« 弾き比べ、77年対05年。 | トップページ | 考えています。 »

2008年7月 8日 (火)

『死神の精度』。

伊坂幸太郎作品

「オーデュボンの祈り」に続いて「死神の精度」を読みました。

この人の作品は本当に様々な関連性がうまく出来ていますね。

ネタばらしになるので、あんまり書けないけど

最後、ハッとする・・・「これ短編集じゃなかったっけ?」って。

でもそれがなんとも心地よい。

そして不意をつかれた感じなので

その関係性を確認したくてまた読み返してしまう・・・。

この作品は”人が死ぬ”という題材を使っているのに

後味の悪さがない・・・死神のビジネス・ライクさ故か(笑)。

そしてこの千葉と名乗る死神のキャラクターがいいんですよね。

ミュージックをこよなく愛しているのがとてもいい(笑)。

|

« 弾き比べ、77年対05年。 | トップページ | 考えています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/41769351

この記事へのトラックバック一覧です: 『死神の精度』。:

« 弾き比べ、77年対05年。 | トップページ | 考えています。 »