« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

自分探しの一年。

2007年、もう終わりですね。

音楽を始めてもうずいぶん経ちますが

こんなに自分の音楽について考えた年はなかったなぁ・・・。

ブログにも書いていたけど

「自分が何者なのか?」それから始まって・・・

「自分にはコレしかない」って開き直って・・・

「自分を信じてみよう」って気持ちになって・・・

たくさんアーティストから刺激をもらって・・・

たくさんの人たちに助けてもらって・・・

たくさんのお客さんに応援してもらって・・・

たくさんのリスナーのみなさんと一緒に歌って・・・

音楽の本当の楽しみ方を覚えられた一年でした。

来年はこの経験をもっと活かせられるように頑張りたいと思います。

みなさん、お付き合いくださいね。

来年もよろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

モード突入。

年末年始を利用して、ついにレコーディング・モードに突入です。

ライヴが続いて出来なかったアイデアを基に

曲書きとミキシングに専念しています。ノリノリです(笑)。

『MATCH BOX LIVE』の新曲発表もあるので一石二鳥です。

作りまくります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

発売から一年が経ちました。

早いもので『GET BACK TO THE FINE DAY』が発売されてから一年が経ちました。

このアルバムは久しぶりの全国流通と言うことで

いつも以上に僕の音楽に触れてくださった方が大勢いたと思います。

本当にありがとうございました。

このアルバムが弾き語りライヴの布石になったのは言うまでもないですが

音楽性(ジャンルやサウンド)の幅広さがあるにも関わらず

「弾き語り」というシンプルな手段でみなさんに

『GET BACK TO THE FINE DAY』を紹介する事が出来て良かったと思います。

サウンドに負けないメロディを書けたからだと自負していますよ(笑)。

新しいリスナー獲得のためにまだまだライヴも続けていきます。

まぁ、一周年が過ぎてもこのアルバムを軸に頑張っていく訳ですが、

そろそろ新しいプロジェクトも動き出しています。

ただいま音楽室にこもっています。

懐かしい曲に新しい価値観を見出している今日この頃です。

詳しい事はまた後日・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『Mr.Christmas』の想い出。

今夜は・・・「Mr.Christmas」を聴いています。

一年に一度、この日だけは必ず聴きます(笑)。

シングルは持ってくれていますか?

この曲は2003年モスクリスマス・ソングのオーディションで

最終の5作品まで残り優秀賞をいただきました。

この曲には長いストーリーがあります。

実はそのオーディションの最終に残った時に、契約として・・・

「楽曲の管理はオーディション主催者が持つ」という項目がありました。

これのために「Mr.Christmas」は

”僕のモノであって僕のモノではない”という奇妙な関係になってしまいました。

この曲は『Dr.ポップの逆襲!!』に収録する予定だったのです。

いろんな方のアドバイスで

僕は権利よりも通過する事による注目度UPの方に賭けたのです。

「Mr.Christmas」は最優秀は逃したものの、その役割は少しだけ果たしてくれました。

しかし、同時に「これでこの曲は音源に出来ない」という寂しさも・・・。

この曲の出来から考えて、その「見返り」と「封印」はあまりにも痛かった。

僕は隠れるようにこの曲のシングル盤を作りました。

違反かな?という気持ちは持ちながらも、この曲をお蔵入りにする事は出来なかった。

こうして安田仁の初シングルはこうした事情から作られたのでした。

ライヴで歌うことに問題はなかったので

それ以後毎年12月のライヴでは「Mr.Christmas」を披露しました。

一年に一度再会する曲。

もちろん今年12月17日の”Match Box Live vol.3 クリスマス・スペシャル”でも

BUNNY CLUBで演奏しました・・・。

ただ今年はいつもと気持ちが違ったんです。

実は楽曲が使用されることもなく、管理だけしている事に納得がいかず

気になって楽曲の権利をモス・バーガーに確認した所

楽曲の著作権管理が優秀賞に関してはなされていない事が判明、

もちろん楽曲の使用もOKが出たのでした。

僕は今年、何の曇りも無く「Mr.Christmas」に向き合えたのでした。

それは自分の曲が返ってきた日。

いつも応援してくれているみなさんに「この曲は僕が書いたんだよ」って

胸を張って言えた気分。

この曲、来年聴いてもらえるだろう新音源の第一弾に収録する予定です。

きっとクリスマスじゃなくても気軽に聴いてもらえる日が来る事でしょう。

「このクリスマス・ソング、僕が書いたんだよ・・・(笑)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

練習でこんな日もある。

スタジオ・・・1月5日のリハーサル。

う~ん、どうも噛み合わない。

とても楽しいのに噛み合わない。

漠然とした練習、3回ぐらいしかないんだけど・・・(笑)。

それでも新曲をしようとするバニーは面白い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

開放感。

ライヴから数日が経って

年内はもうライヴがないという開放感を味わっています(笑)。

チラホラとクリスマス・スペシャルの反響が返ってきたりして。

僕自身、年内ラストっていう節目がいつも以上に楽しめた要因なんでしょうね。

久しぶりにDVDを借りました。

『クロッシング・ザ・ブリッジ~サウンド・オブ・イスタンブール』という

音楽ドキュメンタリー映画です。

東と西の音楽が交錯する街、イスタンブールの音楽

サイケ・ロック、ヒップホップ、パンク、ジプシー音楽、民謡・・・などの魅力が

イスタンブールの文化や宗教などを経て、どのように根付いているか知れます。

まだまだ世界にはたくさんの音階とリズム、メッセージがあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

2007年の全ライヴ終了。

2007年最後のライヴ無事終わりました。

・・・いや、「無事」ではなく「大成功」で終わったと言わせてください。

本当に幸せな時間・・・笑い、泣き、夢、緊張感・・・。

いろんな感情の中で奏でる音楽は格別な味わいでした。

☆サポートしてくれた、なおみんとのぞみんありがとう。

素晴らしい『Sunny』を奏でられました。

☆カワショウ、一年を通じて本当に手伝ってくれてありがとう。

☆曽根田さん、ステージに出ない君を無理やり引っ張り出してごめんね。

ありがとう。来年も相談のってね。

☆BUNNY CLUB、仕事帰りのリハなしライヴご苦労様でした。

また来年も楽しいライヴやろう。ありがとう。

☆都雅都雅スタッフのみなさん、本当にいつもありがとうございます。

来年も月一のMATCH BOX LIVE 頑張ります。よろしくお願いします。

☆今日来てくださったたくさんの観客のみなさん、

素晴らしい夜をありがとうございました。

僕のお客さんは本当に最高のお客さんです。

☆あと今年ライヴに来てくださった全てのみなさん、

一年で歌ったオリジナル曲計63曲、年間ライヴ本数24本終了です。

本当に感謝です。ありがとうございました。

2007年僕はついにLIVE MANになりました。

来年はこの経験をもっと活かして新しい挑戦をします。

来年もたくさんのみなさんとコール&レスポンスのあるライヴが出来るよう頑張ります。

・・・と言っても年が明けたらすぐにライヴな日々が待ってますがね(笑)。

(セットリスト)

01.きよしこの夜~新たなる旅路

02.NO REASON

03.三日月の舟

04.癒しのボッサ

05.FLOWER SHOPのおねぇちゃん

06.Shining Star

07.SNOW MAN (with川島)

08.Your Smile (with川島)

09.Sunny (withなおみん&のぞみん)

10.Happy Christmas (War is over) (with曽根田浩輔)

11.天使と悪魔

12.ステキな時

13.片思いの予感

14.妖精のワルツ

15.少年の歌

16.猫の手も借りたい

17.Good Morning Girl

18.この風に身をまかせて

(アンコール)

19.Mr.Christmas (BUNNY CLUB)

20.二人はRUN AWAY (BUNNY CLUB)

21.翼

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

明日(17日)は都雅都雅へGO!

2007年最後のライヴなのでハリキッっておりますが

少しお疲れ気味・・・。

本番までにエネルギーを使いきらないようにしないといけませんね。

ミュージシャン仲間にしても、お客さんにしても忙しい合間を縫って

都雅都雅に駆けつけてくれます。

僕はそんな期待に応えられるように全力を尽くします。

日曜もまだリハーサルがありますが

しっかりと体力を回復させて本番に挑みます。

月曜は都雅都雅へGO!なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

ゲスト・サポートに2組。

17日(月)の『Match Box Live vol.3 クリスマス・スペシャル』は

ゲスト・サポートが何組か登場してくれます。

今日はその打ち合わせが2つ。

昼過ぎから”ming∞ming”のキーボーディストのぞみんと。

なおみん&のぞみんと三人で一曲する事になり、エレピとアコギでアレンジ。

まぁ、結局練習よりもおしゃべりの方が多かった気もしますが(笑)。

普段、プレイしない人との音楽は刺激があります。

どうなることやら(笑)、お楽しみに。

夜になると、おなじみカワショウさんが・・・。

カワショウさんも今年はBUNNY CLUB以外でもよくサポートしてもらいました。

彼にとってはまだ荷が重い事も頑張ってくれました。

来年はもっと引っ張り出して経験積ませよう(笑)。

・・・明日も引き続き音楽室にこもります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

祝・再結成 レッド・ツェッペリン

ついにレッド・ツェッペリンが一日だけの(?)再結成を果たしました。

ネットで探しまくって映像を見ました。

ジミー・ペイジは髪を銀髪にしていた。

ロバート・プラントは山男のようだった。

ジョン・ポール・ジョーンズは道で見かけたらきっと気づかないだろう(笑)。

オリジナルよりもキーを下げた曲もあったようだった・・・。

でも・・・でも・・・かっこよかった。

歳をとろうが、メンバーが死んでしまっていようが

メチャクチャ演奏の上手い完全コピー・バンドよりも

その曲を書いたオリジナルな人達の方がいいに決まってる。

僕はそう思います。

ツェッペリンの曲ってやっぱりカッコイイ。

また改めて思っています。

ギターやってる人は絶対弾きたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

案外真面目。

今日は一日音楽室に閉じこもり。

選曲と練習、なぜかドラムを打ち込んだりしてました。

お金がないと真面目に音楽するんだよな、これが・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

募集中。

あと一週間で『Match Box Live vol.3』です。

なにかと準備に忙しくなると思います。

打ち合わせが上手くいかなかったりしていますが

今年一年の力を存分に発揮したいです。

今年はライヴを通じて本当にいろんな方と交流を持ちました。

今更ながらとても成長出来たと自分では思っています(笑)。

まだ甘いかな(笑)。

でも真剣な話、こんなに頑張れた事はとても誇らしげです。

だから年内最後は自分自身もいつも以上に楽しみたいな。

一緒に楽しんでくれる人募集中・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

今日はやっぱり…

ジョン・レノンを聴いてしまいます…。
ジョンの声は、優しい声と
内面をえぐるような叫びがあります。
ミュージシャンというより
とても「人間くさい」感じ。
それが魅力…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

歌ってきましたよ。

ただいま~。

和音堂の2周年記念イベントで歌ってきました。

非常に素晴らしいアーティストさんたちのパフォーマンスを観て

”トリ”のプレッシャーを感じながら(笑)、自分なりの音楽を楽しんできました。

今日も温かいお客さんの中で歌わせてもらったのですが

『猫の手も借りたい』で新しい掛け声が誕生しましたよ(笑)。

それはまた『Match Box Live』でお話しますね。

さぁ、年内ライヴもあと一本!!

12月17日『Match Box Live vol.3 クリスマス・スペシャル』です。

頑張るぞ~!!!!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年12月 5日 (水)

明日弾き語り。

明日和音堂で弾き語りします。

和音堂の2周年記念らしく

たくさんのアーティストさんが出演します。

リハーサルなどがないので、どんな感じになるかわかりませんが

よかったら観に来てくださいね。

トリですので、夜遅いですよ~(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

『Lady Madonna』

ビートルズのカヴァー『Lady Madonna』の動画をアップしてみました。

2007年10月29日”Match Box Live Vol.1”より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

「ギター愛」

雑誌『BRUTUS』12/15号の特集は「ギター愛」。

ギターを愛する人たちの記事が満載です。

もちろん僕もそんな愛を持った一人。

この特集の8つのQuesutionに自分も勝手に答える事にします(笑)。

●ギターを始めたのはいつ?

「中学1年。曲作りがしたくて家にあったアコギでコードを覚えた。」

●最初に買ったギターは?

「Tokaiの白地に黒いピックガードがついたストラトキャスター・タイプ。3万円。」

●初めてギターに触れた時の感触は?

「弦高が高くて指が痛かった・・・だと思う。」

●何本持ってる?

「ちゃんと使えるものは・・・エレキ3本、アコギ2本、ベース2本。

あとメンテナンスが必要なのが1本。」

●弾く楽しさ、快感とは?

「ギターは時間を忘れさせてくれる。昔は単に歌を作る道具だったんだけど、

今はギターの音色や見た目も大切。カッコイイ音だろ!?カッコイイ顔だろ!?

・・・そんな感じ(笑)。」

●ギターヒーローは誰?

「ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ピート・タウンジェント」

●ギターはどんな存在?

「絶対必要なもの。」

●もしギターに出合っていなかったら?

「もっとうまく世渡り出来ていたかもしれない(笑)。」

071022007歌を作る道具だったはずのギターが

BUNNY CLUBを結成してからギタリストという位置を意識しだし、

歌を歌う事と同じように(以上に?)ギターに対して

愛着を持つようになった安田仁さん。

長いバンド経験でサイド・ギタリストから

3ピースの時はリード・ギターも担当するようになりギターに対する認識や愛情は

一気に加速していったという・・・。

「今まで手にしたギターの中には衝撃的な出会いをしたやつもあるので、きっと自分の人生にギターは”縁”があるものなんだなと思います。」

・・・以上。

※ギタリストのみなさん、この質問をぜひやってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

年末へ向けて。

『Match Box vol.3』の打ち合わせです。

何組かのゲストと共に今年最後のライヴが出来そうですよ。

基本的に一人で2回頑張ってきましたが

誰かに参加してもらって音を奏でるのも良いのではないでしょうか?

だって年末だもんね(笑)。

ライヴに忙しかった一年ですから、最後は忘年会的に・・・。

おいおい発表していきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »