« 『青盤』を聴いて。 | トップページ | ディランのデモ・テープ。 »

2010年10月30日 (土)

あの時、クラプトンは疲れちゃったんだな。

ライヴがない間は、今のうちに!と言わんばかりに音楽を聴きまくります。

今回はレコーディングもしてないので

資料的な意味合いもなく、好き勝手に聴けるのが嬉しい(笑)。

で、最近聴いてなかったCDを物色していると・・・『CREAM』が。

クリームと言えばエリック・クラプトンが60年代後半に在籍していた伝説のバンド。

今のクラプトンからは思いもつかないほどアグレシッヴで

ニュー・ロックと言われた3ピース・バンドなのであります。

僕はかなり昔、クリームばかり聴いていた頃がありましたが

随分と聴いてなかったなぁ。

寝る前、移動時間、休憩時間を通してアルバムを聴き直していますが

今回一番熱く聴いているのが『ライヴ・クリーム』というアルバム。

実はこのアルバムだけ、昔買っていなかったので

今回購入して聴いてみたのです。

このライヴ盤、一曲が長いねぇ!!

ドラム、ギター、ベースが闘うような即興演奏の嵐ではないか!!

歌もギターもベースもドラムも、全てが平等。

歌モノ伴奏って何?みたいな。

ライヴ演奏の密度で言うと『クリームの素晴らしき世界』のDisc2よりも

こっちの方が好みです。

確かにこんな演奏続けてたら

バンドも2年半しかもたない気持ちもわかりますね。

闘い続けるジンジャー・ベイカー(ドラム)とジャック・ブルース(ベース)の間で

疲れ切った若きクラプトンが思い浮かべられます(笑)。

それにしても、わかりにくいけど

ジャケットのクラプトンがもってるギター

ギブソンのファイヤーバードがカッコイイな(笑)。

ちなみに唯一のスタジオ録音、『ローディ・ママ』は『ストレンジ・ブルー』と

バッキング・トラックが同じ。

アウトテイクのおまけって感じ・・・別にいらなかったな(笑)。

|

« 『青盤』を聴いて。 | トップページ | ディランのデモ・テープ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/49881528

この記事へのトラックバック一覧です: あの時、クラプトンは疲れちゃったんだな。:

« 『青盤』を聴いて。 | トップページ | ディランのデモ・テープ。 »