« 爪切りパッチン。 | トップページ | 明日はBUNNY CLUBが出ます。 »

2008年11月27日 (木)

『ボ』を聴いている。

ボ・ディドリーのデビューアルバム(1958年作品)を聴いてます。

ロックンロールの先駆者、ボ・ディドリーは

”ボ・ディドリー・ビート”を生み出した偉大なるミュージシャン。

去る6月2日に急逝。

この頃の音源を聴いているとブルースがロックへ移りゆく流れがわかります。

60年代に入って、イギリスの白人ミュージシャンがこぞって

R&Bや黒人音楽をカヴァーしていく訳ですが

そのカッコ良さというか憧れは

確実に「黒っぽい」荒々しさやノリにある訳で

人種的なものなのかなんなのか、やっぱり微妙に違うんですよね。

やはりオリジネーターは強い。

ちなみに『ヘイ・ボ・ディドリー』が好きです。

|

« 爪切りパッチン。 | トップページ | 明日はBUNNY CLUBが出ます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/43238218

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボ』を聴いている。:

« 爪切りパッチン。 | トップページ | 明日はBUNNY CLUBが出ます。 »