。

そしてカラ回りもあるし、緊張もある。

ワンマンはとっても成長出来るチャンスです、

その経験が次のエネルギーにもなります。

Img_3465 歌って、踊って、笑って、泣いて。

今まで30分のライヴをやっていた人が

2時間やる事の大変さ・・・でも楽しい(笑)。

こんな大変さなら全然平気!!と言わんばかりに頑張ってましたよ。

お兄さんはハラハラしながら観ていました(笑)。

Img_3478

彼女は音楽に関してとても勉強熱心です。

だからきっと次回はもっと凄いワールドを築くことでしょう。

お疲れ様でした。

これで「はらみねこ第一章」は終わり。

さぁ、次のワンマンへ向けて「第二章」が始まります。

僕は彼女を「京都のフレディ・マーキュリー」と呼んでいます(笑)。

他のアーティストたちが欲しがる個性を天性で持っている彼女は

それを武器にいつかトンデモないデカイことをしそうな予感がするのです。

僕も置いてかれないようにしないと(笑)。

(写真提供:あやねさん)

|

« ライヴ観戦・その3 | トップページ | 一番目、いかせてもらいます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/51156810

この記事へのトラックバック一覧です: ライヴ観戦・その4:

« ライヴ観戦・その3 | トップページ | 一番目、いかせてもらいます。 »