« 苦悩のレコーディング。 | トップページ | ライヴ告知。 »

2009年10月 7日 (水)

それは壮大なレコーディングでの旅。

レコーディングに苦悩している・・・と昨日書きましたが

それでもずっと音楽室で作業を続けていました。

はい、やっとペースを取り戻した感じです。

僕は現在、アルバムで言うと3枚分ほどのレコーディングをしています。

これはコンセプト別に楽曲を振り分けているためで

各作品に行き詰った時に、

気分転換として別の楽曲をレコーディングする方式をとっているためです。

僕はPro Toolsで楽曲を製作をするようになってから

明らかに意識的に変わった事があります。

レコーディング・セッションは断続的に行っていく、という事。

そして今まで自分が作った曲を今のレコーディング・システムで

ちゃんとした形で残したいという欲求です。

そのために必ずしも新曲だけでなく、昔の楽曲も含めてレコーディングしているのです。

その中にはBUNNY CLUBとしての音源も含まれています。

今日、カワショウがレコーディングに来ました。

レコーディングで彼の成長を感じ取る事が出来ます。

僕は僕で一人、弾き語りアレンジで曲をレコーディングしたりしています。

これもまたMatch Boxで培った僕なりの新しい表現方法です。

そして悩みの種となる過去最大のコンセプトを盛り込んだアルバム・・・。

ライヴ前にも関わらず、誰も僕の創作活動を止める事は出来ません(笑)。

時間が掛ってしまってます。

しかし凄いものを作るよ・・・って言っておきますね。

|

« 苦悩のレコーディング。 | トップページ | ライヴ告知。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/46416501

この記事へのトラックバック一覧です: それは壮大なレコーディングでの旅。:

« 苦悩のレコーディング。 | トップページ | ライヴ告知。 »