« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

マンネリをぶち壊せ。

来月の『Match Box』に思いをめぐらせています。

毎月のワンマンとはそういうものなのです(笑)。

来月はおそらくじょーじが手伝ってくれると思います。

いくつかじょーじにお願いをしました。

新しい企てを一緒にやってくださいと。

僕の中でマンネリになりつつある部分をブチ破りたいと思っていますが

来月に間に合うかはわかりません。

しかし近いうちにある部分を変えてみたいと思いますのでお楽しみに。

また早めにリクエストくださいね。

だいぶ先ですが、たくさんのご来場をお待ちしております 。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

『Oh Darlin !』

動画の整理をしていたら出てきましたので公開します。

昨年の『Match Box Live vol.14』より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

ディランは裏切り者だったか?

1966年、ロイヤル・アルバート・ホール。

ボブ・ディランがフォーク・ギターとエレキ・ギターで

前後半に分けライヴを展開しています。

あっ、CDの話ね(笑)。

このライヴはロックの伝説の中でもかなり有名なライヴ。

それまでフォークで政治的な歌を歌っていたディランが

エレキ・ギターでロックを歌い始めて

観客から「ユダ!(裏切り者)」って野次られ

「お前を信じない、お前は嘘つきだ」と言い返したライヴです。

話だけは本などで知っていましたが、実際に音源として聴いたのは初めて。

おそらくバンド演奏を喜んでいる人もいただろうし、そうでな人もいただろう。

けれどそれがとんでもないパワーになってディランの一挙手一投足に注がれる。

異様な雰囲気の中で演奏されたであろうライヴなのに

演奏のテンションの高さに驚きです・・・メチャクチャかっこいい、鳥肌が立つ。

ディスク1のフォークよりもディスク2のバンド・セットの方が

ディランが活き活きしているように感じるのは僕だけだろうか?

きっと自分の思いに正直に突っ走った結果なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

長電話。

まずは26日のベストショットの数々・・・。

09012616 ごんたろさん撮影

今回はアコギで座って弾く曲と

立って弾く曲がありました。

いい感じ。

続いて・・・ごんたろさん撮影。

09012620 二人ギター合戦。

ギターの轟音とシャウトだけが響く。

ロック・ショー。

続いて・・・これもごんたろさん撮影。

09012618 アイ・コンタクトの瞬間をとらえています。

素晴らしい。

楽しそう。

次はビデオから抜き出した画像。

09012605 いい思い出になりました。

このセッションは前日急に決めました。

うまくいってホッとしています(笑)。

最後もビデオからの画像。

09012613 花束ありがとう。

二人とも喜んでおります。

また一緒に出来るように頑張ります。

さてさて・・・

ついさっきまでミュージシャン友達のホエイヌさんと長電話。

10年ぶりなもんで、えらい長い事話し込んでいました(笑)。

音楽の事、大学の頃の事、ファッションの事・・・などなど。

みんな続けているんだよなぁ~。勇気が湧くよ。

仲間って良いよ。

そう実感出来ている数日間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

心地良い緊張感。

ただいま~。

『Match Box Live vol.16』終了です。ありがとうございました。

お忙しい中、駆けつけてくださった皆さん、ありがとうございました。

今日のお客さんはラッキーでしたね。

来れなくても気にしてくださった皆さん、感謝です。

またよろしくお願いします。

ひとつひとつの『Match Box』にそれぞれの仕掛けを作って

これからも皆さんをお待ちしております。

090127 さて同級生、永井くんとの今までの付き合いで

二人だけでプレイするというシチュエーションは

本当にありませんでした。

ドラムもベースもなく二人だけでエレキギター持って

”ヘルター・スケルター”をプレイするなんて(笑)・・・考えられない(笑)。

二人で「童心に帰ろう」って言ってたんです。

言い換えれば「原点に帰ろう」って事です。

ステージで楽しんでいる姿を見てもらう、また真剣なやりとりを見てもらう。

本当に楽しかった。

きっと伝わりましたよね。

彼とはまた一緒にやりたいです。やっぱり気が引き締まります。

本番はリハーサルなんか比べものにならなかった・・・。

音楽やっていて良かった。

(セットリスト)

01.THE BUSKERS

02.Shining Star

03.SNOW MAN

04.SARA

05.NO REASON

06.三日月の舟

07.HONEY QUEEN

08.君はもう過去の君じゃない

09.Something

10.癒しのボッサ

11.Your Smile

12.Rainbow

13.BABY BLUE

14.Helter Skelter (with 永井高広)

15.君のいない部屋~Miss You~ (with永井高広)

16.妖精のワルツ

17.Sunny

18.少年の歌

19.猫の手も借りたい

20.Good Morning Girl

(アンコール)

21.翼 (with 永井高広)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

再会。

真剣勝負です。

音楽で語り合ってみたいと思います。

今まで夢に見た二人だけでのセッション。

3年半ぶりにステージ上で再会します。

1月26日(月)

「Match Box Live vol.16」

場所:都雅都雅

開場:18時半 開演:19時

前売:1500円 当日:2000円(1フード&1ドリンク別)

ゲスト:永井高広(Human Nature)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

難しい。

う~ん、今の心境からでしょうか。

選曲が重い。

もういっちょ練り直そうかと思います。

結構早めから考えていたのに、なんかしっくりこないです。

きっと何か変化を求めているんだと思う。

やっぱり世の中全体が”Change”を求めてるってことかな。

なんか今月は難しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

宝探し。

『Match Box Live』 前になると必ず始める”宝探し”。

ずっと昔に作った曲で今やったら良さそうなものを探します。

いつもの定番ばかりじゃ面白くないし・・・。

今回もやってみて新鮮な曲をみつけました。

あまりにも昔に作ったので「本当に自分の曲?」みたいな気分。

何度も練習して、月一ワンマンで発表です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

Happy Time with Guitarists.

ギタリストがたくさん集まりました。

大袈裟かな(笑)?

ギタリストとギターが好きな人も集まりました。

バニー関連でおなじみのジョージにカワショウにトマルくん。

26日のリハーサルで永井くんが来て、軽~い打ち合わせ。

時間が過ぎるのが早い。

楽しい時ほど早く過ぎていくけど

・・・とは誰かの有名な曲ですが

こうしてギター好きが集まってあれやこれやとギター談議。

それはとっても幸せな時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

メール友達 in オーストラリア。

最近、オーストラリアの方とメールのやりとりをしています。

すべて英語なので疲れるのですが(笑)、

勉強になるので嬉しいです。

僕の音楽に対して感想をくれます。

あと”英語うまく歌えてる”って・・・褒められて伸びます(笑)。

とってもグローバルな気分(笑)。

でも辞書から手が離せない毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

良いカジノを弾かせてもらった。

ギターの物色に出掛けている事は

このブログで何度も書いています。

中学生からギターに憧れたていたことを考えると

一通り、自分の好きなギターは手にしたと思います。

ただそれでも楽器屋さんに行っては試奏したりするのは

楽器好きの性、仕方がない事。

今日は3時間ほど空き時間があったので4軒の楽器屋さんへ。

いずれも、もう顔見知りとなってしまった店ばかりです。

はっきり言って目当ての楽器というのはないので軽い気持ちでした。

しかし今日は一本、目を見張るギターをみつけました。

それはエピフォン・カジノ。

今所有しているカジノは90年代後半に購入した国産のカジノ。

僕は中学生の時に一番最初に憧れたのがこのエピフォン・カジノでした。

ずっと欲しいなと思っていて、手にした”夢のギター”だったのです。

ネックがかなり細くコードを抑える感覚が他のギターと随分違いました。

それでも憧れのギターですから「こんなものだ」と言い聞かせていたのですが・・・。

ちょっとした事で触らせてもらった

中古のジョン・レノン・モデル『REVOLUTION』を弾いてびっくり!!

僕が弾いていたエピフォンて何?っていう感じ。

まず何を言っても音が良かった。

抜けが良く、芯もしっかりしていました。

ネックも手の平にフィットするようなものでした。

昔はとにかく見栄えだけで選んだりしていましたけど

やっぱり今は音に魅かれますね。

また頭を抱え込む事になりそう(笑)。

でもやっぱり高価だし買えないよ。

自分のカジノのピックアップだけでも交換してみようかな?

とにかく同じカジノでもこんなに違うという事に衝撃が走りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

BUNNY CLUB という「塊り」。

BUNNY CLUBのドラム、浅井くんと二人だけでスタジオに入っていきました。

某所での演奏するための練習です。

今回は無理ですが、きっとワンマンなどで見ていただく機会はあると思いますよ。

BUNNY CLUBでは、実は3人のリズム・セクションがいます。

ドラムの浅井、ベースの大西、リズム・ギターの僕。

この3人で基本的な楽曲のリズムを作り出します。

BUNNY CLUBの楽曲は僕のギターから始まる曲が多いのです。

僕がその時の気分でテンポを決めています。

そのテンポに浅井と大西が被せてくるのです。

このトライアングルは3ピース時代を経て確信的に生まれたものです。

その上を川島のギターと僕の歌が暴れまわれるようになりたいのです。

個々のプレイヤーは大したことがなくても

塊りになった時に凄くなるような、もっともっとそんなバンドになりたい。

いつもそう思っていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

2009年の弾き語りと1968年の弾き語り。

09011209 まずは、先日の写真です。

ミューズホールは相変わらずライトが綺麗ですね。

「僕でも絵になる。」って感じ(笑)。

そうそう、この日も09011211 花束もらいました!!

ありがとうございます。

もらえると思ってませんでした。

ステージへ持ってくるのも勇気がいることでしょうね。

それだけでも応援してくださっている気持ちが伝わってきます。

09011202

次の写真。

弾き語りのイメージなんでしょうか?

暗めの照明が多かった気がします。

これは決して僕のイメージではないので

次回はしっかり指定したいと思います。

でも顔に陰影が出来て良い感じですけどね(苦笑)。

僕の場合は、弾き語りでもチカチカしてる方が好みです。

さて、話は変わって

ニール・ヤングのCDを買いました。

『シュガー・マウンテン・ライヴ・アット・カンタベリー・ハウス・1968』ってやつです。

ニール・ヤングの初めてのソロ・アコースティック・ライヴです。

MCや観客の笑い声も入っていて

ほとんど編集もされてないかのように、普通にライヴを録音した感じのCD。

いい感じです。

きっと自分が弾き語りをやっているからだろうな・・・とってもいい。

何も飾らずアコギと歌声だけ。

特別技巧的なギターの奏法もなく

透きとおる声と美しいメロディでニール・ヤングは勝負している・・・。

脂っこい音楽もいいけどこういうのもいいですね。

ディランを聴いた時よりも自分的に近いものを感じます、勝手にですけど(笑)。

あとジャケットの写真、リンダ・マッカートニー撮影らしいです。

いい写真だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

緊急合体!!

「Match Box だして」

「ええ~!?」

・・・というミューズホールでのリハーサル中の会話から

1月26日(月)『Match Box Live vol.16』に

永井高広(Human Nature)、ゲスト出演決定!!

最近ではご存じの方も多いと思いますが

僕と彼は高校の同級生。

当時、ビートルズ・マニアの僕と

あの頃から”指先に脳のある男”と言われていた彼は

同じ音楽を愛していても一緒にプレイするチャンスなんて全くありませんでした。

それが5年前あたりから何かと転機に出会う運命にあるようで・・・。

4年ぶりの共演、それも二人っきりでステージというのは初めて。

昨日出演を決めたので何をするかも未定。

これは見モノですよ。

ゾクゾク・・・とてもスリリングです(笑)。

今年は非常に刺激のあるステージが続いてます。

ぜひお越しくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

世界観がライヴを制す。

打ち上げが終わり、今帰宅しました。

ただいま。

久しぶりに「これぞ、ミューズホール!!」と思わせるイベントでした。

レベル高かったぁ!!

その中にソロとして加えていただき非常に光栄でした。

それぞれがしっかりした世界観を持っている事に感銘を受けました。

今日観に来た人は本当に得しましたね。

僕自身では熱いバンドの中での弾き語りという役回りに、

どうなるか不安と期待でドキドキ、ワクワクでしたが

やはり自分なりの成長を確かめる事が出来ました。

観に来てくれた人達が、それを感じてくれていたら嬉しいですね。

しかし、ミューズであんな大きな声の「ニャーニャー」が聴けるとは・・・(笑)。

(セットリスト)

01.新たなる旅路

02.SARA

03.三日月の舟

04.癒しのボッサ

05.猫の手も借りたい

06.少年の歌

07.Good Morning Girl

・・・

あっ、それと26日の『Match Box vol.16』、何かが起こるかも・・・

それはまた明日。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

準備2。

まだ選曲しています(笑)。

短い時間で絞りきれません・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

準備。

今から選曲します。

今から荷物用意します。

今から衣装決めます。

今からシミュレーションします。

明日京都ミューズホールでお待ちしてます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

ハイ・ペース&マイ・ペース

3日、JEUGIA三条本店

4日、賀正ライヴ

8日、暴走オヤジの飛び入り

ちょっとハイペースすぎない(苦笑)?

とは、言ってもそれなりに自分で納得のいく感覚があるので

こういう時に良いイメージを体に入れておきたいものです。

さて、次に来るのは12日の京都ミューズであります。

ミューズホールは昨年後半から改装に入っていたので

約9か月ぶりになります。

それもちょっと珍しくバンド・サウンドの中に僕だけ弾き語りというブッキング。

メラメラ~bomb、これは燃える・・・(笑)。

オープニング・アクトながら一体何をしようかと考えております。

皆様、お待ちしております。

あっ、このライヴ同級生の永井君も出るよ(笑)。

1月12日(月)京都MUSE HALL

~TRIPY NEW YEAR !! in KYOTO~

トライポリズム / ししとう / Human Nature / 安田仁 / フォレストマウス

開場17:00 開演17:30

前売¥2,500 ※別途ドリンク代500円が必要

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

たしかにオヤジたちは暴走していた。

都雅都雅の新年会『暴走オヤジたちの宴』に行って来ました。

この新年会は都雅都雅とチキンジョージの共同企画で

普段アーティストをサポートしてくださるスタッフさんたちが

ライヴをするというもの。

実は昨年の『暴走オヤジの宴』に参加したために

チキンジョージ・ワンマンが決定したというなかなか因縁のあるライヴなのです。

今年も僕は観客で行った訳ですが、当然のように飛び入りで出演。

『三日月の舟』を一曲歌ったのですが、

面白い出来事としては非常に珍しいユニット

山田兎(Vo. AG)、まぁまのマシュケさん(Key,Cho)、安田仁(B、Cho)で

一曲プレイしました。これは非常に珍しい(笑)。

さて都雅都雅スタッフ、チキンジョージ・スタッフの熱演(?)は

昨年を超えるグダグダなものでしたが、非常に楽しめました(笑)。

ライヴ終了後、焼肉パーティー。

いろんな人と話して、交流を深めた訳ですが

やっぱりみんな歌が好きなんですね、ギターと歌が始まります。

最初は見ていたのですが「安田、なんかネタをせぇ!!」と・・・。

「ビートルズなら出来ますよ」

やっぱりビートルズは偉大です。こういう時に実感します。

みんな大合唱・・・♪。

僕は言語でいうところの英語を話せる人みたいなものです。

ビートルズを演奏出来る事で世界共通語を話せるようなものなのです。

僕は本当にビートルズに救われているわぁ(笑)。

まぁ、とにかく今年も夜中まで食って歌ってクタクタな一日でしたが

悲しい事に忘年会も新年会もずっとなかったので

個人的にはとても楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

Good-Bye, My Guitar.

「観たい!」というリクエストがありましたので

『Rock'n Roll Jesus』の動画アップしました。御覧ください。

さて、今日は少しだけ淋しいお話。

このブログを開始した頃に購入したエレキ・ギターをある人に譲る事にしました。

Guitar004 ギブソンのフライングV・67モデルです。

僕が初めて手にしたフライングVだったのですが

最近は2本目として手にしたコリーナがメインになってしまったので

ライヴに登場する機会も減ってしまいました。

どうせなら使ってくれる人に持ってもらおうという事で・・・。

でも少し淋しいです。

コイツは最初ライヴで使い物にならない状態だったので

ピックアップも交換し、良い状態にまでチューンアップしました。

あとやっぱりライヴで使ったので想い出が・・・。

もともとフライングVに憧れたのがコリーナVという58年のヴィンテージだったもので

まさかそのモデルを後に見つけてしまうとは思ってもいなかったのです。

そしてこの67モデルだってその代わりとは言っても、

大阪へ探しに行ってみつけたギターだったので

思い入れがないと言ったらウソになります。

だけどお別れです。

眠ったままのギターなんてギターもかわいそうです。

ありがとう、新しい持ち主に大切にしてもらうんだよ(涙)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

『Rock'n Roll Jesus』初演。

ただいま~、賀正ライヴから帰って来ました。

今年は非常にレベルの高いバンドさんのオンパレードでしたね。

とてもバラエティに富んだイベントでした。

我がBUNNY CLUBは久しぶりに曲数を減らし

おしゃべりを楽しみながらライヴをしました。

落ち着いたライヴだったのではないでしょうか?

そんな中でついに『Rock'n Roll Jesus』が初登場。

長い間、練習期間を費やしただけに

初めてのわりにはうまく行ったように思います。

これで連日ライヴは終了。

次は12日の京都ミューズホールですが・・・

どうも8日の都雅都雅で何かが起りそうな予感・・・(笑)。

ハハハ、どうなることやら。

(セットリスト)

01.お正月~恋するCLOCK

02.Good Morning Girl

03.君のいない部屋~Miss You~

04.二人はRUN AWAY

05.Rock'n Roll Jesus (初登場!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ライヴ・スタート。

2009年第一弾、JEUGIA三条本店のインストア・ライヴ終了しました。

観に来てくれた皆さん、いつもいつもありがとうございました。

チラシもたくさんの方に持ってかえってもらえました。

ありがとうございました。

さすがにお正月だけあって人もたくさんでしたね。

終わってから担当:N嶋さんと店長さんとお話して

今後どういう事しようか、なんて相談をさせていただきましたよ。

とりあえず来月はやり方を変えてみたいと思います。

その注目の来月は2月7日(土)です。よろしくね。

さて、その後で地下の楽器売り場へ。

店員さんが「どうぞどうぞ」と言ってくれたので、試奏タイム~。

ここではGibonのSGスペシャルとダブル・ネックを弾かせてもらいました。

SGスペシャルはピックアップがP-90。

たまたまなんですけど、最近最も影響を受けている

ピート・タウンゼントが70年代に使っていたギター。

弾いてみると、リードよりもサイド・ギターとして素晴らしいリフを奏でそうな音。

「おお~!!」声をあげるのはタダです(笑)。

そして初体験、ダブル・ネック。

ダブル・ネックはレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが

名曲「天国の階段」をライヴで弾く時に使用するギター。

もしくはポール・ファンならばウイングスのライヴで

デニー・レインが名曲「バンド・オン・ザ・ラン」を弾く時のギターです。

・・・弾いてみて、全然難しい(笑)。慣れるのに時間が掛かりそうでした。

12弦の方のネックが物凄く高い位置にあって弾きにくかったです。

ライヴで使えば面白そうだけどね(笑)。もうこれ以上は・・・(笑)。

あ、今日1月4日は賀正ライヴですよ。

BUNNY CLUB出陣です。19時ごろの出演です。

観覧希望の方はメールください。前売り扱いにさせていただきますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

2009年も攻める。

あけましておめでとうございます。

2009年も頑張ります!!

09010201

年明け早々のライヴ、1月4日の都雅都雅での

賀正ライヴが最初のはずでしたが

1月3日、JEUGIA三条本店のインストア・ライヴが

最初になりました。今年の三条本店トップバッター(笑)。

15時スタートです。入場無料。

1月4日都雅都雅は18時半スタート、でBUNNY CLUB登場は19時ごろ。

09010202 入場料は前売りが1,800円です。

チケット取り置きはメールなどでご連絡ください、よろしくお願いします。

写真は年末のBUNNYCLUB最終練習。

新しい曲やるかもしれません。

何事もチャレンジ(笑)、2009年も”攻め”で行きますよ(笑)。

年明け早々どうなることやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »