« テスト・レコーディング(その2)。 | トップページ | 初めてのMIDIデータ編集。 »

2009年3月 5日 (木)

テスト・レコーディング(その3)。

無限に使えるトラック数のおかげで

様々な音を足すことができます。

デジタルなので、テンポさえ決めておけば

楽器やフレーズを差し替える事も容易に出来る。

非常にラフなデッサンから曲を練り込む事が可能になっています。

これは新しいソングライティングのアイディアを導きだせます。

今から20年前、僕が初めて行った多重録音は4CH。

音を4つしか足せませんでした。

その4年後、8CH・・・

それから8年後16CH・・・

最初の苦労があるから、今のありがたさがわかります。

今の僕の欲求は、思いっきり贅沢なアレンジへと向かっています。

やっぱりレコーディングは楽しい(笑)。

素晴らしい曲が出来るように頑張ります。

・・・

レコーディング中にまたホエイヌから電話があって

携帯の充電が無くなるまで話をしました。

今日はそれでタイム・オーバー・・・(笑)。

|

« テスト・レコーディング(その2)。 | トップページ | 初めてのMIDIデータ編集。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/44247516

この記事へのトラックバック一覧です: テスト・レコーディング(その3)。:

« テスト・レコーディング(その2)。 | トップページ | 初めてのMIDIデータ編集。 »