« アコギ勝負。 | トップページ | レッスン日記(2月25日編)。 »

2007年2月24日 (土)

ステージにはアコギと僕と・・・。

毎日アコギの話ですが・・・今日も許してくださいね。

アコースティック・ギターって意外といろんな弾き方が出来ますよね。

スリー・フィンガーのフォーク的にとか

ミュート2拍3連でブルース・ロック風とか

テンション・コードできめるボサノヴァっぽくとか

普通にコードをジャカジャカ弾くのもあるし

自分の間合いでバラード的に歌うのもいいですね。

本当に毎日新鮮です。

曲によってイメージを変えながら歌っったり出来たら本当に楽しそう。

ふりかえると・・・

僕が中学の時に初めて持った楽器がアコースティック・ギターでした。

それから歌を作る道具として長年愛用している訳ですが

ステージでちゃんと持つようになってまだ2,3年といったところでしょうか?

昨年末あたりから頻繁にアコギ・メインのステージをやり始めたのですが

ステージでの自分の世界観の表現と

アコギの奥深さに迷いながら賢明に頑張っている最中なのです。

バニーとは違う自分だけの音楽・・・よく考えてみると想像した事もなかった。

だから一回一回が本当に勉強なんです。

バンドとは違い、こんなにイッパイイッパイの僕は珍しいですよ(笑)。

今は生みの苦しさかもしれません・・・どこで一皮剥けられるか。

自分でもドキドキワクワクなのですよ。

|

« アコギ勝負。 | トップページ | レッスン日記(2月25日編)。 »

コメント

 アコギやっぱ音色が好きですね。

小生自身ギターを手にして早何十年。 上手くなりまへんなぁ・

でも、今でも時々安いマーティンのギター弾いてます。

早々、京都には吉田さんというミニチュアのギターを作る人がいるんで

す。仕事柄その人と出会い彼の作品を機会があれば買い求めコレクショ

ンを増やしています。前回のポールが来日したとき彼の作品が

ポールにプレゼントされ、ポールがすごく喜んだそうです。

最近はミニチュアのスタジオの製作にも本腰をいれています。

右京の人なのでひょっとしてヒトシさん知っているかも・

ホームページも開いています。以前プレーヤーか何かで取り上げられた

こともある人です。

ちょっと脱線してしまいましたが別のギターネタ一発いってみました。

とにかく3月3日がんばってください。

投稿: MIcawber Ken | 2007年2月24日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/14026009

この記事へのトラックバック一覧です: ステージにはアコギと僕と・・・。:

« アコギ勝負。 | トップページ | レッスン日記(2月25日編)。 »