« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

復帰。

一か月ぶりのライヴです。

ドキドキしています。

「ライヴ行きます。」

「頑張ってください。」

「元気もらいに行きます。」

「体調大丈夫?」

こんなに皆さんに気にしてもらって

いつも言ってるように幸せ者です。

たった一か月のお休みでも

待ってくれていた人がいるなんて嬉しいです。

みんなといい時間を過ごしたいな。

お待ちしていますね。

5月31日(月)

『Match Box Live vol.32』

開場:18時半 開演:19時ごろ

場所:都雅都雅(四条寺町下がるカメラのナニワB1F)

前売:1,500円(1フード1ドリンク別)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

15年の重み。

BUNNY CLUBが結成して15年が経ちます。

その間で1ヵ月近い休暇というのは実は初めてではないかと思うのです。

実際4人で顔を揃えたのはレコーディングの最終調整以来です。

それまでの間、各メンバーいろいろな事がありました。

僕はライヴも練習もなかった代わりにレコーディング詰めでしたね。

さて、再会された今日の練習から15周年のライヴに向けて走って行く訳です。

10月17日のライヴまでにBUNNY CLUBは2本ほどライヴがありそうです。

そのライヴをこなしながら、様々な企画を練って行きたいと思います。

久しぶりに合わせた音は戸惑いもあるけど楽しいものです。

鈍った勘はすぐに取り戻せるさ。

15年前にやってた曲なんかもやってみよう。

今の自分たちならこんな風に演奏するよ。

それはスマートではなくとも15年培ってきた経験の重み。

10月17日は必ず時間を空けてくださいね。

お祝いですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

アイ・ラヴ・カジノ。

いい天気だなぁ。

釣りに行きたい(笑)。

最近こればっかりですね(笑)。

ライヴ前は釣りには行きません。

体調崩すといけませんから。

今セットリスト作成&練習中です。

今年に入ってからエレキギターはエピフォン・カジノをよく使っています。

100529 カジノの良さがわかる年代になりました(笑)。

『Match Box Live』恒例のエレキ弾き語りコーナーは

バンドでエレキを弾く時よりも細かい音設定が出来ます。

それによって僕自身も

エレキギターやエフェクターの面白さを再確認しています。

一人だから出来る事

一人だから補う事

一人だから捨てる事

そういうものが見えてきたからこそ、とてもやり甲斐があるのです。

先月、BUZZのライヴで初めてエレキ弾き語りを

『Match Box Live』以外の方に観てもらったのですが

結構インパクトがあったようです。

これをしっかり身につける事で

ステー上でのアイデンティティの確立出来る気がします。

これからもたくさんの方に観てもらえるように頑張りますね。

さて今週は少し悲しいお知らせがあって

色々考えさせられる事もありました。

ひとつひとつのライヴや作品を悔いなく作る事

そして元気を与えるパフォーマンスをする事

僕がすべきことはコレです。

頑張っていきましょう!!

5月31日(月)

『Match Box Live vol.32』

場所:都雅都雅

前売:1,500円(1フード1ドリンク別)

スタート:19時過ぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

ライヴで新曲。

今月の『Match Box Live』で

新しいアルバムに収録予定の曲を

4曲ほどやってみようかと思います。

とは言っても、以前にやったこともあるものだったり

毎月のレパートリーになったりしている曲もありますが・・・(笑)。

1曲だけは完全に初出し曲です。

うまく歌えるように練習します!!

今回はちゃんと歌う前に「これは新しいアルバムに入ります。」と言いますね。

『Match Box Live』では少しずつ情報を公開していきますので

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

差し替える。

新しいドラム音源を購入するする前に完成していた曲のリズムを

差し替えています。

正直、「完成!!」と心で思っている訳で

それをもう一度やるというのはかなり精神的にも辛いのです。

まぁ、とにかく今日一日かかってやってみようと・・・。

当然の事ながら差し替えてみて効果がさほど出なければ

無駄な一日になるのですが

やってみて先ほど完成。

・・・フフフ、無駄ではなかった(笑)。

コレ、このちょっとした違いからくる喜びの感覚って

これから聴いてもらうリスナーには

わかってもらえないんだろうなぁ(苦笑)。

でもいいのだ。

音楽や芸術のこだわりなんて、そんなものだよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

ライヴの準備をしなくちゃならない。

新曲のレコーディングが始まりました。

10曲目です。

今回の曲は頭の中でほぼアレンジが鳴っているので

悩む事はないと思います。

ラフにレコーディングしてリズム、ギター、ベースまで録りましたよ。

問題は完成した時点でアルバムのどの位置に入るか、ですね。

今考えているイメージとはちょっと違う場所になりそうです。

ちなみに今回の曲のタイトルは「スペースマン」です。

ただ、そろそろライヴの準備をしないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

雨の中の付き人。

大雨の中、

京都上七軒歌舞練場(かみしちけんかぶれんじょう)へ行って参りました。

上七軒歌舞練場は「北野をどり」などの行事が有名な多目的ホールとして

明治時代に建設されました。

このほど建物の耐震補強修復工事が終わり

それ以後、様々なイベントが行われているようですが

5月23日「関西歌匠コンサート」という歌謡コンサートが開催されました。

当然お客さんで行ったのではなく、父親の付き人状態です。

今回のコンサートは関西で活躍する歌手の方々と

韓国で活躍されている歌手の方々の計6組が

韓国歌謡を歌い競演するという企画で昼の部と夜の部がありました。

実は今回、僕個人としても付き人だけではなく

非常に関わりが深いイベントに・・・なりかけていました(笑)。

草案の時点では・・・僕も出演者の中に入っていたのです(驚笑)。

様々な状況を考えた結果、辞退させていただいたのですが

その代わりに父、原こうじの全面サポートをすることにしたのです。

本番までの練習用オケ・アレンジや作製

そして譜面起こしという、普段では絶対しない作業を

経験させていただく事になったのです。

3月か4月に書いたであろう”ボヤキ”ブログは実はこの事だったのです(笑)

しかしながら終わってしまうと

やはり経験値として自分に加算されている事に気付きます。

この韓国歌謡のオケ製作が、非常に今のレコーディングに役立っているのです。

そして譜面作製がBUNNY CLUBのスタジオレコーディングに役立ちました。

今考えれば偶然のような・・・運命のような神様のお導きだったのですね。

表舞台ではなかったですが凄い自信になりました。

出演者・スタッフの方々とも交流出来ましたし、良かったと思います。

大雨だったので荷物運びも大変でしたが

きっと観に来られたお客様も大変だったでしょうね。

皆さん、お疲れ様でした。

これで僕もやっと自分の作業に集中出来ます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

誕生日複雑。

もう本当に誕生日と言っても嬉しくありません(笑)。

売れないミュージシャンには

ただただ時間の圧迫感が辛いだけです(苦笑)。

・・・とは言っても「おめでとう」と言ってもらえるのは嬉しいものです。

個人の気持ちよりも祝ってもらう喜びの方が断然上なのです。

まぁ、複雑な気持ちもあるので戯言と察してやってください(笑)。

久しぶりに松本カトリーヌの店へ行ってきました。

自分への誕生日プレゼントを衝動的に買う事にしました。

100523_3 エフェクター”MXR CLASSIC 108 FUZZ”です。

店で色々ファズを弾かせてもらいました。

ファズというのはディストーションやオーヴァードライヴなどの

ギターの音色を歪ませるモノの一種で

その類では最も原始的な粗めのサウンドが特徴です。

ファズの使い手で最も有名なのはジミ・ヘンドリックスです。

このファズは弾いたモノの中で最もマイルドな感じでした。

独特のファズトーンも残しながら、色んな曲でも使えそうな感じです。

他のモノもファズとしてはいい感じだったけれど

飛び道具的で使える場所が限られていたり

また、原始的なファズのクセに細かすぎる設定だったり・・・。

そういった中でも自分の音楽にまだ使えそうで昔ながらのファズっぽいモノを

以前から欲しかった勢いにまかせて買ってしまいました。

最近はレコーディング機材ばっかりだったので

ずっとライヴに使えるもの一品を探していたので楽しみです。

今度の"Match Box Live"で使ってみようと思います。

こうやって楽しみや遊び心を持続させていくのです(笑)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

踏ん張り時。

はぁ、息切れしてきました・・・(苦笑)。

釣りに行きたい。

GWで釣った41cmが忘れられません(笑)。

さて先日、カワショウとじょーじがやって来まして

それぞれと別の作業をしたのですが

さすがに疲れてしまいました(笑)。

そこにきて自分の作業もあったもんですから・・・。

ちょっといろんな事をやり過ぎかな?なんて思ってしまいましたね。

カッコよく言うとワーカホリックってヤツです(笑)。

好きな音楽なのにそれで体調崩したら意味ないですもんねぇ。

でもね、

ずっと思うように音楽活動が進まなかった頃を考えると

今、自分がしている作業がすべてに意味がある事に感謝してるんですよね。

まだまだ野望はあるけれど

とにかくそこを認めないと始まらないのです(笑)。

ここが踏ん張り時なのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

もう迷わない。

今、ブログが活き活きと見えるのは

レコーディングの充実感を皆さんに知ってもらいたいから。

おそらく言霊になって読んでる人に伝わっている事と思います。

一点の曇りもなく僕は自分の作品に没頭している訳です。

作品作りに悩む事はあっても

作品を作る意味について迷う事がないのは大きい。

それはそういう悩んだ時代を通ってきたから余計に感じる事なのです。

「作って何になるのか?」

虚し過ぎる自問自答に答えを出せないまま

それでも好きだからやってきた音楽を

やっと自分が目指したスタンスに近い形で出来る幸せ。

そして応援していただける幸せが僕に新しい音楽を作らせているのです。

僕自身は誰かに師事した事がないため

独学ですし、少しずつしか進歩できていませんが

自分でみつけた発見は誰よりも大きな喜びとなって

僕の音楽道を長く楽しいモノにする役目を担っています。

今までも新しい作品は「今までで最高の作品」と思って作ってきました。

機材も変わり色々な面でレベルアップすることになるでしょうが

「音がイイね」じゃなく「曲がイイね」と言われるようにしたいと思います。

安田仁が作る”夢”のあるポップ・ミュージックです。

前作『FLASH BACK』は2000年代のベスト的な意味合いが大きいので

オリジナル・アルバムとして

『GET BACK TO THE FINE DAY』を超えるような作品を作るように頑張ります。

かなり至難の業ですけどね・・・自分でも納得のアルバムだったんですよ。

今回は質に合わせてセールスをもうひと伸びさせたいですね。

随分と欲が出てきたものだ(笑)。

たくさんの人に聴いてもらっても恥ずかしくない作品にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

刺激をいただきました。

廣瀬勝樹くんにはらみねこさんに大督くん・・・

仲良くさせてもらってるアーティストがたくさん出るので

レコーディングを早々に切り上げて、京都ミューズホールへ行ってきました。

2週間ライヴから遠ざかっただけで

いつもやっているライヴハウスがまるで異空間な気がしたのは

それだけレコーディングに集中しているからでしょうか?

しかし、そんな気分を一気に引き戻してくれるような

凄くレベルの高いアーティストさんたちが出ておられました。

「わぁ、今日出たかったなぁ~!」ってな感じ。

それぞれの個性がしっかり出たブッキングでした。

おお、まさしく俺も頑張る(笑)!!

これは俄然31日が燃えてきた。

でも今は我慢、とにかくレコーディングを進めなくては・・・。

・・・で時間が逆戻り。

昼からレコーディングの続き。

夕方から出かける事を考えると作業的に微調整が基本だったのですが

マスタリングが完成している曲と

まだ歌入れしていない曲のオケをMDに入れて

仮想曲順で並べてみました。

12曲収録予定のうち9曲分を並べたので

イメージはかなり掴めてきましたよ。

このアルバム発売記念するとしたらどうしたらいいんだろう?

弾き語りでは無理よ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

エールを送る。

今日は頑張ってる人にエールを送ります!!

頑張れ!!

自分を信じるんだ!!

頑張れ!!

俺がついているぞ!!

頑張れ!!

寝たら治るよ(笑)!!

頑張れ!!

明日はもっと良くなるよ!!

頑張れ!!

周囲のノイズなんて気にするな!!

頑張れ!!

俺も頑張るから!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

オーティスが染みる。

部屋にオーティス・レディングが流れている。

オーティス・レディング、『ソウル・バラードを歌う』・・・。

昔この手の音楽は正直受け付けなかったのに。

年を食ったって事だろうか(笑)。

今でもゴキゲンな音楽の方が絶対的に好きだ。

でもこういう”染みる”音楽が聴きたい時もある。

ここにも弾き語りを始めた影響が出ている。

弾き語りは詞の占める役割があまりにも大きい。

バンドがそうではない、という事では無くて

弾き語りは特に、という事。

そしてそれは”歌う”という行為に対する僕の認識の変化でもある。

人に届ける歌の正体を探している。

う~ん、珍しく書けば書くほど誤解を招きそうだし

思っている事の半分も書けない。

だから、とにかくソウル・ミュージックが好きになった。

それでいいか(笑)。

以前ジャズにハマった時も物凄いスピードで聴きまくった。

コルトレーンがドアを開けてくれて

モンクがジャズを超えた音楽を教えてくれた。

ジャズで学んだ”黒っぽさ”がソウルやブルースを聴く時にも役立つ。

そしてその”黒っぽさ”に憧れた60年代の英国の若者が

ロックを成熟させていった・・・。

影響されて、新しいモノを作っていって

いつしか原点に戻って・・・素晴らしいモノはずっと繰り返しながら残るのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

いくつになっても・・・。

100514レコーディング、楽しい、楽しい、楽しい。

思いついたベースラインが上手く弾けたら

このうえない喜びを感じる訳ですよ。

レコーディングの順番として

ドラム、ギターの後にベースをアレンジする事が多く。

比較的ベースの音数が多いのはこのためだと思います。

サウンド全体のボトムを受け持ちながらも

自在にメロディを奏でるベースに憧れます。

写真は中古で手に入れたリッケンバッカー4001C64です。

とても役に立っています。

早く聴いてもらいたいなぁ。

今回のワクワクドキドキ感はまるで

始めてデモテープを作った時を思い出させます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

ニューアルバムの進行状況。

レコーディング順調です。

ペースで言えば、決して早くはないけれど

確実に今までの作品とは違う「何か」を作業する度に感じています。

自分でもワクワクするような

とても繊細な音作りが出来ています。

きっと良いものになりますよ。

進行状況としては・・・

まず予定として全12曲にするつもりです。

そのうち歌入れまで終わっているのが4曲

オケ完成が2曲、オケ製作中が1曲、完成してるインストが1曲

こんな感じです。

新曲の中にはすでに弾き語りで

『Match Box Live』で歌っている楽曲2曲あります。

とにかく早く作りたい。

しかしながら、3日間ほどレコーディング作業が出来ません。

その間に曲作りのアイデアをまとめたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

へヴィ・ローテーション。

ニューアルバムに期待しながら

僕にインスパイアを与えるアルバムを紹介しましょう。

中にはアルバム製作時には必ず聴いてる作品もあるので

目新しくないと思いますが・・・。

(THE BEATLES 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』)

アルバム製作時に必ず聴く。

僕の創造の原動力。

(THE BEATLES『マジカル・ミステリー・ツアー』)

僕が音楽をするキッカケになった

『ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー』が収録されている。

レコーディングの”魔法”が随所に散りばめられている。

(Paul McCartney&Wings『バンド・オン・ザ・ラン』)

このアルバムもレコーディングを始めるとよく聴きなおしたりする。

各曲のアイデアが面白い。それでいてまとまっている。

『バンド・オン・ザ・ラン』の組曲的な所がやっぱり良い。

(THE WHO『ロックオベラ”トミー”』)

もしかすると今回のアルバムを製作にあたって

最も影響を受けたアルバムになるかも。

とにかく2人ではあったが、生でTHE WHOを見れたのは非常に大きな収穫だった。

THE WHOに対する考え方が変わった。

”トミー”の凄さを感じた。

だから・・・ただ寄せ集めのアルバムをやめる事にした。

(Billy Preston『キッズ・アンド・ミー』)

このアルバムは直接今回のアルバムとは無関係。

でもこのアルバムは今最も熱いへヴィ・ローテーション。

とにかく『ナッシング・フロム・ナッシング』が最高。

悩んだり、煮詰まった時でもスッキリする。

何より、このアルバムのおかげでソウルに対する考えが一気に変化した。

久しぶりに買って大成功と言い切れるアルバム。

(XTC『スカイラーキング』)

XTCは時々無性に聴きたくなる。

そして改めて感心する。

POPな感じと辛口な感じが絶妙にブレンドされている。

でもこのアルバムで特に素晴らしいのは

脱退してしまったギターのデイヴ・グレゴリーが

『1000 Umbrellas』で考えたストリングス・アレンジだ。

まるでジョージ・マーティン!!

・・・本当はもっともっと参考にしている音楽もあるけど

そこは内緒ね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

公約通り。

とりあえず公約通り、歌詞は完成させました。

実際に歌う時までにもっと良い詞がみつかったら変更しますけどね。

とは言っても歌詞が完成しているというのは

精神的にも落ち着き度合いが違います(笑)。

だって完成しているのですから(笑)。

作ったリズムも少しずつ曲に合った、そして自分好みの音にしていきますよ。

スネア・ドラムを変えるだけでも随分印象が違います。

BFD2、初めてしては感覚的に使えていますよ。

楽しみ楽しみ。

次の作業は水曜日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

生みの苦しみ。

イタタタタ・・・お腹が・・・。

ではなくて、まだ歌詞が出てきません(笑)。

生みの苦しみを味わっております。

かなりの部分は完成しているのですが

Bメロ部分に悪戦苦闘中。

たった3行ぐらいなのにねぇ・・・メロディが難しいのもあるけど。

作業に飽きてしまったので(笑)、とりあえず音楽室公開です。

100510_3 この手の写真はよくUPしていますが

左側のMacの画像に出ているドラムの画像が

こないだから書いている”BFD2”というドラム音源です。

右のWindowsには作業中の歌詞が・・・

いつでも思いついたら書けるようにWordはON状態です。

歌詞は出来ていないけど、アレンジは進行中。

アレンジっていうのは曲の中で

ギターがどう弾いて、ドラムがどんな風に叩いて、ベースが・・・

みたいに各パートがどう演奏するか決める事です。

(仮)ではありますがドラムとギター・パートを録り終えました。

今日中に歌詞は何が何でも絞り出す!!!!!!

では作業に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注目される喜び。

さぁ、陽が昇ればレコーディング開始です。

今日、ある人に「FLASH BACK以来のアルバムですね」と言われました(笑)。

そういう事言う方ではないので、ぶったまげました(笑)。

僕のレコーディングという作業が

いろんな方に認識されている事が嬉しかったのです。

ひとつひとつの喜びが小さな音楽家の活力となるのですね(笑)。

ライヴも間隔が開いてくると早くやりたくなります。

また違う方からも「動画見ました。ライヴ行ってみたい。」と言われました。

ひとつひとつの反応が小さな音楽家の勘違いを生みます(笑)。

誰でもそうだと思いますが

自分がしてる事に反応があるというのは嬉しい事です。

やっぱりアーティストは注目集めてなんぼの世界ですから(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

今この時に感謝したい。

僕の名前は安田仁です。

京都で音楽活動をしています。

もともと中学の時に歌を書く事を覚え

その楽しさから抜け出せずに今に至ったっていう感じです。

音楽というのは底なし沼のようなもので

知れば知るほど奥が深く抜け出せなくなるのです。

ほとんど病気ですね(笑)。

もしかするとあなたにとっては、「たかが音楽」かもしれませんが

僕にとっては、「されど音楽」なのです。

僕の音楽があなたに届くか僕にはわかりませんが

少なくとも僕の音楽は僕にしか作れないものだと思っています。

だから僕の音楽は「僕そのもの」なのです。

そういうふうに言い切れる僕は幸せ者だと思います。

自分自身の事が好きになれたら

あなたにも気に入ってもらたくなります。

あなたに気に入ってもらいたいな。

そう、何処かで聴いた事があるような曲だけど

本当は僕にしか作れない歌。

そう思いながら今日も歌を作ってるんですよ。

こうして聴いてもらえる人が一人でもいる事に

いつもいつも感謝してこれからも作っていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

ドラム最高、歌詞イマイチ。

作業の続きをしていました。

試しにBFD2のドラムの音にギターを重ねてみましたけど

凄いですね、本物のドラマーが叩いているみたい!!

やる気出ます。

それに引き換え、歌詞が一部分決まりません。

何かメロディに合う最高の詞があるように思うのだけど・・・。

もしかすると歌入れまで決まらないかもしれませんね。

まぁ、そんな事も多々ありますって(笑)。

明日あさっては作業が出来ないのでイメージトレーニングします。

なぁに、転がり始めればすぐですよ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

レコーディング月間スタート。

ついにレコーディング月間がスタートしました。

この月間のために用意した曲『タイムトラベラー』を

アイデアを練りながらレコーディングしていくつもりです。

先日購入した”BFD2”を遊びながら、なんとなく使ってリズムを作っていますよ。

膨大な量のリズムパターンを聴きながら

曲に合っているリズムやフィルをチョイスして大まかに切り貼りしていきます。

細かい部分は後で調整していきます。

この『タイムトラベラー』は完全に完成している曲ではないので

イントロや間奏、エンディング、また歌詞の尺など全体を見ながら作っています。

時には歌詞を増やしたり削ったりもします。

この曲は何ヶ月か前にアイデアだけがどんどん湧き出た曲なので

どうやってそこにバランスをとっていくかが難しそうです。

でも全くアイデアがない曲を絞り出すよりは全然楽しいですけどね(笑)。

当分作業の報告を細かくしていきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

「鬼」

僕は音に貪欲な鬼です(笑)。

音調整してきてくれた相棒に

もう一度再調整をお願いしました(これで3度目)。

そこに、その次に調整を依頼する2曲を聴いてもらいました。

音楽性の広がりに唖然とされました(笑)。

・・・いよいよあさってあたりから集中的に作業が出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

釣ったど~!!

ハッハァ~、これこそゴールデンウィーク(笑)。

Image009 やっとこさ、今年初のバス。

41センチでした。

ヘヴィーキャロライナ・リグ。

(そして男は回想する)

・・・遠投してルアーが水面に着水。

ゆっくりとルアーが沈んでいった瞬間、

”ググッ・・・”と竿が大きくしなっていった。

重みを感じたら、一瞬待って・・・竿を後ろへ引く・・・魚とバトルの始まり。

糸がたるむとバスに逃げられてしまう。

右へ行ったら、竿は左へ・・・潜ったら、竿を上げて・・・糸が切れない程度に張り続ける。

このやりとりは「糸」と同じように「気」も張り詰める。

魚の大きさを想像しながらも焦らずゆっくりと岸へと魚を近づけていく。

時には沖へバスは逃げ、そして次の瞬間に岸側へ走って来る。

それに合わせてリールを巻く。

とにかく力任せではなく、程良いテンションを掛けながら。

久しぶりのバスにいつも以上に慎重になる僕。

そして見えた魚の口の大きさに思わず「なかなかいいサイズ!!」と叫ぶ。

岸へ上がったバスの下あごを持ち「釣ったど~!!」

2010年の初バスは40センチを超えて大満足。

・・・なかなか良い休暇になりました(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

打ち合わせ。

おはようございます。

ジャケット・デザイン関係の打ち合わせ行ってきます。

今日のは、ソロ・アルバムの方です(笑)。

行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インストアからレコーディングへ。

インストア・ライヴ、行ってきました。

今日も来ていただいた方ありがとうございました。

なかなか厳しい部分もありましたが

今の自分の力だと思って次もこれからも頑張りたいと思います。

次回のインストアはちょっと開いて7月31日の17時スタートです。

よろしくお願いしますね。

あと、JEUGIA三条本店で僕の過去の3作品

『FLASH BACK』

『GET BACK TO THE FINE DAY』

『HARD WAY』

取り扱われるようになりました。よろしくお願いします。

さて・・・インストアの後、

先日のBUNNY CLUBレコーディングの仕上げとして伏見のRAGへ。

10050201 まずエンジニアさんが事前に打ち合わせていたイメージで

ミックスをしてくれていました。

聴いてみて・・・「おお!!いい感じ!!」

ラフ・ミックスとは随分変わった感じに仕上がっていました。

10050203 議論を戦わせて細かい部分の修正を。

そしてこの日のために考えた

ストリングス・アレンジのデータを渡して

みんなで聴いてみる事に。

正直メンバーに反対されるのではないかと思っていたのですが

10050204 反応は上々。

・・・というか自分が考えた弦楽器のアレンジが

バンドの音に絡むという非常に感動的な経験に僕は大興奮(笑)。

「いいやん!!」連発(笑)。

メンバー間もある部分で10050205 意見がぶつかり

より良いサウンドにするためにいつになく真面目な様子。

こういうのが楽しいんだよね。

レコーディングして本当に良かった。

こうして見事に2時間半でマスタリングまで完了。

BUNNY CLUB初のスタジオ・レコーディングが完成しました。

この音源、どのようにお披露目するか未定ですが

出来るだけ早く世に出るように考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

インストアは2周年。

♪~晴れた空~おはようサンシャイン~♪

いい天気ですね。

今日はインストア・ライヴの日です。

08050404JEUGIA三条本店で15時から歌ってます。

ここで歌い初めて2周年ですよ。

ありがたいですね。

上は2年前の写真です。

そろそろ新しいアイテムも欲しいところです。

Dscn2061今日のインストアが終わると

約2カ月間、ライヴを極力減らして

レコーディングに集中することになります。

新しい曲を引っ提げてライヴが出来るようにしたいです。

みなさんのお越しお待ちしております!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »