« 予告どおりカレー報告。 | トップページ | ひとつひとつを大切に。 »

2007年3月25日 (日)

一本の音楽。

今から20年も前の話です。

ビートルズに衝撃を受けて、ギターを持って歌を作り始め、

それ以来「音楽」が自分の人生を大きく左右するものになりました。

僕は洋楽からたくさんの事を学び取ってきたのはいつも書いている事ですが

実はただ一人、日本人のアーティストで強い影響を受けた人がいます。

その方は村田和人さんと言います。

村田さんの音楽に触れたのは京都のラジオ番組でした。

毎週ビートルズやビリー・ジョエルの曲を演奏するコーナーがあって

楽器や曲作りを始めたばかりの僕は毎週欠かさず聴いていました。

そして月日は流れ・・・

表現者の端くれとしてライヴ活動やソング・ライティングをするようになり

自分なりの音楽を探したり悩んだりしている今・・・

遠い記憶にあった「村田和人」という自分のルーツでもあるアーティストに

再びめぐり合うチャンスを神様は与えてくれました。

僕がお世話になっているライヴハウス「都雅都雅」で

村田さんはギターの山本圭右さんと一緒に定期的にライヴをされています。

今日そのライヴ観に行ってきたんです。

お話もさせていただきました。

ラジオやテレビを見ていた事、自分が音楽活動をしている事も話しました。

「頑張ってね」という言葉をいただきました。

「一本の音楽」という曲をされた時、

ビリー・ジョエルの「素顔のままで」以来の涙も出ました(笑)。

音楽っていろんな事を思い出させてくれますね。

070325 中学の時、新しいコードを覚えてギターを鳴らしたあの頃の気持ちが

僕の胸にドッと甦ってきました。

やっと自分のあこがれた人に

「僕は音楽をやってます」と胸を張れるようにもなりました。

でも今日の僕はただの一ファン。

自分の原点に帰る貴重な経験をさせてもらいました。

村田さんはステージで

「また生まれ変わってもミュージシャンになりたいな」と

MCで言われた言葉はメッセージのような錯覚をしてしまいました。

そしてこの数日、僕の胸にあった”迷い”は、いつの間にか消えていました・・・。

|

« 予告どおりカレー報告。 | トップページ | ひとつひとつを大切に。 »

コメント

人間誰しも自分の一番しんどい時や、進む方向が判らなくなったとき

必ず灯台のように導いてくれる物や人物て有るよね。

 ヒトシ さん のように自分の人生に影響を与えてくれて、長年あこ

がれていた人にあう機会が得られたなんて非常にうらやましいですね。

 音楽にせよ人物や書物にせよそれは出会いですから。

今みたいなどこか人の心や社会の動き方が歪んで壊れ始めている

時こそ、人生にいい影響を与えてくれるさまざまな物や人との出会い

を、大切にしていきたいですな。

投稿: MIcawber Ken | 2007年3月26日 (月) 00時14分

TO Micawber Kenさん
たしかに今お会いできたのは凄くよかったです。
これもタイミングなんですよね。
でも本当にたくさんの方に
いつも支えられている事も決して忘れていませんよ。
これを感じられるのも大きな幸せだし大切です。

本当に観たり聴いたりしてくださる人がいなかったら
ライヴなんて出来ませんから。

投稿: 安田 仁 | 2007年3月26日 (月) 14時21分

夢に向かって頑張っているんですね、拍手!
気取らずに力まずに自然体で自分を表現して下さい。
私が好きなのは「空気のような音楽」
存在に気付かれなくても人を活かし続けるような
それでいて無くなるとその人でなくなってしまうほどに影響力がある。
そんな音楽があればいいなあ、と独り言をいいつつ。

投稿: Chiyoda | 2007年3月30日 (金) 22時46分

TO Chiyoda様
コメントありがとうございます。
自分の音楽がリスナーのみなさんにとって
どういう存在になっているかはわかりませんが
「空気」、「パワー」、「喜び」、「悲しみ」、「怒り」・・・
人の色んな感情や状況のそばに
僕のフィルターが通った音楽がお役に立てれば嬉しいです。
チャンスがありましたら、一度聴いてみて下さい。
よろしくお願いします。

投稿: 安田 仁 | 2007年3月31日 (土) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/14377977

この記事へのトラックバック一覧です: 一本の音楽。:

« 予告どおりカレー報告。 | トップページ | ひとつひとつを大切に。 »