« リハーサル。 | トップページ | 楽譜書き。 »

2010年4月 4日 (日)

ヘンデル『ユダス・マカベウス』。

お友達、ミカウバー・ケンさんが所属する合唱団

大阪シンフォニック・クワイアのコンサートを観に京都コンサート・ホールへ。

なかなかクラシックを生で体験する機会も少ないので

結構楽しみに行ってるのですが、

毎回かなりマニアックな選曲で以前も

2007年のブリテン『戦争レクイエム』なんてタイトルも聴いた事がなかった(笑)。

(過去のブログ2007年8月『戦争レクイエム』)

2008年のベートーヴェン『第九』では

薬物による眠気でほとんどを聴き逃すという失態を起こしたり(苦笑)

(過去のブログ2008年10月『薬物疑惑と「交響曲第九番」』)

2009年のロシアの楽曲の時もマニアックさに嘆いていました。

(過去のブログ2009年5月『クラシックDAY』)

何かといろいろあるのですが(笑)、でもやっぱり楽しみにしているのであって・・・。

今日のヘンデルはマニアックではあったのですが

第三部には、表彰式の時に流れる”アノ曲”の基が

歌曲として歌われていましたよ。

これは初めて知りました。

オラトリオ『ユダス・マカベウス』のオラトリオとは

宗教曲としてイメージが強く

演技はないがセリフ的な歌や合唱、演奏で構成されていました。

今日の演奏では楽器のチェンバロが用いられていました。

実際の生でチェンバロが使われているのを観たのは初めてでしたよ。

ミカウバーは今日はステージでこけそうになっていました(笑)。

ケンさん、怪我しなくて良かったね。

そして御苦労さまでした。また頑張ってくださいな。

|

« リハーサル。 | トップページ | 楽譜書き。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/47999287

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル『ユダス・マカベウス』。:

« リハーサル。 | トップページ | 楽譜書き。 »