« やっと髪を切りに行けた。 | トップページ | スタジオ日記(11月11日編)。 »

2006年11月11日 (土)

ぽんぽこ観た。

「平成狸合戦ぽんぽこ」を観ました。

実はジブリ作品をほとんど観ていないのです。

え~っと、「千と千尋の神隠し」と先日テレビで見た「となりのトトロ」・・・ぐらい(笑)。

周りが「トトロトトロ」っていう人が多いから、

初めてみたら・・・トトロのお話しの短さに衝撃を受けました(笑)。

ネコバスに乗ってお見舞いに行く話しだったんですね(笑)。

やっぱり子供向けだったです。

今回の「平成狸合戦ぽんぽこ」は、僕は結構楽しめましたよ。

ただいろんな感想をネットで調べてみたら、批判的なものが多かったですね。

「説教臭い」とか「エンディングが・・・」みたいなの。

たしかにエンディングはもうちょっと違っても良かったかもしれないけどね。

94年ごろの映画でしょ?

あの頃、猫も杓子も言っていた「環境破壊」がテーマで

「日本の古くからの話しに出てくる、化けると言われている生き物:狸」が主人公で

「日本的な娯楽芸能:落語家さん」たちが声優で多数出ていて

「東洋的(沖縄)な音楽を奏でるバンド」上々颱風が音楽を担当して

そういう事にもこだわった作品なんだな、と思いました。

あと本編についてはもう一回ちゃんと観てみます。

ちょっと気になる部分があるので・・・自分の感覚で書き込んでみたいです。

適当には感想を書きたくない感じだな。

コレについてはまた書きますね。

|

« やっと髪を切りに行けた。 | トップページ | スタジオ日記(11月11日編)。 »

コメント

ぽんぽこはなかなかの作品だと思いますよ。
同じく、評判がよろしくないけど
僕が好きなのが「おもひでぽろぽろ」です。
山形県の紅花農家を舞台にしたお話。
お話もさることながら、劇中の音楽が良いです。
久石譲さんではなく、安全地帯や井上陽水さんのアレンジで
よくお名前をお見かけする星勝さんが音楽を担当されています。
途中に出てくるハンガリーの農民音楽は
僕の音楽に非常に大きな影響を及ぼしています。
また、エンディングでベット・ミドラーの「ROSE」を
なんと、都はるみさんが「愛は花、君はその種子」という
タイトルで、日本語で歌っておられるのが美しいです。
もし機会があれば、こちらもご覧ください。

すみません、この話題にコメントしてる暇があったら
ギター練習します(苦笑)。

投稿: kozy | 2006年11月11日 (土) 10時13分

妹が生まれるとき、京都に預けられてて、その時おじいちゃんが毎晩「狸に化かされた話」聞かせてくれたの思い出します(笑)狸が月に化けただとか道に迷わされたとか…。毎回尻尾だけ隠れないんやで〜って。宮崎作品では「天空の城ラピュタ」が1番!!!

投稿: S-E-S | 2006年11月12日 (日) 03時37分

宮崎駿作品のフルートとオルゴールのアンサンブルのCD持ってますが、大好きなCDの一つです。なかでも「天空の城ラピュタ」のメインテーマ曲、「君をのせて」がとってもいい、ロマンを感じます。「平成狸合戦ぽんぽこ」も「おもいでぽろぽろ」も観てみようっと。「おもいでぽろぽろ」の音楽、こういう解説をしていただけると、とっても楽しみになってきました。ありがとうございます!!

投稿: ぽこあぽこ | 2006年11月13日 (月) 20時37分

やっぱりみなさん、ジブリ作品には思い入れがあるんですね~。
僕も少しずつ観ていきますね。

投稿: 安田 仁 | 2006年11月14日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽんぽこ観た。:

« やっと髪を切りに行けた。 | トップページ | スタジオ日記(11月11日編)。 »