« 幸せ者。 | トップページ | 振り幅の広い音楽談義。 »

2009年2月27日 (金)

なんとなく、手探り感覚派。

新しいレコーディング・セッションのためにPro Tools8を導入し

様々な聞きなれない言葉に苦労しながらも前進する毎日。

ダウンロードや設定もとりあえず、一通り(?)終わった感じ。

ついにテストを兼ねた初レコーディングを試みました。

今までのレコーディングとまず違うのはMIDIファイルの存在。

一般的なレコーディングにおいて打ち込みなどによる

MIDIファイルによる演奏データはこれまでの僕のレコーディングには

全く必要ないものでした。

ところがDTM(デスク・トップ・ミュージック)において

このMIDIという存在は非常に重要な役割をするために

これを一から勉強しなくてはなりません。

リズムもキーボードも、まずこのMIDIファイルとして管理しなくてはならないのです。

しかしながら、そういう事もなんとなくゆる~い感じで録音を始めてしまうと

出来てしまうから面白い(笑)。

ひとつずつ音が重なっていく様を見て「そう、コレコレ!!」と

多重録音の感覚を懐かしみながら、また新鮮な気持ちで・・・。

より実践的な部分にはまだ程遠いけど、

とにかく創作活動は再開されたと言って良いでしょう。

|

« 幸せ者。 | トップページ | 振り幅の広い音楽談義。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/44194168

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく、手探り感覚派。:

« 幸せ者。 | トップページ | 振り幅の広い音楽談義。 »