« ジェフ・ベック 『ライヴ・ベック’06』 | トップページ | ストレンジャー30周年。 »

2008年8月 2日 (土)

またディラン熱。

ここ最近、またボブ・ディラン熱が上がり出して

『Bring It All Back Home』を聴きまくっています。

ディランの5枚目にあたる本作は

フォーク期とロック期を繋ぐ役割をしているアルバムです。

この後の『追憶のハイウェイ61』があまりにも強烈なので

少し地味な印象もありますが

実はかなり面白い曲が収録されています。

『Subterranean Homesick Blues 』の言葉遊びは現代のラップ的でもあるし

世界初のプロモーション・ビデオとも言われているし

バーズのカヴァーで有名な『Mr. Tambourine Man 』や

名曲『It's All Over Now, Baby Blue 』もこのアルバムに収録されています。

この頃のボブ・ディランの映像を見るとなんとも不機嫌で

反骨精神の塊みたいでカッコイイ。

今更ながらにシビレるとはこの事なのです。

また当分、ディラン漬けの日々だ・・・。

|

« ジェフ・ベック 『ライヴ・ベック’06』 | トップページ | ストレンジャー30周年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/42043673

この記事へのトラックバック一覧です: またディラン熱。:

« ジェフ・ベック 『ライヴ・ベック’06』 | トップページ | ストレンジャー30周年。 »