« 新たなる音との旅路。 | トップページ | スタジオ日記(12月10日)。 »

2005年12月10日 (土)

人生を変えた一曲。

初めてのビートルズ体験を書きます。

僕がビートルズを意識して聴いたのは中学一年生でした。

テレビでやっていた伝記映画『コンプリート・ザ・ビートルズ』に出てくる

「ストロベリーフィールズ・フォーエヴァー」のプロモVに衝撃を受けました。

そう、ポール派と言われている僕の最初の衝撃はジョンの名曲だったのです。

本当にこの曲にはノックダウンされました。「なんなんだ?この音は?」って感じ。

次の日すぐにシングルレコードを買いに行ったのを覚えています。

(あっ、ギターも次の日から始めたんです。)

とりあえずなんとなく選んだ2枚・・・

「ストロベリーフィールズ・フォーエヴァー/ペニー・レイン」

「ハロー・グッバイ/アイ・アム・ザ・ウォルラス」

今思えばこの4曲を選んでしまったのが、

僕の「ひねくれポップ度」を上げた原因なのです(笑)。

中期ビートルズの摩訶不思議な音世界の名曲4曲です。

言葉は英語で何を言っているかわからなかったけど

サウンドが新しいような古いなような、スピード・ダウンして変化した歌声が、

そして哀愁のあるあのメロディラインが、言葉を超えて僕の心に入ってきました。

聴いたことない人は一度聴いてみてください。

それから「レディ・マドンナ」「彼氏になりたい」「恋を抱きしめよう」「マーサ・マイ・ディア」

「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」「フォー・ノー・ワン」「ワン・アフター・909」

「ヒア・カムズ・ザ・サン」「ディジー・ミス・リジー」なんかが特に好きになったなぁ。

(メチャクチャ有名な曲の良さはもっと後になってから気付いた)

ビートルズのいい所は普通の人が聴いてもカッコイイと感じれるし

音楽やってるマニアックな人でも唸るような部分がある所。

だからいつ聴いても考えさせられるし、いつ聴いても楽しめる。

僕は今でもビートルズが音楽から生き方までお手本です。

だから僕もそこを目指す。わかる人にだけわかればいい、なんて思わない。

大切なのはバランスの問題です。

学校で習う英語の音楽なんて思って真剣に聴いてない人へ。

悪いことは言わないから、しっかり聴いておきなさい。

まだまだ語り足りないけど、キリがないので今日はもう寝ます(笑)。

☆本日のBGM・・・当然ビートルズ『STRAWBERRY FIELDS FOREVER』

|

« 新たなる音との旅路。 | トップページ | スタジオ日記(12月10日)。 »

コメント

ブログ、いつも楽しみにしています。映画や置物の話も楽しいし、(ちなみに今年の私の映画ベスト1は、『シンデレラマン』です。)音楽の話は特に興味深いです。昨日は触発されて、久しぶりにビートルズのCDを出してきて聴き入ってしまいました。ビートルズの曲ってほんとうに普遍ですね。

投稿: SARA | 2005年12月11日 (日) 11時54分

いつも読んでくださってありがとうございます。毎日書くのは大変だけど、こうやって見てもらえると嬉しいですよね。音楽のことはこれからもっと書いていきます。今日は本当にご苦労様でした(笑)。

投稿: 安田仁 | 2005年12月12日 (月) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150627/7546804

この記事へのトラックバック一覧です: 人生を変えた一曲。:

« 新たなる音との旅路。 | トップページ | スタジオ日記(12月10日)。 »