« 作曲と編曲の間で。 | トップページ | 天気の境目。 »

2007年8月13日 (月)

ギターの個性と発展。

ギターのお話。

ギターにはそれぞれクセみたいなものがあって

一見同じ形をしていても様々な要素でその音色は異なるものです。

ギターを買う時は基本的に試奏して

自分の望んでいる音かどうか確認するのですが

そんな事より見栄えがカッコイイから購入してしまう事もよくあります(笑)。

そういう場合、やっぱり音で苦労する事が多いのです。

今年、僕が頻繁に使用しているフライングVも

ピックアップの交換やエフェクターの変更を経て

やっとステージで使用するようになりましたし、

メインのレスポールも、ピックアップを交換した時はかなり大変でした。

しかし、この苦労がギターへの愛着に変わるんですよね。

それだけそのギターの事を考えた訳ですから。

・・・で、ここまでは僕がよく書いたりしゃべってる話(笑)。

今回はあるギタリストがギターを買って、その苦労を体験しているんです。

僕の楽器ではないので、横からそれを見ているだけなのですが

もうドキドキなんですよね(笑)。

自分の事のようにネットで検索したり、本で調べたり・・・。

彼が早く『自分の音』が探せる事を祈っております(笑)。

(お知らせ)

~8月27日(月)都雅都雅において、安田仁ソロワンマンです!!~

チケット予約受付中(前売り:1500円1ドリンク別)

開始:19時スタート

☆シンプルな弾き語りで構成される・・・と思っていたけど?!?

|

« 作曲と編曲の間で。 | トップページ | 天気の境目。 »

コメント

「自分のギター」を組み上げる・・・
大変な作業なんでしょうが、それが醍醐味だったりするんでしょうねぇ
その「彼」の自分のギターから溢れ出す音色が楽しみですね!

投稿: ごんたろ | 2007年8月14日 (火) 21時03分

「彼」の音はどうでしたか?
まだまだこれからですが、みんなで見守っていきましょうね。

投稿: 安田 仁 | 2007年8月29日 (水) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/16095518

この記事へのトラックバック一覧です: ギターの個性と発展。:

« 作曲と編曲の間で。 | トップページ | 天気の境目。 »