« 記念日は過ぎ去っても。 | トップページ | 新人きどり。 »

2010年10月21日 (木)

『赤盤』と『青盤』。

ビートルズのベスト盤、通称『赤盤』&『青盤』が

リマスター盤として発売されました。

実は僕が最初に買ったカセットテープ(!)がこの2作品でした。

ビートルズの入門編として何が良いか?

年齢が上のお兄さんに尋ねたところ

ジャケットの絵まで書いて「こんなヤツがあるからそれを買い」と

教えてもらったのでした。

早速次の日に買いに行って・・・

それから僕は音楽から離れられなくなってしまったのです。

そんな想い出の作品が良い音になって帰って来る。

あの初めて聴いた『赤盤』の曲順は今でも心に残っています。

その後、オリジナル・アルバムの曲順に慣れてしまったけど

最初は違和感がありました。

「プリーズ・プリーズ・ミー」のあとは「フロム・ミー・トゥ・ユー」でしょ!!みたいな(笑)。

2000年ごろに発売された『ビートルズ1』も聴いたけど

選曲に全く納得しなかった。

正直言って、

『青盤』に収録されている楽曲はアルバムで聴くべきだと今でも思っています。

でもやっぱりビートルズ最初に聴くなら何?

って聴かれたら・・・僕が教えてもらったように『赤盤』『青盤』って言うかな。

曲数が多いって?

全く関係ない!!ビートルズに限っては曲数の苦痛は全く無縁です。

年内は値段が安いらしいですよ。

まだ買ってない人は是非どうぞ。

|

« 記念日は過ぎ去っても。 | トップページ | 新人きどり。 »

コメント

友達の用事でタワレコ行って…
赤盤青盤があって…

買うてもた…orz
やってもた……

投稿: たけだぁ | 2010年10月22日 (金) 10時21分

たけだぁさん
ハハハ(笑)。
やってもうたんや。
我慢するはずやったのにね。

投稿: 安田仁 | 2010年10月23日 (土) 21時17分

初コメントです。

初めて買われたのが「赤盤」と「青盤」のカセット・テープだったというところが奇遇ですね。

僕の場合はまず母の持ってた「青盤」の市販のカセットを聞いて、次に前期のベスト盤「オールディーズ」のLPを買ってどんどんビートルズにハマッていったものです。中学生のころの話ですが…。

今回のリマスターはまだ買ってません。
輸入盤で両方セットのが出てるのでそれにしようかな、って考えてます。

投稿: ガイゼル・まちゃ | 2010年11月 1日 (月) 15時30分

ガイゼル・まちゃさん
初コメントありがとうございます。
ビートルズがリアルタイムではない人にとって
「赤盤」「青盤」は彼らに触れる最初のアイテムとして
やはり大切な作品のようです。
輸入盤はセット売りもされてるみたいですね。
僕は日本盤を買いました。
オリジナル盤ばかり聴いていたここ数年、
久しぶりにこの曲順で聴いて、中学の頃を思い出してしまいましたよ(笑)。
やっぱりビートルズは僕の出発点です。

投稿: 安田仁 | 2010年11月 1日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/49800598

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤盤』と『青盤』。:

» ビートルズ 5 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00247 ビートルズの2枚組ベスト・アルバム『1962−1966』(1973年) 通称“赤盤”です。 アルバム・タイトル通り1962年から66年までのビートルズの代表曲を2枚組26曲に収めた、前期ビートルズを知るための決定版ベスト・アルバムで....... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 15時57分

« 記念日は過ぎ去っても。 | トップページ | 新人きどり。 »