« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

おばあちゃんとの想い出。

おばあちゃんと住んでる時期がありました。

両親とは住まずに。

小学生の間、ずっとだったかな?

今となってはいつからいつまでなんてちゃんと覚えてないですが

考えてみるとかなり長い間でしたね。

僕は”おばあちゃん子”だったんです。

ウチのおばあちゃんは若柳流という日本舞踊のお師匠さんでした。

踊りの稽古に来られる方を見ながら、

一緒に踊ったりしているうちに日本舞踊を習う事になりました。

最初に「奴さん(やっこさん)」という踊りを習いましたよ。

発表会にも出ました。当然もう忘れちゃいましたけどね(笑)。

扇子を回す技で”かなめがえし”というものがあるのですが

左利きの僕は両手でそれを器用に出来たので、驚いてもらえたのを覚えています。

おばあちゃんのそれは指先が伸びて、手が綺麗に反っていたので

とても滑らかに扇子が回っていました・・・。

とにかく踊りを習えた事は僕のその後に大きな影響を与えたと思います。

一緒に住んでいたから他にもいろんな事があったな。

今日はフッとそんな事思い出してました。

おばあちゃん、ありがとう。

さようなら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

疲れてるんだわ・・・。

昨日のライヴで疲れて、さっき居眠りをしてしまったんですけど

エンドレスに何度も『癒しのボッサ』を歌わされる夢を見ました(苦笑)。

悪夢だ・・・(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

お疲れ様でした。

昨日は平日にも関わらず、

本当にたくさんの方に最後まで残っていただいて本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

また出演者のみなさんもそれぞれ歌を大切にされている方々ばかりで

とても勉強になりました。

昨日のライヴは、と言いますと・・・

30分という枠の中に「自分らしさ」を詰め込むにはどうしたらいいか?

なんて事を考えて出番を待っていました。

「今日の僕の役割はココかな?」なんてパズルのピースみたいに考えて

一曲目の選曲を変更してみました。

最後の曲も意識的にバラードは避けました。

それは見ている方にはどう映ったかわかりませんが、

自分ではそれでよかったと思っています。

僕の表現方法には「選曲」が非常に大きな意味がある事を

再確認した一日でしたね。

またビデオで確認して感想書きます。

・・・さて、昨日今後のライヴの予定を相談しておりまして

8月3日のライヴはBUNNY CLUBでの出演で決まりそうです。

あと、8月の最終週の平日に

ソロの弾き語りワンマンをする事になりそうです。

12月のニューアルバム発売記念以来の都雅都雅ワンマン!!

さぁ、新しいアイデアを練ろう(笑)。

詳細は後日・・・。

(セットリスト)

1.HAPPY WEEKS

2.Sunny

3.RAINY DAY

4.癒しのボッサ

5.Your Smile

6.翼

7.猫の手も借りたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

本日弾き語りです。

6月27日(水)都雅都雅にて弾き語りします。

今回も素晴らしいアーティストさん達との対バンです。

その中で自分らしいステージが見せられたら・・・と思っています。

選曲、結局まだ絞れてません(笑)。

明日は久々にシンプルに行こう・・・お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

『WEDNESDAY』コード譜。

WEDNESDAY

  F                E♭ D     Gm

 WEDNESDAY とてもいかしたLADY

 B♭m6    Am7 D

 ちょっとすました態度に

   Gm  C7  F ※C(+5) E(+5)

 髪をゆらし 通り過ぎる

 お嬢さん あなたは魅力的

 僕のことなど知らずに

 腰をフリフリ DOWN TO STREET

         B♭maj7    Bdim          Cm

☆HEY いつでもLONELY みつめるだけのLAZY

  D7         Gm  C7        F[Gm7 G♯m6 Am(+5)]

臆病すぎる恋 だけど気になるBEAUTY

B♭maj7     Bdim     Cm

 LOVELY 瞳をはずせない

    D7         Gm   C7              F C(+5) E(+5)

 天秤にかけても つりあわない あなたと僕

 WEDNESDAY 今日もいかしたLADY

 あなたはいつも素敵に

 輝いてる SHININ’ ON ME

repeat

 WEDNESDAY あなたと恋をSOMEDAY

 二人で街歩きたい

 二人フリフリ DOWN TO STREET

 夢でフリフリ LOVE ME DO

 めまいしそうな 恋の夜

(安田仁ピアノ奏法解説)

ピアノで弾く場合、左手のベースはコードの1度と5度で二分音符で(例外あります)右手はコードを四分音符で刻みます。エンディングなどのコードが書いてない部分は全て書いてある部分でまかなえますので耳で確認してください。

コードは難しいテンションコードが含まれていますが、実は僕の場合ほとんど一番効果的な音3つしか押さえていません(笑)。しかしコードのトップにくる音やコードの密集した時の音色には結構気を使っているので押さえ方を工夫してみてください。[Gm7 G♯m6 Am(+5)] の部分はベースが上がる時の慣用句みたいなものですので、一回覚えてしまうと結構他の曲でも使っているのがわかりますよ。僕のピアノは丁寧さよりもノリ重視ですので(笑)、正しく弾くよりもイメージを大切に弾いてくださいね。

実は僕も譜面を見ずにコードから曲をカヴァーしていた方なので、この方法は応用が効く奏法だと勝手に思い込んでいます(笑)。ぜひ試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

選曲思案。

今週水曜日、都雅都雅で弾き語りです。

実はまだ選曲悩んでます。

何を歌うべきか・・・。

ギリギリまで考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

歌を作りまショー。

歌詞に対する反響が結構ありました。

「どうやって作るの?」みたいなものが多かったですね。

「どんなメロディがついてるの?」とか「いつ披露するの?」とか。

ありがたい事です。

新しい曲を聴きたいって思ってくれてるんですから。

僕は本当は完全に完成するまでは

他人に見せるべきではない、と思っている主義です。

それは周囲の言葉によって自分の作品が歪むから。

特に他人の意見に左右される人はやめておきましょう(笑)。

批判も賛辞も完成してから受けるのが正当ですね(笑)。

しかし僕はそう言いながら、ブログを使って発表したりしています。

それは・・・自分が揺るがなくなった、という事を感じたからなんです。

自分が生み出していくプロセスと結果に対して納得いっているのでしょうね。

たとえ1時間で曲を書いたとしても、意外に考えて作ってるんですよ(笑)。

これからも歌詞はアップしようかなと思っています。

ライヴもずっと続くのでチャンスがあれば、いきなり披露とかしてみたいですね。

歌を一曲完成させるライヴとか面白いかもしれませんね。

新しい実験的なリスナーのみなさんとの交流の場を作りたいです。

夢ってちょっとしたアイデアで膨らむものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

出来立てのホヤホヤ。

一曲作りました。

[Rainbow]※プロトタイプ、歌詞変更の可能性ありです。

君の心に続く 七色の橋を探す

雨がやんだ青い空に美しく架かる

それはRainbow あの橋を渡ろう

空にRainbow きっとたどりつけるさ

君の本心を探る ゲームのような駆け引き

笑顔や仕草や言葉に 僕はまた揺れる

そこにRainbow 虹をみつけた

空にRainbow 上を見て行こう

Hey My Girl いつになれば

二人の恋は素直になれるだろう? なれるだろう?

君は時に無邪気で 見失いそうになる

僕の胸にはポッカリ大きな穴が開いたようさ

だけどRainbow あの虹を頼りに

空にRainbow その先に君がいる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

格闘ロマン。

僕らの子供の頃、プロレスブームがあって

僕も熱中したものでした。

あの頃、アントニオ猪木はかっこよかった・・・。

という事で『アントニオ猪木も燃えるパチスロ機』を打ってきました(笑)。

07062201 4種類のボーナスがあって

なかなか遊べるパチスロです。

ビッグボーナスの後には『修行RT』というのがあって

猪木が世界各国で修行をし、師匠から巻き物を取ると

必殺技を伝授されていきます。

最後に試合をして、勝利するとボーナスが継続するという仕組み。

07062202

猪木ファンおよび、プロレスファンは楽しめると思います。

話は懐かしい思い出へ・・・。

あの頃、本当に「世界一猪木は強い!」と思っていたので

ハルク・ホーガンにKOされた試合は忘れられません。

マサ斉藤と巌流島でした無観客試合はその頃の僕にはピンときませんでした。

ブルーザー・ブロディとの「運命」の初遭遇は興奮しましたが

もっと体力的に衰えてない頃に試合出来てたら・・・と感じました。

現在、プロレスをリアル・ファイトと言う人はいないでしょう。

しかしプロレスにはたしかに『格闘ロマン』があります。

殴って蹴って相手を潰すものよりも

相手の技を受けて、時間を掛けて弱点を攻め

最後に必殺技を繰り出す・・・その流れには意味のある過程と結果があるのです。

ちょっとおおげさ?(笑)

でもそういう事なのです。

猪木の試合に魅せられた人達は

猪木のプロレスが必ずしもハッピーエンドでない事を嫌というほど見せられました。

それが人生だとは思いませんか?

その栄光、挫折、悲哀、怒り・・・なんかいろんな感情がこんがらがるのです。

やっぱりおおげさ?(笑)

サッカー監督のオシムがトランプ・ゲームで人生に例えるように

猪木のそれからも人生を学ぶことが出来ました。

そして現在・・・

パチスロに一日中頑張った僕は栄光と挫折、悲哀と怒り、そして喜びを経て

財布の中身は朝来た時と同じ額

「人生ってプラマイゼロなんだなぁ・・・」

また人生を猪木に教えられたのでした(笑)。



| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年6月20日 (水)

回り道の美学。

『サージェントペパー~』40周年というのは、ここ最近よく書いているんですが

関連本がたくさん出て、

それを読みながらヘッドフォンで聴いたりしています。

僕の中の想像(創造)力もグングンアップしていってますよ。

そんな関連本の中で面白いのを一冊。

ビートルズのエンジニアだったジェフ・エメリックが書いた

『ザ・ビートルズ・サウンド最後の真実』です。

この本はビートルズを知っている人と音楽をやっている人にかなりオススメです。

ビートルズが好きな人なら、メンバー達が音楽に対してどんな感じだったのか

どんなにギクシャクしていたか知る事ができるし

あの曲はどういう風に完成したのかみたいなエピソードも興味深いです。

音楽をやっている人間にとっては「アイデア」の大切さを知る事が出来ます。

今のパソコンでなんでも出来る当たり前の事を

60年代当時はアイデアを出して乗り切ったという事。

僕はこの「遊び感覚」や「アイデア」が大切だと思っています。

ボタンひとつで出来る事をボタンに頼らずする面白さ・・・発見。

「回り道の美学」とでも言いましょうか?

ちょっと紹介した本から内容がズレてるかもしれませんが

そんな事まで考えさせてくれる本でした・・・僕にとっては(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

荒業、三曲同時。

・・・で、家に帰ると曲を書いております。

今取り掛かっている曲は3曲。メロディは完成しています。

三曲とも歌詞が出来ていません。

問題は「歌詞」。今回はかなり難易度が高い。

歌詞は本当に難しいです。

あまり意味のない歌詞は歌いたくないし

でもメロディや母音は大切にしたいし

”ダブル・ミーニング”と言われる、要はダジャレもいっぱい使いたいし・・・(笑)。

書いては消してを繰り返しています。

「これは!」って言うのが出来るまでは神経はそちらへ行ったままになるでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

釣りました。

ライヴが終われば釣りです。

ここ最近このパターンが非常に多い。

釣りが僕の精神状態に非常に良い効果をもたらしてくれています。07061601

浜大津は以前、護岸工事で魚が全くいない時期がありました。

だからずっと寄り付いてなかったんですけど

久しぶりに来ました。

いったい何年ぶりかな・・・?

まぁ、のんびりいこう。

またいつものように綺麗な景色を見ておりました。

07061602 太陽の光と空と雲が混ざり合って出来る色は

いつ見ても見入ってしまいますね。

自然が作り出した芸術の色合いです。

おっと、バス釣りに来ていたんだ・・・(笑)。

黙々とキャスト、キャスト、キャスト・・・ピクピク!!

サイズは上がらなかったけど、結局4匹ほど釣りました。

07061603 3匹はカットテイルをノーシンカーのトゥィッチで。

1匹はバイブレーションで。

これはルアー(疑似餌)の種類と釣り方です。

バス釣りは音楽しか趣味のなかった僕が

珍しくハマッたアウトドアです。

いろんな問題があって少し離れていましたが、やっぱり好きなんですよね。

前にも書きましたが、以前のように釣る事が一番の目的ではなくなりました。

しかし害魚、ブラックバスとの出会いも僕にとってのひとつの出会い。

この瞬間だけは誰にも邪魔させないぞ(笑)。

また早く行きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月16日 (土)

「実は歌を歌ってます。」

最近自分が音楽人である事を

いろんな方に知ってもらう機会が増えています。

ライヴをやっているから、というのではなく・・・。

仕事関係の人にどうしても話さなくてはならない状況になったりしてるんです。

今までは隠すって訳ではないんだけど

自分から「歌作ってます」みたいな事は極力言いませんでした。

別モノみたいにしていたんです。

だけど今はそんな事も言ってられない感じ。

あと立場的にどうしても言わなければならない時もあります。

やっぱりたくさんの人の自分の音楽聴いてもらいたいですもんね。

これも「欲」が出てきたって事なんでしょうかね?

自分の音楽の知識を活かす事が出来る今の仕事は

多少の不満はあれど・・・

僕にとって「自分を必要とされてる」という実感があります。

でもやっぱり本当にしたい事は自分の音楽を聴いてもらう事。

まぁ、このへんに関して言うと僕らしくもなく悩む事もありますけど

それはキャラクターではないので、あんまり考え込まないようにしてます。

とにかく一日一日、自分の良いと思った音楽を生み出していく事と

僕の音楽を応援してくださる方を大切にする事が

良い答えになると信じて、進んでる毎日なんですよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

曲書きます宣言。

新曲を書くことにしました。

アイデアが湧いてきました。

とりあえず「猫三部作」の最終章と

今までに書いてなった感じの曲に挑戦してみます。

やっぱり曲書くのが好きなんだね・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

もう次の事に目を向けて。

次回ライヴの告知します。

6/27 都雅都雅 ソロ弾き語り

出演:まぁま/みかとやす/まちだこうぞう/夕霧(楓&わか)/安田仁

開場:18:30 開演:19:00

前売:1500円 当日:2000円 (1フード&1ドリンク別)

僕は4番目(20:30頃だろうか?)。チケット販売中です。

7/8 和音堂 ソロ弾き語り

出演:どんぐり/SongBird'z/安田仁

開場:19:00 開演:19:30

チャージ料:1000円 (ドリンク別)

僕は3番目の出番(20:50ごろ?)

9日のライヴで好評だったものをするのか、

それともタイムアップで出来なかった曲をするのか、

はたまたリクエストにも出ていない楽曲をプレイするのか、

それは・・・

来てくれた人だけがわかる!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

欲しい。

ipodが欲しい。

ナルシストみたいだけど、自分の曲を全部入れて・・・

間違えないように歌詞を覚えたい(笑)。

『apple ipod+itune HP』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

過去と現在がつながった瞬間。

昨日の音楽部屋ですごく嬉しかったのは

昔のCDがよく売れてくれたことです。

僕は自分の作品の成長度合いがわかっていますから

「どれがいいんですか?」って逆に尋ねられると

やっぱり近年の作品をオススメしてしまいます。

それは作品としての全体のクオリティから見ると仕方ないことだと思います。

でも最近応援してくださるみなさんは本当に

そういったサウンドや録音技術よりも

曲そのものを見つめてくださる方々なので非常に嬉しいです。

1989年、僕のファースト・デモ・テープ『MYSTERIOUS HANDS』に

興味を抱いてもらえるのは喜ばしい反面、とても恥ずかしいです(笑)。

それでも買ってくださる方々を見て

長い付き合いのごんたろさんにつぶやきました。

「本当に作っておいてよかったなぁ~」って。

うん、絶対良かった。

僕はちゃんと今までの作品をしっかり残して本当に良かった・・・心から言えますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

『安田仁の音楽部屋part3』。

『安田仁の音楽部屋part3』終わりました。ありがとうございました。

リクエスト大会いかがでしたか?

初めて人前で歌った曲が多くて冷や汗でしたよ(苦笑)。

そのぶん、この半年で歌ってきた歌にはだいぶ感情が込められたり

スピード調整も上手く出来たと思っています。

昨年12月のまっちゃんからはじまったライヴ・ツアーの成果を

ちょうど半年経った同じ場所で出せてよかったと思っていますよ。

それと同時に課題もありました。

これからもっとみなさんに楽しんでもらうために頑張りますね。

でも最初弾き語りが始まった時のみなさんのエネルギーにびっくりしました。

あんなの初めてでした・・・。

みなさんの「聴こう!」とか「見よう!」みたいな姿勢・・・。

僕はみなさんの”気”みたいなものに押されるような感覚を感じました。

これって最上級の幸せですよね。

その時に「押し返さなくては!」って必死に思っていました。

緊張してるのを悟られてはいけない!って(笑)。

僕がすべき事は観に来てもらっているみなさんに満足して帰ってもらう事です。

声か

メロディか

歌詞か

演奏か

おしゃべりか

アイデアか・・・

僕にはみなさんが求めているものをすべて把握はできません。

自分自身も手探りで自分が感じるパフォーマンスをしています。

巧さを見せる「パフォーマー」にはなれていないかもしれないけれど

それよりも

音楽を通して

楽しい時間を作り発信出来る「人」になりたいと思っています。

これからライヴ後半戦がスタートします。

またお付き合いくださいね。

<セットリスト>

01.THE BUSKERS (※アコギバージョン初登場)

02.UP AND DOWN (※アコギバージョン初登場)

03.SARA

04.OH MY FRIEND

05.RAINY DAY (※初披露!)

06.WEDNESDAY (※初披露!)

07.本当のボク (※初披露!)

08.BREAKDOWN (※初披露!)

09.翼

(休憩)

10.新たなる旅路

11.猫の手も借りたい (※アコギバージョン初登場)

12.癒しのボッサ

13.SNOW MAN (※初披露!)

14.Your Smile

15.二人はRUN AWAY

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

一ヶ月ぶりの弾き語り。

本日、アコースティックパブ&ランチまっちゃんで

『安田仁の音楽部屋part3』です。

今回も楽しいときを過ごしましょう!!

あと、Youtube動画にてソロ弾き語りライヴをアップしました。

楽しい雰囲気の映像ですよ。どうぞご覧くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

選曲に関する報告、その2。

ここに来て選曲を変更するという暴挙に出ました(笑)。

これは当日にせっかく使用する機材を十分に使い切るためです。

観に来てもらった方に僕のレコーディング作業のちょっとした部分を

解説付きで見てもらいたいと思います。

楽しいかどうかは疑問(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

選曲に関する報告。

9日に来てもらうはずだったゲストが

急遽仕事の関係で来ていただけなくなりました。

そのため残念ではありますが

そのゲストの方関係に用意していたリクエスト曲は

今回見合わせることにしました。

次回来ていただいた時にゲスト関連の楽曲はプレイしたいと思いますので

リクエストの選曲からは削除します。

すみません。

詳しくは当日に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

新曲発表会。

070605 原こうじ新曲『ありがとう京都』発表会。

京都リーガロイヤルホテルで行われました。

観客約600人にはぶったまげました。

声の調子はかなり良かったようです。

親の力をまざまざと見せつけられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

ポールのニュー・アルバム。

今日、お昼ごろから頭痛でした。これはかなり珍しい・・・。

さっき少し寝てマシになりましたが。

さてひょんな事からポールのニューアルバムを聴くことが出来ました。

6日発売の『追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル』

長年の古巣EMIからスターバックスとコンコードのレーベル

「ヒア・ミュージック」への移籍でかなり話題でした。

ニューアルバムは前評判かなり高いようです。

僕の印象、聴いてみて・・・。

かなり難しい。メロディが一回聴いてでは入ってこないです。

サウンドがかなり凝っています。

聴き込みが必要な「スルメ・アルバム」だ、噛めば噛むほどっていうやつ。

僕はご存知のように、「大」がいっぱいつくほどのポール・ファンですが

ここですぐに絶賛するのはやめておきましょう。

ただ、いまだにこれだけ野心的な作品が書ける事には驚きです。すげぇ。

ちょっと時間かけて聴きたいアルバムです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

40周年。

先日も書きましたが

ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』

発売から40周年記念だそうです。

このアルバム、おそらくロックという音楽に多大な影響を与えた訳で

その影響を与えられたモノの中に僕もいる訳です(笑)。

何が「凄い!」とか、前にもブログでとりあげたのですが

やっぱり、自分で聴いて感じて欲しいと思うんで

今日はあまり書きません。

・・・が、今でも僕は「アルバムを作りたいなぁ~」って思うと

必ず『サージェント・ペパーズ~』は聴きます。

とにかく僕にとって想像力を掻き立てられる一枚なのです。

きっとビートルズのベスト・ソング、ベスト・アルバムも

人によって違うだろうと思いますが

音楽が最も刺激的だった時代の頂点だった事実は変わらないです。

40年前の、というか20世紀の頂点、ぜひ感じてみてくださいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

ウサギたちの財産。

今日はBUNNY CLUBのギタリスト、

期待の3年目カワショウくんとギターの練習をしました。

彼の成長がこれからのバニーには大きな財産になるんですよね。

キャリアが少ないのと、

浅井や大西や僕に比べて目立ちたがり屋じゃないんで

まだまだ自分をステージでさらけ出す事は出来ないかもしれないけど

地道に頑張っていいギターを弾いてほしいな。

9日も手伝ってくれるんで、応援してあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »