« 修理屋さん。 | トップページ | 変拍子。 »

2007年3月29日 (木)

修理屋さん、その2。

070329 仕事から帰って、昨日の調整の続きです。

昨日は工具がそろってない状態で苦労したので

昼休みにヤスリと家庭用万力買いに行きました(笑)。

家には小さいヤスリしかなくて

実は3時間(!)、サドル部分を削り続けて指先が痛くなりました・・・(苦笑)。

「サドル」とはアコギのボディ側の弦があたる部分で

ここの調整をすることで弦の高さが変化させて弾きやすくしたり

ネックの高い部分を押さえた時の音のピッチを微調整したり出来ます。

ただそれだけ大切な部分なので、

本当は自分でせずに専門の方に頼んだ方が良いかもしれませんが。

・・・で、家に帰ってからずっと削って、弾いて、削って、弾いて・・・を繰り返し、

やっとオクターブ調整がいい感じになったんです(ニコニコ)。

気になっていた微妙な音の狂いが普通ではほとんどわからないまでになりました!!

自分でやって結果が出ると「おお~!!」って感じですね、嬉しい(笑)。

ライヴで使用出来るようにピックアップをつけようかな?

このウキウキ感は遠足の前日みたいなもんです(笑)。

|

« 修理屋さん。 | トップページ | 変拍子。 »

コメント

愛用のギターを自分で直すなんてうらやましい限りです。

きっと自分の手の一部みたいにしっくりなじんだのでしょうね。

Keith Richards が 自分の愛用のテレキャスターにMicawber と

名前をつけたように、ヒトシ さんもギターに愛称をつけてみるのは

いかがですか?

 弾き語りのライブのタイトルも ヒトシ With ○○○ みたいに

すると面白くない?

投稿: MIcawber Ken | 2007年3月29日 (木) 21時28分

名前ねぇ・・・。
確かに名前をつけてもいいほど愛着はありますね。
全部に名前つけて今度紹介します!!

投稿: 安田 仁 | 2007年3月31日 (土) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/14444648

この記事へのトラックバック一覧です: 修理屋さん、その2。:

« 修理屋さん。 | トップページ | 変拍子。 »