« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

全力疾走。

ただいまぁ~。

都雅都雅「春フェスティバル」終わりました。

凄くレベルの高いアーティストさん達が集まったイベントで

バニーその中でアップアップしながら(笑)、トップバッターやってきました。

とにかく今日のBUNNY CLUBは全力疾走。

27日、29日の2連チャンは本当にいろいろ勉強になりました。

もっともっと頑張らないといけないし

今何に向かうべきかも定まってきたような気がします。

とにかく当分は喉を休めたいと思います。

全てはそこから・・・。

(セットリスト)

01.SUPER RADIO !

02.Your Smile

03.Good Morning Girl

04.君のいない部屋~Miss You

05.Crazy Paper Driver

06.二人はRUN AWAY

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

今日も都雅都雅にいます。

一日置いて今日も都雅都雅に立ちます。

でも今日は仲良し達と一緒なので(笑)。

BUNNY CLUBはお正月以来の出陣です。

ライヴは少なかったですが、練習はしっかり積み重ねておりました。

頑張りますので、是非お越し下さい。

BUNNY CLUBは16:30トップバッター登場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

サプライズ!再び!

Dscn6230_2 ただいま。

『Match Box Live vol.19』終了しました。

今日来ていただいたみなさん、本当にありがとうございました。

ライヴを一緒に作ってくれたみなさんに感謝です。

おかげで一人弾き語りとは思えない写真が撮れました(笑)。

2回目のアンコールで「WE ARE THE BAND!」って叫んでくれました、ありがとう!!

Youtubeに動画をUPしていたおかげですね(笑)。

これって20年近く前の曲なんですよ。

最近は本当に僕にとってもサプライズが多いので楽しいです。

Dscn6242 この楽しさをもっとたくさんの人たちと共有出来たらなぁ~

・・・とも思うのですが

先月や今月のようなライヴ・パフォーマンスが出来ていたら

きっとお客さんは増えてくれるだろうと信じて

これからも頑張って前進していきます。

次回5月25日はついに”vol.20”です。

特別な事は出来ないかもしれませんが、是非観てもらいたいですね。

よろしくお願いします。

(セットリスト)

01.Good Morning Girl

02.二人の週末

03.自転車に乗って

04.小さな願い

05.SARA

06.三日月の舟

07.NO REASON

08.Blackbird

09.Your Smile

10.癒しのボッサ

11.Strawberry Fields Forever

12.RAINY DAY

13.Rainbow

14.妹の友達

15.Oh Darling

16.LET IT BE

17.青い空があるだけ

18.Sunny

19.少年の歌

20.猫の手も借りたい

21.翼

(アンコール)

22.Good Morning Girl

(アンコール)

23.WE ARE THE BAND

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

今日も頑張ります。

本日、『Match Box Live vol.19』の日です。

今日も頑張ってきます。

19回目ですか・・・。

それぞれにぞれぞれの想い出あります。

今日はどんなライヴになるでしょうね。

とにかく全力で歌うのみ。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

やっとであります。

BUNNY CLUBのリハーサルがしっくりいきました(笑)。

メンバー病欠などがありまして

一時はどうなるかと思いましたが(苦笑)、

セットリストも決まり、あとは最終リハーサルを待つのみ。

ただスケジュールがタイトで

27日、『Match Box Live vol.19』

28日、最終リハーサル

29日、『春フェスティバル』

・・・となっております。

頑張らないと。

お願い、応援に来て・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

缶詰め。

この三日間缶詰め状態・・・結局、外には全く出ませんでした。

昨日のMIDI編集の作業していた曲は『吾輩の猫である』という曲です。

『猫の手も借りたい』、『他人の猫と過ごす休日』に続く

”猫”三部作の最終楽曲。

今作業中なのは・・・4曲。

タイトル戻そうかな?『空から舞い降りたメロディ』

カワショウ参加『Dreamy』

オケ作りにプレッシャーのかかる『三日月の舟』

そして『吾輩の猫である』

どういう形で発表になるかわかりませんが

曲はどんどん書き貯めるつもりです。

これからはライヴもラッシュ状態になりますが

ますます”引きこもり”状態になってしまいそうで怖い(苦笑)。

さて、そのライヴではちょっと自分に新しい目標を立てて

やっていきたいところなのですが

こちらは少しばかりうまくいっておりません・・・。

頑張らないと。

どうぞ遊びに来て下さいね。

(近々の予定)

4月27日『Match Box Live vol.19』都雅都雅にて19時スタート

4月29日『春フェスティバル』都雅都雅にてBUNNY CLUB16:30出演

5月3日『JEUGIAインストア・ライヴ』1階入り口15時スタート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

急がば廻れ。

今日の作業はかなり疲れました・・・。

花粉症が治らないため、歌うことが出来ない代わりに

様々なタイプの曲のオケを製作しています。

他の録りも仕上げまで持って行ってないのですが、

とにかく新曲のレコーディング。

4曲目となる今回の曲は

アレンジの時点でMIDI編集が基本になりました。

フルート、クラルネット、ミュート・トランペット、サックスのフレーズを作りました。

頭で描いたフレーズと全体のオーケストレーションがうまくいかず

細部の譜割りを何度も打ち込み直し・・・。

今までにはなかった作業です。

多分明日聴き直したら、また変えたくなるんだろうな(苦笑)。

どちらにしても安っぽく聴こえるようなら、どちらにしても止めますけどね(笑)。

無駄に見えるような徒労も機材を自由に扱えるようになるための

練習だと思って、わざと遠回りしたりしていますよ。

あ~、だから疲れるんだぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ロイ・ウッド 『STARTING UP』

家のCD棚を漁っていると

ロイ・ウッドの『スターティング・アップ』というアルバムが出てきた。

ロイ・ウッドの『ボールダーズ』を以前紹介して結構反響があったのですが

彼のソロ・アルバムをもう一枚持っていた事を思い出したのでした。

ただコチラの一枚、買ったのにあまり聴いていなかった・・・。

これには訳が・・・音が嫌いなのである。

プレイヤーでかけた途端、ゲートのかかった80年代のドラムの音が・・・。

僕は非常にこの頃の音作りに弱いのです。

だから買ったにも関わらず、その音のせいでしっかり聴かずにいたのでした。

ところが、気持ちを切り替えてちゃんと聴いてみると

やっぱり素晴らしいメロディのオンパレードだったのです。

中古に売らなくてよかった(苦笑)。

2曲目の『Raining In The City』がイイ!!

即効コードを抜いて、ギターで歌ってますよ。

このアルバムも全ての楽器を演奏しているようです。

しかしロイ・ウッドは凄い。

ムーヴってバンドでも、初期のELOでも、そしてソロ、ウィザード・・・。

どの時代にもドキっとするメロディがある。

なのになんで”知る人ぞ知る”なんだろ?

もったいない・・・。

イヤイヤ、知らない人が”もったいない”なんだね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

カエターノ・ヴェローゾ 『ドミンゴ』。

ブラジルのカエターノ・ヴェローゾのデビュー・アルバム

『DOMINGO』(1967年作品)がとても良いのです。

このアルバムはカエターノとガル・コスタのデュエット・アルバムです。

カエターノ・ヴェローゾはこの後すぐに

ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の洗礼を受け

ボサノヴァの影響下から脱却するそうな楽曲を作るようになるのですが

このアルバムは純粋なボサノヴァ・アルバムで非常に心地よいのです。

個人的オススメは②『オンヂ・エウ・ナッシー・パッサ・ウン・ヒオ』と

タイトル曲⑤『ドミンゴ』。

特に『ドミンゴ』は解説によると、たった1分25秒の曲の中に

40ものコード展開が含まれているらしい・・・とても美しい、クセになるのです。

そう言えば、カエターノの最新作がリリースされてるみたいで

試聴しましたが、オルタナ風でいい感じ。

多分購入すると思います。

で、そういうワールドなCDを聴いていると

自分が持ってる一時期聴きまくった懐かしいCDも紹介したくなるもの(笑)。

ボサ・ジャズの隠れた名盤、テノーリオ・ジュニオールの『エンバーロ』。

非常にコンパクトな楽曲が気持よく響く作品です。

あと、古くからの友人に薦められてそこから聴くようになった

ブラジリアン・ポップの第一者、ジャバンのアルバム『seduzir』

他にもジャバンは聴いたけど、

この一番最初に聴いたアルバム以上のインパクトはありませんでした。

是非聴いてみてください。

ブラジルのポップスはメロディの行方が予測しにくいです。それがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

リハーサル。

BUNNY CLUBのリハーサル。

実はメンバーが全員揃うのは3週間ぶりでした。

演奏の勘を取り戻すのに荒治療を決行。

ライヴが近いので、かなり激しく演奏を繰り返しました。

それと同時に29日のセットリストを決定しました。

またバニーは6月7日、京都ミューズホール出演にもGOサイン。

今年の春は暑いですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

アレンジ、考えてはやりなおし。

仕事終わって、急いで帰宅。

レコーディングの続きをするためです。

昨日のアコギの曲のモチーフになりそうなCDを見つけ

それを参考にアレンジを進めようと思っていたのです。

以前に比べていろんなアレンジを手軽に差し替えられるのが魅力です。

でも、やってみたらあんまり良くなかった(苦笑)。

また考えなおします(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

やはり難しかった。

う~ん、やはりというか・・・。

アコースティック・ギター弾き語りのレコーディングに入った途端

録音がかなり難しい事が判明。

繊細なサウンドに対し細心の注意を払わないといけない。

しばらく研究が必要なのでした。

大切な曲だけに、なんとかしないと・・・。

あっ、夕方に髪を切りに行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

”怪しさ”が足りないんだよ。

夜中にホエイヌさんから電話が・・・アコギを買ったらしいのです。

ホエイヌさんは最近ブログに出てくる大学時代からのミュージシャン仲間です。

一緒に『妹の友達』を共作したのも彼です。

で、そのアコギでビートルズをカヴァーしたいって言い出したので

僕が最近ライヴで結構カヴァーしてるよ、なんて話をしていました。

ビートルズの原曲のフレーズをうまく利用しながら

アコギ一本でアレンジする楽しさで話がはずみました。

先月の『Match Box』と昨日のミューズで

僕は12弦ギターを使って『Strawberry Fields Forever』に挑戦しているのですが・・・

この曲はご存じのように僕を音楽の世界へ引きずり込んだ曲です。

この曲が持つサイケデリックな怪しさ、不思議さに魅了されたのでした。

そう、この曲はテープ・スピードを変化させたり

逆回転サウンドを使ったり、メロトロンという楽器の音色であったり

非常に作り込んだアレンジから生まれた楽曲です。

スタジオ・ワークの結実した名曲なのです。

そのイメージをギター一本で表現する・・・なんという困難な(笑)。

フレーズ的には良い部分をチョイス出来てると思うのです。

12弦ギターを使うというアイデアも悪くないと自分では思っています(笑)。

もう少し、”怪しさ”が足りない・・・

僕の好きな『Strawberry Fields~』はこの怪しさの表現が大切なのだと思うのです。

ライヴでもレパートリーとして続けようと思います。

まだまだ研究中です。

でもメモリアルな楽曲なので必ずモノにしたい一曲なのです。

良いパフォーマンスが出来たら動画アップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

2連戦終了。

ただいま、JEUGIAとミューズホールの2連戦が終わりました。

観ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

今日は少し思うところがあって、構成を思い切って変えればよかったなと思いました。

ライヴって奥が深いですねぇ・・・だから止められないんだけど(笑)。

次にしっかり活かしたいと思います。

とにかくこれでまた、レコーディングに戻ります。

ところで昨日『レッドクリフpart1』をやってましたね。

ジョン・ウーのワイヤー・アクションは相変わらず凄くて笑えました。

part2絶対観に行きたいと思います(笑)。

久しぶりにマンガの三国志が読みたくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

続けて得るモノがある。

インストア観てくださった皆さん、ありがとうございました。

開始した時、あまりの人の少なさに笑ってしましましたが(苦笑)

”Good Morning Girl”の音と共に集まってもらえました。

よかった(笑)。

実はインストアは今回で12回目でした。

先月も書いたかもしれませんが

続ける事で悩んだり、楽しかったり、出会いがあったり・・・。

ちょっとタフになったと思います。

今日もCDを買っていただいた方に声を掛けてもらえました。

とても幸せです。

来月もそんな日になりますように。

あっ、明日!!明日もライヴです(笑)。

京都ミューズホール、20時50分ごろ登場の予定ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

17時からです。

本日はJEUGIA三条本店のインストアの日です。

いつもと違って17時スタートです。

よろしくお願いします。

明日の京都ミューズのチケットも持っていきますので

チケットお求めの方はいつでも声を掛けてくださいね。

今日は暑いらしいです。

何を着ていこうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

大活躍。

カワショウと一緒に『Dreamy』のレコーディングをしました。

僕が弾いていたギターの半分を差し替えました。

これで左半分から鳴るギターは全て彼が弾いたことになります。

カワショウのレスポール・カスタムと僕のエピフォン・カジノです。

とても活躍してくれました。ありがとう。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

美しく調律されたピアノの調べ。

090410_2 もう何年ぶりかにピアノの調律をしてもらいました。

このピアノは親父のものです。

ただ音楽室にあるので、ほとんど僕しか弾いてませんけど(笑)。

親父も僕もピアノは嗜む(たしなむ)程度。

テクニックを披露するタイプでは決してありません(笑)。

僕の場合は、曲作りに使うぐらい・・・なのですが

あまりのチューニングの悪さに、さすがになんとかしたくなり

安く調律してもらえる調律師の方に来ていただきました。

興味があったので、実際の作業も見学させてもらいました。

話していて驚いたのは、チューナーなどの機械よりも

耳でのチューニングの方がしっくりいくという事。

やはり響きの感覚や微妙のズレというのは

割り切れない周波数の数値では測れないものがあるのですね。

すっかり美しい和音を奏でられるピアノに戻りました。

これでまたしっかり曲が書けると・・・思います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

一回聴いては繰り返し・・・

曲を仕上げる事が出来ません。

というのも、憎き花粉症のために歌う事が困難な為です。

レコーディングのように後世にまで音源が残るなら余計のこと。

ライヴではなんとかなっても録音の為に今歌う訳にはいきません(笑)。

で、この2か月間・・・

根気よくたった2曲のオケを黙々と音録りしてきました。

それをMDにダビングして何度も何度も聴き直しています。

新しい音源はどんな風に聴こえるのでしょうか?

何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も・・・。

デッキを変えて聴くのも大切。

色んなモニター環境で何度も何度も何度も何度も・・・。

みんな気に入ってくれるだろうか?

早く聴いてもらいたいものです。

その日のために何度も何度も何度も・・・。

多分リリース前に飽きると思います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

月光へ伸びる葉二の音・・・。

はぁ、やっと時間が出来た。

今日は雑用とレコーディング、ライヴの準備です。

まずは告知。

4月12日(日)17時スタート

JEUGIA三条本店インストア・ライヴ、入場無料です。

たくさんの人に観てもらいたいです。よろしくお願いします!!

4月13日(月)

京都ミューズホールで「アコースティックの時間」。

安田仁登場は、20時50分。

前売:1,500円 当日2,000円(1ドリンク別)。

チケット売るほどあります。よろしくお願いします。

・・・。

移動時間に久しぶりに読書してました。

というのも、買ったのに読んでない本が山積み。

とりあえず楽しくてサッと読めるモノを、ということで

「陰陽師 夜光杯ノ巻」を読むことに。

陰陽師安倍清明と相棒ともいうべき源博雅の活躍を描いた大人気シリーズ。

今回は源博雅がいつも以上に活躍。

博雅は雅楽、笛の名手。

博雅が朱雀門の鬼から手に入れた笛:葉二(はふたつ)を吹くと

その美しさに龍神、怨霊、鬼までもが聴き惚れ

数々の難事件を解決していく。

おお、こんな所にも音楽の偉大さが。

お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

B.C.のAがK。

BUNNY CLUBのスタジオ。

風邪で欠席者が出ました。

ライヴまで一か月切ってるのに・・・。

早く治してね、浅井さん(笑)。

ドラムなしで3人の出しものを考えようということで。

曲を練習しました。

川島くんにスパルタしました(笑)。

大西くんはドラムなしの場合のベース奏法をマスターしそうです。

BUNNY CLUBのライヴ出演は4月29日です。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

本日の作業。

・・・でもって夜は更けゆく。

朝から一日かけて『Dreamy』のレコーディング。

『Dreamy』は今日までにリズムとベースのレコーディングが済んでました。

ベース・ラインは複雑だったものをアレンジの関係上、シンプルなものに変更。

今日はギターをオーヴァーダブ。

ギターはとりあえず、左右にリズム・ギターを配置。

簡単なガイドの歌をレコーディング。

イントロ、エンディング部分のテーマ(ギター・フレーズ)を作り、テストで音録り。

そこで「B.C.のK」=BUNNY CLUBの川島を呼んで一緒にレコーディングする事に。

二人でイントロのギターのハモリを録音。

続いて同じフレーズのオブリガードも二人で録って、左右に配置。

これだけの作業で丸一日。

明日からしばらくレコーディングが出来ないので

とりあえずフレーズのアイデアをまとめておきたかったので今日は集中しました。

あ~、疲れた。

今日の作業でひとまず完成した音をMDへ録音して、何度も聴き返しています。

リズムの音が良くなったなぁ。

EQでの注意点は音輪郭を出すためにミドルを削りすぎないようにしてます。

音の定位と高音、低音で立体的なサウンドが作れるように心がける事。

そうそう、ついにメモリ不足でPCが何回か止まってしまった。

再起動でマシになったけど・・・。

ギターやヴォーカル録り時のバッファを数値下げたのと

プラグインの使い過ぎで起こるみたい。

困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

B.C.のKがG。

ええ~、毎度毎度のレコーディングです。

これが始ってしまうと他のネタはほとんど出来ません(笑)。

ただ今日はレコーディングにゲストが・・・。

B.C.のKがGを弾きにやってきました(笑)。

イントロとエンディングを弾いてもらいました。

ギャラにカールをあげました(笑)。

レコーディングはまだ夜まで続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

教則本、あふれかえる。

音楽室に戻ってきました。

今日からまたPro Toolsとにらめっこです(笑)。

ライヴ準備に忙しい最中も、レコーディングの事が気になっていたのですが

本屋さんへ行くと

「Pro Tools LE8 Software 徹底操作ガイド」なんて本があるではありませんか!!

最近はやたらDTM関連の本が部屋を占拠しているのですが

これはモロ僕に必要なもの。

購入して、また日々勉強に勤しむ所存です(笑)。

これはPro Tools初心者の皆さん、

特に初心者仲間の廣瀬勝樹に薦めたい本でございます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »