« バンドは逃げる。 | トップページ | バンド・オン・ザ・ランの2日目。 »

2010年11月 4日 (木)

バンド・オン・ザ・ランの1日目。

101104 ついに購入しました。

ポール・マッカートニー&ウイングス/

バンド・オン・ザ・ラン(スーパー・デラックス・エディション)です。

大きな写真のアルバムのようなケースを見ていると

ポールの個人的な写真やプライベート映像を見せてもらっているようです。

そして、移籍に伴う再発売だとわかっていても

ポールの音楽を後世に残していこう&総括みたいな気がして・・・

少しセンチメンタルな気持ちにもなってしまいます。

しかしながら、ビートルズ時代に比べると

世の中から比較的冷たい待遇だったビートルズ以後の作品がこうして

脚光を浴びるのはファンからしてみるとやはり嬉しいモノですね。

さて今回のリマスター、ビートルズと同じように

極力ノイズ除去やリミッター処理はしていないようです。

劇的な音の変化というのは25周年記念盤と比べて

今のところ感じられないのですが

やはり音のクリアーさはハッとした時に感じます。

例えば手拍子の厚みであるとか、アコギやパーカッションの高音など

レンジの広がり立体感は割とすぐにわかります。

やはり録音した音を正しく残す、と言ったコンセプトなのでしょう。

とにかく一番最初のリマスター(93年)はひどかったので

こうして良い音になって再発されるのは非常に嬉しい(笑)。

それを噛みしめる第一日目。

金額が高い分だけブログのネタも数日使わせてもらいまっせ(笑)。

|

« バンドは逃げる。 | トップページ | バンド・オン・ザ・ランの2日目。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/49930510

この記事へのトラックバック一覧です: バンド・オン・ザ・ランの1日目。:

» ポール・マッカートニー 11 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.01532 ポール・マッカートニー&ウイングスのオリジナル・アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』(1973年) 3日連続で、ポール・マッカートニーをお贈りしています。 今日はポールの「最高傑作」として、名盤の呼び声高いこのアルバムです。 ポールの....... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 09時50分

« バンドは逃げる。 | トップページ | バンド・オン・ザ・ランの2日目。 »